specialist02 山崎 達也 自由が丘店 店長

「美しい言葉づかい」は、ひとの心を動かす、魔法かもしれない。

東京都 目黒区 自由が丘。ここは歴史ある閑静な住宅街でありながらも、洗練されたブティックやスイーツショップが立ち並び、都内でも

言葉は時に人を豊かさへと運ぶ船にもなり、言葉は時に人を深く傷つけるナイフにもなることを山崎店長は知っています。どんなに身なりを整えていても、言葉づかいが乱れているだけで、すべての印象を悪くしてしまうことがある。その逆に、言葉づかいの美しさはさらに心地よいコミュニケーションを生み出します。「私たちは美しい言葉づかいを通じて、メガネを売っているのではなく、メガネを媒介にしたライフスタイルを売っているんです。」そう話す山崎店長のメガネを売るという哲学の源は「半医半商」です。それは、眼鏡店とは商売人であるのはもちろん、その半分はお医者様のように医療であることを心がける、という意味です。確かに、愛眼の店舗では非常にきめ細かい視力検査の実施。そして、お客様それぞれの顔のかたちにフィットするフレーム調整をこだわりを持って行っています。山崎店長の言葉の中に宿るもの。それは、お客様ひとりひとりと真摯に実直に向き合う、目に見えない美しい姿勢でした。

愛のある眼鏡は、人の中にある。

SPECIALIST一覧へ

Facebook

PDFダウンロード