徹底した「品質」の追求こそがお客さまの「満足」につながります。世界トップレベルの技術と品質を誇る福井県鯖江市にその答えがありました。

メガネの町 鯖江

福井県のほぼ中央に位置する鯖江市は、メガネ産地として100年を超える歴史を有し、世界最高の技術力と品質力を誇る「メガネの聖地」です。まち全体が一つの大きな工場としてメガネづくりを支え、国内シェアは95%以上を占めます。特に1981年に世界で初めて開発生産に成功したチタン製メガネは、高品質の「Made In JAPAN」を代表するブランドとして、世界に飛躍しています。

MADE in SABAE ― 鯖江のもの作り ―

長く愛用していただける製品作りを目指して、当社の一部ラインナップを鯖江でも評価の高い、フジイオプティカルに制作を依頼しました

β(ベータ)チタンフレームならではの
掛け心地をお届けするために
自社での加工・製作にこだわっています

一見シンプルに見えるメガネフレームですが、その製造工程は約250にもおよびます。βチタンの専門メーカーであるフジイオプチカルでは、通常、外注されることが多い「ロー付け」や「部品加工」も自社で行っています。それは、「お客さまにβチタンならではの掛け心地と壊れにくさをお届けしたい」というこだわりがあるからです。1日中掛けていても疲れない、長くご愛用されるメガネを目指して、日々技術を研鑽しています。

フジイオプチカルについて...「メガネの聖地」鯖江で1950年に創業。1980年代からチタンフレームの生産に取り組み、その可能性を追求するなかで、β(ベータ)チタン素材にたどり着きました。強度とバネ性に優れたβチタンの特性を最大限に活かすために、独自のロー付け加工や切削加工を開発。その卓越した技術は、鯖江でも高く評価されています。

 

愛眼の求める品質を実現し、お客さまに最高のメガネをお届けするために4つのポイントにこだわりました。

1. 素材へのこだわり

フジイオプチカルが使用するβ(ベータ)チタンは、一般品より高価な「眼鏡用バージン材」です。これは、数社ある日本の大手金属メーカーで1社のみが生産している特定の配合で作られたβチタンで、この素材を使用しているのはフジイオプチカルだけです。

「高品質の眼鏡フレームは、より良い素材から生まれる」という信念から、徹底して素材にこだわっています。

2. 掛け心地へのこだわり

強度と軽さに優れたβチタン材を職人が1本1本100/1ミリ単位で切削を行い、包み込むような最適な弾力性を持たせ、軽量でフィット感の良い快適なメガネフレームを実現しています。

3. 見え心地のこだわり

日常生活において、“近く”を見る割合は半分以上を占めます。

そこで、アイガンではより快適な視野を得るためにスラントシステムという、フレームに独自に10-12°の前傾角をつけることで、レンズ面と視線が直交しやすくレンズの光学的機能が効果的に働くように設計し、自然で快適な見え心地を実現しました。

※スラントシステムは愛眼株式会社の商標です。

4. 壊れにくさへのこだわり

メガネの中でもっとも壊れやすいとされるロー付部分ですが、フジイオプチカル社では、独自開発のロー付加工技術により、群を抜いた接合強度を実現しております。

また、スムーズなテンプル開閉を得るためにテフロン加工を施した特殊ワッシャ(テフニックワッシャ)をテンプルネジ部挟み込むことで、開閉時のフレームへの負荷を軽減する設計を施しております。

愛眼の求める品質を実現し、お客さまに最高のメガネをお届けするために4つのポイントにこだわりました。

1. 素材へのこだわり

フジイオプチカルが使用するβ(ベータ)チタンは、一般品より高価な「眼鏡用バージン材」です。これは、数社ある日本の大手金属メーカーで1社のみが生産している特定の配合で作られたβチタンで、この素材を使用しているのはフジイオプチカルだけです。

「高品質の眼鏡フレームは、より良い素材から生まれる」という信念から、徹底して素材にこだわっています。

2. 掛け心地へのこだわり

強度と軽さに優れたβチタン材を職人が1本1本100/1ミリ単位で切削を行い、包み込むような最適な弾力性を持たせ、軽量でフィット感の良い快適なメガネフレームを実現しています。

3. 見え心地のこだわり

日常生活において、“近く”を見る割合は半分以上を占めます。

そこで、アイガンではより快適な視野を得るためにスラントシステムという、フレームに独自に10-12°の前傾角をつけることで、レンズ面と視線が直交しやすくレンズの光学的機能が効果的に働くように設計し、自然で快適な見え心地を実現しました。

※スラントシステムは愛眼株式会社の商標です。

4. 壊れにくさへのこだわり

メガネの中でもっとも壊れやすいとされるロー付部分ですが、フジイオプチカル社では、独自開発のロー付加工技術により、群を抜いた接合強度を実現しております。

また、スムーズなテンプル開閉を得るためにテフロン加工を施した特殊ワッシャ(テフニックワッシャ)をテンプルネジ部挟み込むことで、開閉時のフレームへの負荷を軽減する設計を施しております。

愛眼では、 検査とフィッティング技術で お客さまに快適な視力をお届けします。

お客様に快適な視力をお届けするためには、高品質なオリジナル商品に加えて見え心地の基礎となる「視力検査」と掛け心地の基礎となる「フィッティング(調整)技術」が必要となります。メガネの愛眼では、お客様一人ひとりに最適な技術・サービスの提供ができるように、社内での教育研修に日々努めております。

ラインナップ