初めての方へ

  1. 初めての方へ

「聞こえ」についての理解からはじめましょう。

耳が聞こえにくいと思ったら

聴力は一般的に40歳ぐらいから衰え始めていると言われています。
年をとると誰でも体の機能が衰えるように、耳も体の大事な機能の一部ですから聞く力も衰えてきます。耳からの情報が少なくなりますと言葉や物音を聞き分ける能力も徐々に低下したりします。

ひと言に難聴と言っても色々なタイプがありますので、自分の耳と「聞こえ」のことを知る事が大切です。

補聴器の目的は「聞こえ」のサポートです

補聴器は、「聞こえ」を補い、コミュニケーションを補助する道具です。
そのためには、自分にぴったりの補聴器が必要になります。

  • ●人と人との会話をスムーズにします。
  • ●社会生活の輪の中に積極的に入れるようにします。
  • ●様々な危険を察知できるようにします。

難聴の種類

伝音性難聴

外耳や中耳の損傷や炎症が原因。(耳アカつまりの場合にも起こります)
音量を増すことで聞き取りやすくなるので、補聴器の使用が効果的です。

感音性難聴

加齢や大きな音の聞きすぎによる内耳の有毛細胞の機能低下や、内耳・聴神経・脳の中枢などの感音系の障害が原因です。
小さな音が聴き取りにくい、大きな音が響く・ひずむ、言葉が不明瞭などの症状が現れます。
補聴器を正しく調整して使えば、かなりの効果が期待できます。

混合性難聴

伝音難聴・感音難聴の両方の症状が現れます。
中耳炎が悪化して内耳が冒された場合をはじめ、いくつかのケースがあります。

補聴器が必要な症状

こんな症状があれば補聴器の使用を検討しましょう。

  • 2人以上の人が同時に話し
    はじめると聞き取れなくなる

  • 自動車の中での話が
    聞き取りにくい

  • 周囲の人の話がモゴモゴと
    はっきりしないように感じる

  • 相手の話を聞き返したり
    推測して判断することがある

  • 話し相手が正面を向いて
    いないと聞き取りにくい

  • TVドラマのセリフが
    よく聞き取れない

  • 携帯電話の呼び出し音に
    気付かないことがある

  • 集会、会議、授業などで
    話が聞き取れないことがある

  • 家族や知人から
    「補聴器をつけたら?」と
    言われることがある

補聴器選びのポイント

補聴器で全ての方に100%の満足を与えることは不可能ですが、
失敗しないために幾つかのポイントを覚えておきましょう。

  1. 1

    耳鼻科の専門医に相談しましょう。
    難聴の種類によっては治療で聞こえが改善する場合があります。

  2. 2

    初めはなるべく一人で行かずに、家族に同伴してもらいましょう。

  3. 3

    ご自宅から一人で行ける距離のお店を選びましょう。
    何かあった場合にすぐに行けるお店が便利です。

  4. 4

    補聴器の効果を実際に体験してみましょう。
    ご自宅や職場で試せると、より検討しやすくなります。

    愛眼の補聴器レンタル