愛眼補聴器 お客さまの体験談

安心と笑顔で暮らせる生活へ

補聴器を使用されているお客さまに、ご購入までの経緯、その中で感じた事、実際に使用して変わった生活などお聞きしました。是非、ご参考にしてみてください。

スクロール

1何よりうれしかったのが、孫たちとのコミュニケーション。

50代から難聴で耳鼻科に通い続けていました。耳鼻科の先生の紹介で約10年前に補聴器を試したことがありますが、あまり品質の良くない商品であったかで全く使い物になりませんでした。
60代、70代と年を重ねながら聴力も衰えていきましたが、補聴器アレルギーとなって周りの補聴器のススメをすべてガンコに断っていました。「父さん、補聴器いらんねん!」「昔試したことあったけど、全くアカンかってん。」
自宅でのテレビは映画館並みのボリュームで、たまに息子や娘が実家に帰った時は吐き気をもよおすほどでした。頑なに補聴器を拒み続けていました。

そんなある日、自治会の会長になることに。会合に出席しなければならないが、会合での各委員の発言が全く聞き取れず、2回目以降の会合には妻を同席させ、同時通訳をさせることになりました。ただ、さすがに毎回毎回同席させるわけにはいかず…。
そんな時、息子たちが喜寿のお祝いにと補聴器をプレゼントしたいと言って来ました。最初は断りましたが、一度補聴器を取り扱っているメガネ店に一緒に相談に行くことに。
店で、聴力検査の後、最新のデジタル補聴器を試してみると、昔と違い嘘みたいに良く聞こえ、すっかり気に入ってしまいました。これがあれば自治会の会合も安心だと思いましたが、価格を聞くとかなり高価で迷いました。が、息子たちの好意に甘えることにしました。自治会長としての役目を果たし、自宅でのテレビのボリュームもかなり落ち、何よりうれしかったのが孫たちとのコミュニケーション。今までは半分も聞き取れていなかったので、せっかくかわいい孫が話かけてくれてもあいまいな返事しか返せていなかったのが、しっかりと会話ができるので、心なしか孫たちも慕ってくれるようになりました。公園を散歩していても、鳥のさえずりや小川のせせらぎを聞くことができ、生活の質がかなり上がったと思います。

店舗でのやりとりでこんなこともありました。丁寧な聴力検査の後、最新の補聴器を試して、調整してもらいながら、聞こえ方のチェックをしてくれました。最初に試した機種でも、十分に感動するぐらい聞こえていて、すっかり気に入ったのですが、店員さんが言うには「さしすせそ」の聞こえが不十分とのこと。他のメーカーの同等機種を新たに試させてもらったところ、嘘みたいに「さしすせそ」がよく聞こえるようになりました。こんなこともあるものだと感心したと同時に、やはり補聴器を買うときは技術や知識、安心感のある店選びも大事だなと思いました。買った後も、毎月店に行き微調整等やクリーニングといったアフターサービスも受けていますが、いつも明るく、感じが良い応対で、こういった面でも気に入っています。

70代 男性

※お客さま個人の感想です。

2補聴器を使わないことで家族にも迷惑をかけていたんだなぁと反省。

自分では聞こえに不自由を感じていませんでしたが、家族から「テレビの音が大きい」といわれたり、「話しかけても振り向いてくれない」・「話し声が大きい」といわれるようになり、以前からメガネを購入していた愛眼さんに家族と一緒に相談に行きました。
聴力を測っていただき補聴器を試聴してみると補聴器からあまり音がなっているような気がしないのに、家族の声がメリハリ良く聞こえるようになったのに驚きました。昔から補聴器は「やかましい」「雑音がうるさい」と聞いていたのでそのような物と思っていましたが、愛眼さんにある最新の補聴器は店舗のノートパソコンで調整してくださることで、大変自然で、慣れてくればもっと違和感がなくなるということでした。

購入して家族から「テレビの音が小さくなった」「話しかけても振り向いてくれる」「声が小さくなった」と喜んでもらえて、補聴器をつけて自分が便利になっただけでなく、補聴器を使わないことで家族にも迷惑をかけていたんだなぁと反省しました。

補聴器を買って自分も家族も大満足です。

70代 女性

※お客さま個人の感想です。

3昔聞いていた若いときの主人の声が聞こえてきた。

主人の定年後、月に一度の外食が夫婦の楽しみだったのですが、聞こえが悪くなってきたころから私の聴き返しが多いのと声が大きいのが他のお客さんに迷惑をかけてはいけないということで外食を控えるようになり、さびしい思いをしていました。

そんな折、愛眼さんでメガネを購入した際、店員さんから補聴器を試聴してみませんかと勧められました。耳が悪いのは自覚していましたが補聴器を使うのには抵抗がったのですが、最新の補聴器を見てびっくり。小さく目立たない上におしゃれなデザイン。聞こえも不自然さが少なくメリハリがあって驚きました。両耳につけたほうが良いとのことで思い切って購入しました。
一番驚いたのは主人の声でした。昔聞いていた若いときの主人の声が聞こえてきたからです。難聴は人によって聞こえが違うそうで、私は高音が苦手だと店員さんが教えてくれ、それに合わせた調整をしたことで、主人の声が昔の声に聞こえるようになったのです。主人も私も若返ったような気がしてなんだかうれしくなりました。

最近は、途絶えていた月に一度の外食も復活し、楽しく会話が出来るようになりました。

60代 女性

※お客さま個人の感想です。

4友人から会話の返事が頓珍漢だといわれ。

自分が難聴かなと気づいたのは3年ほど前からでした。友人から会話の返事が頓珍漢だといわれたり、自分でも数人での会話が何を言っているのかわからなくなって、愛想笑いでごまかすようになってきていました。
だんだん友人との会話が苦痛になり、あまり外に出なくなった私を娘が心配し補聴器を勧めてくれました。

補聴器を購入して驚いたことは、友人との会話が知らぬ間にスムーズになっていることでした。数人での会話は補聴器でもしんどいことがありますが、補聴器をしていなければほとんど参加できないことを思えばとても満足しています。
また、もうひとつ驚いたことがあります。7月に補聴器を買ったのですがセミの鳴き声が聞こえたのです。あんなにわずらわしくうるさかったセミの鳴き声を補聴器を通して久しぶりに聞いたときには涙が出るほどうれしかったです。最近セミが鳴かないなぁと思っていましたが私が聞こえていいなかっただけでした。

「秋には鈴虫の鳴き声が聞こえるかな。」「6月には田んぼから蛙の鳴き声が聞こえるかな。」そんなことを考えると日々楽しくて仕方ありません。

補聴器で毎日が楽しくなり、大変感謝しています。

70代 女性

※お客さま個人の感想です。

安心して補聴器をご使用いただくため、私たち補聴器アドバイザーが丁寧にサポートいたします。

  • 安達アドバイザー
    (認定補聴器技能者)
  • 野口アドバイザー
    (認定補聴器技能者)
  • 坂元アドバイザー
    (認定補聴器技能者)
  • 山本アドバイザー
    (認定補聴器技能者)
  • 舩渡アドバイザー
    (認定補聴器技能者)
  • 堀田アドバイザー
    (認定補聴器技能者)
認定補聴器技能者とは
補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、公益財団法人テクノエイド協会が厳しい条件のもと基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。

まずは、ご相談ください!

お近くの店舗を探す