aigan

  1. TOPTOP
  2. CHAPTER.01CHAPTER.01
  3. CHAPTER.02CHAPTER.02
  4. CHAPTER.03CHAPTER.03
  • facebook
  • twitter
  • Aigan
  • UV420シリーズ

chapter01chapter01

有害光線とその影響

戻る
次へ

紫外線とHEV( 波長400~420nmの高エネルギー可視光線 ) が眼に与える影響とは?

眼も肌と同様に、有害光線からのダメージを受けています。有害光線というと紫外線のことだと思われがちですが、実は紫外線だけでなく可視光線と言われている400~420nm(ナノメーター)のHEVも目に影響を与えています。特に眼は露出した器官なので、他の臓器よりも直接的な影響を受けやすい部分でもあります。最適なケアを行うために有害光線が眼に対してどれほど影響を及ぼすのかを知りましょう。

HEVとは?

紫外線とは異なり、眼に見える光(可視光線)の中で400nm~420nmの帯域である紫光をHEVといいます。HEVは白内障や加齢黄斑変性の原因のひとつとして挙げられ、有害光線の中でも眼病にもっとも影響していると考えられています。

角膜、水晶体の透過率が紫外線より高い420nmのHEV

これまで400nmまでの紫外線が眼にとって悪影響を及ぼすとされてきました。しかし、紫外線よりも420nmまでのHEVと呼ばれる紫光線の方が、角膜や水晶体の透過率が高いという研究結果が発表されています。網膜に到達したHEVはルテインを減少させ、酸化ストレスを引き起こす原因の一つとして考えられています。

HARMFUL RAYS AND EYE 有害光線が眼に影響するまでHARMFUL RAYS AND EYE 有害光線が眼に影響するまで
  1. 紫外線や、HEV、ブルーライトをルテインがブロック

  2. しかし、過剰に浴びたり、年齢を重ねる事で酸化ストレスが発生

  3. 酸化ストレスによりルテインが減少し、様々な眼病の原因になります

酸化ストレス

細胞が老化する酸化ストレス

  • 酸化ストレスを簡単に説明すると、「老化」です。食物などが酸化することで腐敗が進行するのと同様、人間の体内でも酸化ストレスによって、体内の細胞や物質の老化が進みます。酸化ストレスの原因として有害光線のダメージが影響していることもわかってきました。
  • 酸化ストレスの原因とは? 酸化ストレスを生み出す原因としては、有害光線、喫煙、食品添加物、お酒の飲み過ぎなど様々です。その中でも眼は酸化ストレスの影響を非常に受けやすい臓器です。直接、有害光線を受けることで活性酸素が発生し、酸化ストレスを生み出し、結果的に様々な眼病の原因となります。

ルテインの減少

酸化ストレスによってルテインが減る

  • ルテインとは抗酸化作用(老化を防ぐ)を持つ黄色の天然色素です。酸化ストレスによって、網膜を保護するルテインが減少し様々な眼病を引き起こす原因と考えられることが、最近の研究で明らかになってきました。
    ルテインのはたらき ルテインの働きで特に注目を集めているのが、強力な抗酸化作用です。ルテインは、特に眼に対する効果が高く評価されており、眼の老化を引き起こす活性酸素を抑えたり、紫外線、HEV(高エネルギー紫光線)、ブルーライトを吸収したりと、眼を守る働きをしています。また、有害な光によって発生する活性酸素を除去し、過剰な発生を防ぐ効果があります。
  • ルテインが減ると様々な病気の原因に! ルテインは、もともと人間の体に存在していますが、体内で生成できない栄養素です。体内に存在するルテインは、加齢によっても減少していきます。白内障や黄斑変性症をはじめとする眼病が加齢により増加するのは、体内のルテイン量が年齢とともに減少していくことに関係がある可能性も示唆されており、目や体の健康を維持するためにルテイン保護が大切です。
COLUMN 一問一答

紫外線カットだけでは
足りないんですか?

有害光線の中で、もっとも眼に影響を与える光は420nm (ナノメートル) の帯域と言われています。

眼病になりやすい人の
特長はありますか?

中等度以上の近視の人は、食物などを摂ってもルテインが増えにくい傾向があるので特に気を付けて欲しいですね。

  • UV420
  • UV420
  • UV420
  • UV420