トップからのご挨拶

「新生・愛眼」本格スタート 愛眼は一歩一歩前へ!

「新生・愛眼」の構築に向けて全社一丸となり前進します。

株主様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
2012年度の当社グループは、昨年1月にスタートしましたNEW愛眼プロジェクトの一環として、積極的な広告宣伝、既存店リニューアル、商品開発等を推し進めましたが、商品構成見直しの遅れによる単価の低迷やプロジェクト推進にかかる費用の増大、減損損失等の特別損失が影響し、5期連続の赤字となりました。大変申し訳なく心よりお詫び申し上げます。
しかしながら、NEW愛眼プロジェクトは着実に前進を続け、徐々に軌道に乗りつつあり、「新生・愛眼」の基盤を築くことができたと感じております。
2013年度は、極めて重要な年となります。プロジェクトをさらに推し進め、その成果として確実に業績につながるよう全社一丸となって邁進してまいります。
株主様におかれましては、より一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

  • 代表取締役社長 下條 三千夫
    代表取締役社長 下條三千夫

IR情報