ニューストピックス

前のページヘ戻る

NEWS

毎月18日は「いい目の日」一ヶ月に一度は視力チェックをしましょう

2018.01.15

メガネのアイガンでは、2017年10月より、視力に係わるメガネを取り扱う企業として「大切な目」の事を考えていただく活動として、毎月18日を「いい目の日」と設定し、来店いただいたお客様にメガネのアイガンオリジナル簡易視力表を配布し、一ヶ月に一度は視力チェックをしていただき活動を行っております

近年スマートフォンやゲーム機に普及による環境変化により、視力低下が増加傾向にあり社会問題となっております。特に成長期の子供たちの視力低下は、勉強や運動をするうえで集中力や思考力、社会性や感情の発達にも大きな影響を与えます。見る事は成長の過程において大切な要素です。この活動を通して少しでも子どもたちを含む全ての方に視力変化に早期に気づいていただき、適切な対応をしていただきたいと考えております。今後も当社では、目にまつわるお客様のお悩みを解決するパートナーとして、様々な活動を積極的に推進し、お客様の暮らしを、より快適に、より豊かにする企業となることを目指してまいります

※文部科学省 学校保健統計調査-平成28年度より

1.視力0.3未満の小学生は、昭和54年度と比較して約3倍に

(幼稚園 約2.4倍 中学生 約2倍 高校生 約1.4倍)

2.「裸眼視力1.0未満の者」の割合は小中高で過去最高値

(幼稚園 27.9% 小学生 31.4% 中学生 54.6% 高校生 65.9%)

前のページヘ戻る