忍び寄る疲れ目、あなたは大丈夫?簡単疲れ目度チェック

share
忍び寄る疲れ目、あなたは大丈夫?簡単疲れ目度チェック
スマホやPC作業のやりすぎで「目の疲れ」を感じたことはありませんか?疲れ目の症状は様々なので、自分が疲れ目かどうか判断するのは難しいですよね。ここでは疲れ目の原因に加え、簡単にできる疲れ目チェック診断をご紹介します。ほかにも疲れ目の予防や改善方法もご紹介するので、ぜひあなた目のケアに役立ててみてください。

これって疲れ目?疲れ目の症状と簡単診断

そもそも疲れ目の症状とはどのような状態でしょうか?症状がわからなければ自分が疲れ目かどうかもわかりません。疲れ目の症状と簡単にできる疲れ目診断をご紹介します。

疲れ目の症状とは?

疲れ目の具体的な症状は、目がショボショボする、痛む、充血するなどです。また目の疲れから頭痛や肩こりなど体に異変が起こる場合も。これらの症状によるストレスから、自律神経のバランスが崩れ、不眠や吐き気などを引き起こすこともあります。重度になれば、目を一晩休めても治らない状態が続きます。

簡単にできる疲れ目診断

疲れ目かどうかの判断に悩んでいる人におすすめなのが疲れ目診断です。簡単な質問にいくつか答えるだけで自分が疲れ目かどうか診断できます。短い時間で診断できるので、ぜひチェックしてみてください!

どうして疲れ目になってしまうの?

そもそもどうして疲れ目になってしまうのでしょうか?疲れ目には様々な原因があります。ここでは代表的な3つの原因を紹介します。

スマホやPC作業が目の負担に

現代人の生活に密着しているスマホやPC画面を長時間見続けると、目のピント調整を行なっている毛様体筋が疲弊します。その結果、疲れ目になってしまいます。

メガネやコンタクトが原因になることも?

自分の視力に合っていないメガネやコンタクトをしていると、毛様体筋が無理にピントを合わせようとするため、目の疲れに繋がります。コンタクトを使用期限が過ぎても使い続けたり、洗浄が不十分だと目の負担になるので気をつけましょう。

ストレス、生活習慣にも気をつけよう

ストレスや生活習慣の乱れは、自律神経に悪影響を与えます。自律神経が乱れると目の筋肉がこわばり、涙の量が減ることが。涙の量が減ると目の血流が悪くなり、目も乾燥しやすくなり、疲れ目を招きます。

疲れ目の予防方法

疲れ目にならないためにも予防法を知りましょう。簡単な工夫で疲れ目を予防できます。

こまめに休憩を取ろう

デスクワークなど、長時間モニターを見なければいけない仕事では、1時間ごとに適度に休憩を取るようにしましょう。休憩時間は15分程度が目安。蒸しタオルなどをまぶたの上にのせて温めると、血流もよくなりスッキリします。PCから目を離し、遠くを眺めるのも効果的です。

スマホやPCとの距離を取ろう!ブルーライトカットメガネも効果あり!

スマホやPC画面を見る際は、目とディスプレイを40cm以上離すようにしましょう。目をディスプレイに近付けすぎると、毛様体筋が疲弊してしまいます。

またスマホやPC画面からは可視光線の中でも強いエネルギーを持つブルーライトが発せられています。ブルーライトは様々な悪影響を目に与えると言われており、疲れ目の要因にもなります。デスクワークの方は、視力が悪くなくてもブルーライトカットメガネを使うのがおすすめです。

アイガンUV420ならブルーライトを約40%カットし、紫外線も100%カット、白内障や加齢黄斑変性の原因のひとつと言われているHEV光線も約94%カットします。
レンズのオーダー時にオプションでアイガンUV420に変更できるので、気に入ったフレームでおしゃれを楽しみながら疲れ目対策ができます。

簡単にできる疲れ目改善法!

疲れ目になってしまってからもできるケアはあります。ケア次第では早期に目の状態が改善できるので、ぜひ実践してみてください。

目を温めよう!

蒸しタオルなどで目を温めると、血行が良くなり、目の筋肉の緊張を緩和します。リラックス効果もあるのでお風呂上がりにもおすすめです。

目薬を使おう

目薬を使うと、目の乾燥を防げます。またビタミン、保水成分、かゆみ止め成分など症状に合った選択が可能です。成分や効能にも目を通し、自分に合った目薬を選びましょう。

眼科での定期的な診断も大切

定期的に病院で診察を受けるのも大切です。疲れ目だと思っていたつもりが、診断で目の重い疾患が発覚した例も。視力の変化も分かるので、メガネやコンタクトを適切な度数で調整できます。

疲れ目になりやすい現代人。対策や改善をしっかりと!

スマホやPCが普及した現代。私たちは疲れ目になりやすい環境にあります。だからこそ、しっかりと予防と対策をして疲れ目を改善していきましょう!