【メガネの基礎知識】メガネの正しい使い方&メガネ修理について

share
【メガネの基礎知識】メガネの正しい使い方&メガネ修理について
日常生活の相棒であるメガネは、使う頻度が高いからこそ破損のトラブルとも隣り合わせ。でもメガネが壊れた時に、無いと困るからとご自身で修理調整されるのは、状態が悪化する可能性が高いためおすすめできません。面倒でもメガネ店へお願いしておくと安心です。ここではメガネが壊れた場合に修理ができるものとできないものの違いや修理費用、壊れないようにするための正しいメガネの扱い方をご紹介します。

メガネの破損、修理できるパターンとできないパターンとは

メガネは破損箇所や状態によって修理できる場合とそうでない場合があります。

フレームは修理できる場合が多い

フレームからレンズが外れたり、サイドの折りたたみの部分が壊れてしまった場合はレンズをはめ直したり、溶接し直すことで修理が可能です。ただし、金属製のフレームや金属部分のみの破損に比べてプラスチック製のセルフレームが破損した場合は、溶接ができないことも多々あります。

フレームが破損して修理不可能、そしてレンズが無傷の場合はフレームのみの交換も可能です。ただ、レンズは「大きさ」「形」「光学的な中心」などが以前のフレームに合わせて加工されているので基本的には同じフレームが望ましいです。もし同じフレームがない場合はそれらの条件を満たすフレームを探すか、メガネを作り直すことになります。

レンズは修理できない場合が多い

フレームの破損と違い、レンズの傷、コーティングの剥がれ、割れ等の破損は基本的に修理不可能です。ただし、保証がある店舗では保証期間中であれば比較的安価でレンズを交換してくれるため、購入時の保証期間確認はしっかり行っておきましょう。

修理にかかる費用と期間の目安

メガネの修理が可能な場合「すぐに返ってくるのか」「新品を買ったほうが安いのでは?」など、気になることもたくさんあると思います。コストと修理期間も総合的に考えて、買い直すのか修理するのかを決めましょう。

修理費用は5千円~1万円が一般的

丁番の修理やフレームの溶接など一般的なフレーム修理にかかるコストは5千円〜1万円ですが、18金やべっ甲などの素材を使ったメガネを綺麗に修理する場合は数万円かかる場合もあります。修理費用によっては新品を購入するのと変わらない場合もあるので、必ず店舗で確認するようにしましょう。

期間は2週間~1か月程度が目安

メガネの修理には早くても2週間程度かかります。そのため、予備のメガネは必須。度数が強くコンタクトを使っていないメガネ愛用者なら、もしもの時のために予備のメガネを必ず用意しておきましょう。

【基本ルール】メガネの正しい扱い方

メガネを長持ちさせるにはフレームやレンズに負担をかけない正しい使い方をすることが大切です。メガネの扱い方の基本ルールを押さえておきましょう。

メガネは両手で丁寧にはずす

片手でのかけはずしはフレームに余計な力がかかってしまい歪みの原因に。細かいことかもしれませんが両手で丁寧にかけはずしをしてメガネに負担をかけないようにしましょう。ちなみにたたみ方は左から。右側からたたむとケースに収まらない場合もあるので注意しましょう。

レンズは水洗いする

いきなりレンズを乾拭きすると、レンズに付着していたチリや花粉などで細かい傷がついてしまう恐れがあります。汚れが気になる場合は水洗いをした後に、水跡が残らないようにレンズの水分を十分拭き取るようにしましょう。レンズのコーティングは熱に弱いのでお湯はNG。汗や油がついた場合は専用のレンズクリーナーをつけて拭き取るのをおすすめします。

机に置くときもレンズが触れないように

メガネを使わない時や持ち運ぶ際にも変形や破損防止のために必ずケースに入れるようにしましょう。ちょっとだけ外すという時には無造作にテーブルに置きたくなりますが、その場合もレンズがテーブル面に触れないように注意しましょう。

熱源や薬品の近くに保管すると劣化・変色の原因に

メガネのフレームによっては整髪料や化粧品の成分で白く濁ったりプラスチック部分が溶けてしまったりするものも。メガネのレンズコーティングやフレームは熱に弱いものが多いので、熱源の近くや薬剤の近くに保管するのはNGです。

メガネが壊れたら、まず店舗へ相談!

メガネが壊れた場合は、自分で手を加えずそのままの状態で購入した店舗に持って行き相談しましょう。瞬間接着剤等で応急処置をするとかえって状態が悪くなり修理に支障が出る場合もあります。仮に使える状態に戻ったとしても焦点がずれて目に負担をかけてしまうことも。

正確さが求められるメガネの修理は専門店に持ち込むのがベストな解決方法です。そして定期的なメンテナンスを欠かさず行うことも、お気に入りのメガネを末永く楽しむための秘訣です。