難聴者とのコミュニケーションのコツとは?スムーズな会話に役立つツールも紹介

share
難聴者とのコミュニケーションのコツとは?スムーズな会話に役立つツールも紹介
難聴者とのコミュニケーションで大切なのは、相手の症状などを把握すること。その上で相手に合わせた話し方・接し方を見つけていかなければなりません。本記事では、難聴者とのコミュニケーションのコツや注意点を解説するとともに、メガネのアイガンでおすすめのコミュニケーションツールもあわせて紹介します。

難聴の種類

難聴は大きく分けて、感音難聴・伝音難聴・混合性難聴の3タイプ。タイプの違いによって聞こえ方も異なります。まずはそれぞれの特徴と症状について見ていきましょう。

感音難聴

難聴の人のなかで最も多いと言われているのが感音難聴です。音の振動を伝える内耳と聴神経に障害があるタイプで、先天的なものと後天的なものがあります。

感音難聴は人の声が歪んで聞こえるため、話の内容をうまく理解できません。また片方のみに症状が出ている場合は、どこから音が聞こえているのか分からなかったり、周囲の音がうるさい場所では聞き取りづらかったりすることもあります。

伝音難聴

耳は外耳・中耳・内耳の3つの部分に分けられますが、そのなかでも音を伝える「伝音器」の役割を果たすのが外耳と中耳。この2つの部分に障害が起きるのが伝音難聴です。耳を塞いだ時のような音の聞こえ方が特徴ですが、騒がしくない場所で大きな声で話しかけられれば聞こえます。

伝音難聴は治療によって治るものも多いです。内耳は正常に機能しているため、補聴器の使用によって聞こえ方が改善することもあります。

混合性難聴

感音難聴・伝音難聴の両方の症状が見られるのが混合性難聴です。外耳・中耳のいずれかに加えて内耳にも障害が見られます。

音がぼやけたり小さい音が聞こえづらかったりするのが主な症状で、軽度なものから重度なものまでさまざまです。また感音難聴と伝音難聴のどちらの症状がより出やすいかによっても、聞こえ方に違いが出ます。

難聴者のコミュニケーションにおける悩み

聞こえの問題による難聴者ならではの悩みも多いです。日常生活で不便さを感じるだけでなく、コミュニケーションでつまずくこともあるでしょう。ここでは、難聴者が抱える悩みを紹介します。

音の聞こえ方が一定でない

難聴者の悩みで多いのが音の聞こえ方。騒がしい場所や何種類もの音が聞こえるような場所では、うまく聞き分けができないだけでなく、音そのものを聞き取れない時もあります。また話す人の声質によっても聞こえ方が異なるので、それが聞き取りに影響する場合もあるでしょう。

音の種類によっては、ある特定の音が大きく聞こえて不快に感じることもあります。また子音が聞こえづらいため、母音が同じ言葉の時は区別がつきにくいです。

コミュニケーションが取りづらい

難聴者は相手の話すことが「聞こえていない」とは思われず、話を「聞いていない」と勘違いされやすいです。うまく聞き取れないため何度も聞き返したり、他の人が話している内容が分からずに話に割り込んだりする場合もあります。言葉を聞き取れなかった際に、周りの様子に合わせてリアクションすることもあるでしょう。

難聴についてあまり知識がない人は「補聴器をつけていれば聞こえる」と勘違いしていることがあります。しかし、症状によっては補聴器では改善しない場合もあるので、その点の理解も必要です。

日常生活や仕事に支障が出る

難聴は外見では見分けられないため、周囲に理解されない場合もあります。その他、生活するなかで不便に感じることも多いです。

例えば、耳に情報がうまく入ってこないため、電車やバス、病院などでアナウンスがあったとしても分からず、電話の呼び出し音などが聞こえないため応対もできません。車などが近づく音にも気づけないため、事故の危険性もあります。

電話応対が難しい点に関しては、筆談できない状況や緊急時に特に不便さを感じやすいです。また職場で電話応対ができないことで「仕事ができない」と勘違いされるケースもあります。

難聴者とコミュニケーションをとる際のコツと注意点

難聴は種類によって聞こえ方が異なるため、相手の症状に合わせたコミュニケーション方法をとる必要があります。症状を読み取れない場合は、直接相手に最適なコミュニケーション方法を尋ねるのも1つの手段です。ここでは難聴者とコミュニケーションをとるコツを紹介します。

話しかける前に注意を引く

難聴者は相手が話し始めたことに気づかず、会話を聞き逃すことがあります。いきなり話しかけるのではなく、話しかける前にこちら側に注意が向くようにするのが大切です。相手の名前を呼んだり肩を叩いたりして気づいてもらいましょう。

顔の見える場所で話す

難聴者は音を聞くことに加えて、話し手の顔・表情・口元を見ることでも話している内容を理解しています。お互いが別の部屋にいる状態で難聴者に声をかけると、相手の顔が見えないため何を言っているのか理解してもらえません。壁やドアを挟んでしまうと声が遮られるので、声自体も届きにくいでしょう。

難聴者と話す時はお互いの顔がはっきり見える位置で真正面を向いて話し、口元を覆わないようにするのがポイントです。

伝わりやすいように話す

話し方が早いと難聴者には聞き取りづらいので、ゆっくりと丁寧に、さらにはっきりと言葉を発音するのがポイント。ただしゆっくりすぎたり大きな声で話したりすると、表情・口調・唇の動きが変わって内容が読み取れず、かえって聞き取りづらくなってしまうので注意が必要です。

単語ごとや文節ごとに区切りながら話すと、聞きとりやすく感じられます。その際、同音異義語や同口形異音語には気を付けましょう。

伝わりにくい言葉を言い換える

言葉の響きによっては、難聴者が聞き取れないものもあります。一度話して伝わらない場合は、同じ言葉を繰り返すのではなく、違う言葉に言い換えたり、言い回しを変えたりなどの工夫をしてみましょう。

筆談や身振りなどを取り入れる

話し言葉だけで伝わらなければ、状況に応じて筆談を取り入れたり、身振り手振りで話したりすることも大切です。筆談の場合、書く文章が多いと内容が間違って伝わる可能性があります。なるべく内容を簡潔に、そして相手が簡単に答えられるよう考慮しながら書きましょう。

難聴者とのコミュニケーションに!「ポケトークミミ」

メガネのアイガンでは、難聴者とコミュニケーションをとる際に便利な「ポケトークミミ」が販売されています。最後にポケトークミミの特徴や使い方を紹介します。

ポケトークミミとは

ポケトークミミは、話した内容が文字化されるデジタルの筆談機です。AIが搭載されており、人が話した言葉を認識して自動で文字を変換。最大30秒までの文章に対応しています。購入後にも音声認識機能をアップデートしていくため、文字変換の精度が高いです。またノイズキャンセル機能も搭載されているので、騒がしい場所での会話にも役に立ちます。

ネット販売価格:¥32,780円(税込)

ポケトークミミの使い方

ディスプレイ下にあるボタンを押しながら話すだけなので、使い方はとてもシンプル。すぐに文字化してくれるので待つ必要がありません。画面に表示された文字を相手に見てもらえば、それだけで内容が伝わります。

ポケトークミミのメリット

筆談の場合は文字を書く手間がかかるため、相手に内容が伝わるまでに時間がかかってしまいます。しかしポケトークミミなら、発音した言葉や文章がすぐに画面に表示されるので、会話もスムーズに進むでしょう。

また昨今ではマスクをすることが多いため、言葉を読み取るヒントとなる口元が隠れてしまいます。このようなマスク使用時の会話にもポケトークミミが役立つはずです。

難聴者について理解し、上手にコミュニケーションをとろう

難聴の症状や度合いはさまざまなため、相手を十分理解した上で、その人に合わせたコミュニケーションをとることが大切です。ポケトークミミも難聴者とのやり取りに役立つアイテム。このような便利なアイテムを取り入れながら、楽しくコミュニケーションをとりましょう。