メガネの調整は自分でできる?お店での調整方法も解説

share
メガネの調整は自分でできる?お店での調整方法も解説
メガネを長く愛用したいのなら、欠かせないのがメガネの調整です。メガネを調整すれば、眼鏡の歪みを直せて使い心地もよくなります。今回は自分でできる調整からメガネを調整する頻度とタイミング、お店で行うメガネの調整の詳細を紹介します。また、他店で購入したメガネの調整についても紹介します。

メガネの調整は自分でできる?

メガネの調子が悪いからといって、メガネの調整のためだけにメガネ店まで行くのは億劫だと感じる人もいるでしょう。自分でメガネの調整ができれば便利ですが、実際にできることはあるのでしょうか?

自分でもできるメガネの調整

ネジ締めなど簡単なメガネ調整なら専門の知識がない人でもできます。ただネジの締め加減は、ゆるすぎてもきつく締めすぎても、かけ心地が悪くなってしまいます。不安な方は、メガネ店に持ち込むことをおすすめします。

また、フレームの調整などメガネ全体のバランス直しや、壊れた部品の修理、または細かな部品の調整も専門的な技術が必要です。

メガネの調整方法と必要な工具

メガネのネジが緩くなった場合は、緩んできたメガネのネジを工具によって締め直します。こちらのネジの調整は市販の精密ドライバーで調整可能です。ただ簡単なメガネの調整だとしても、ドライバーが滑ってフレームやレンズを傷つけてしまうことも。ドライバーを使用する際は、必ずレンズを手で覆ってから締めましょう。

メガネによってはフレーム部分を手で曲げられるものがあり素人でも調整できそうに見えますが、メガネ全体のバランスを整えることは素人には難しいので、自分でするのではなくメガネ店で調整してもらいましょう。

ドライヤーでもメガネの調整は出来るが… 

メガネフレームは主にプラスチック製の「セルフレーム」と金属製の「メタルフレーム」があり、セルフレームは熱を加え、曲げることで調節します。
セルフレームを熱湯やドライヤーなどで自分で温めて曲げる人もいますが、こうした自己流のフレームの調整はおすすめできません。
確かにメガネフレームを温めれば曲げやすくなりますが、力加減がわからずフレームがぽきっと折れる、またはフレームのコーティングが剥がれてしまうことも。
また自分でフレームを曲げて正しく調整できるとは限らないため、調整前よりもおかしくなってしまうことも。
メガネの調整は自分で行うのではなく、できる限りメガネ店で行うようにしましょう。

メガネの調整の頻度とタイミング

愛用のメガネは少しでも長く使いたいもの。メガネの調整をする頻度と、どのようなタイミングでメガネの調整をするべきか紹介します。

メガネを調整する頻度に決まりはない

メガネの調整に決まった回数や頻度はありません。ですが目安として最後の調整から3か月ほどしたら調整するのがおすすめです。自分では気づかないようなフレームのずれやレンズの汚れなどがあることも考えられるので、定期的な調整が無理ならば、せめて年に一度程度はメガネの調整を行いましょう。

メガネは使い続けているうちにゆがみが出たり、フレームのバランスが崩れて鼻当てが曲がるなどのトラブルが起こります。そうしたトラブルを避けるために、定期的にメガネ店でメガネの調整をしてもらうことが、メガネを長く使うためのポイントです。

メガネを調整するタイミングはかけた時の違和感

メガネをかけたときに合わないと感じた時が調整のタイミングです。
違和感や鼻当てに押されるようで痛いと感じたとき、ツルとも呼ばれるテンプルが耳に当たって痛いとき、顔をはさまれているようできついといった不快感があるときに、メガネを調整します。またかけているメガネが頻繁にずれるようになった場合も、調整のタイミングです。
もしもメガネに違和感がなかったとしても、保証期間内には一度、メガネの調整をおすすめします。自分では気づかなかったメガネの問題にメガネ店にいるメガネのプロなら気づくことがあり、保証期間内なら無料で修理や交換をしてもらえます。

メガネのメンテナンス方法

メガネは調整後に自分でも水洗いやクリーナーでの掃除など、メンテナンスを定期的に行うと長く使えます。
水洗いでごみやほこりをきれいに洗い流し、ティッシュで水気を拭き取る時は、ごしごしと強い力で拭くとメガネに傷をつけてしまうため、傷つけないようにメガネ本体を専用のメガネ拭きで支えるようにして持ち、ティッシュで軽く抑えるようにして水気を取っていきましょう。

汚れがひどいときは市販のクリーナー、または食器洗い用の洗剤に代表される中性洗剤を水で薄めたもので洗うと、汚れを落としやすくなります。中性洗剤はモノに優しいだけでなく人の肌にも優しい洗剤なので、愛用のメガネも傷めることなく洗浄できます。

お店でできるメガネの調整とは

お店ではどのようにメガネを調整しているのか、他店舗で購入したメガネは調整できるのか、気になる料金についても紹介します。

店頭での調整方法

メガネ店で行われる調整は、メガネの状態を把握したあと、そのメガネに最適な調整が行われます。
主な調整内容は、レンズの端から耳にかかるフレームの一部である「テンプル」の角度を変える調整です。
また耳にかける部分の「かかり」の角度を調整し、耳にかけたときの痛みを軽減します。メガネがずれる場合は「かかり」の角度を前後に調整してメガネを支える耳から鼻にかけてのバランスを整えます。
お店での調整では、メガネをかけたときの問題をプロの目線で解消してもらえるだけでなく、メガネを安心して預けられるので、納得のいくサービスが期待できるでしょう。

メガネの調整は無料?有料?

メガネの調整は、店内でできる調整なら無料というメガネ店が多いです。メガネの調整に加えて、フィッティングやクリーニングなどを無料で提供しているメガネ店もあります。

逆に店頭で対応できないような調整または修理が必要で、部品の調達などを外部業者に委託しなければならない場合には、有料になることも。有料でもメガネを購入したお店で修理を行えば、交換部品の調達にもあまり時間がかからないなどのメリットがあります。

メガネの調整の際には購入したときの領収書またはレシート、取扱説明書や保証書などを持参しましょう。保証期間なら該当する修理や部品の交換が無料になることもあれば、商品の型番がすぐわかるなど迅速に対応してもらえます。

他店で購入したメガネを調整してくれる場合も

メガネの調整は購入した店舗で行うのが基本です。ただし、チェーン展開をしているメガネ店なら、購入した店舗ではなくても調整できることが多いです。
引っ越しなどをした時もチェーン店なら安心して調整できます。

他のメガネ店で購入したメガネでも調整してくれるメガネ店はありますが、取り扱いのないメガネだと調整に時間がかかるなどの問題が出てきます。また自社ブランド品しか扱っていないような店舗では、自社製品以外は断わられることもあります。
事前に店舗に問い合わせるのが確実です。

メガネの調整はメガネ店でするのが安心

メガネの調整は、ねじのゆるみなど簡単な調整なら自分で行えます。
ですがメガネ全体のバランスを整えたり、ツルや鼻当ての調整や、耳のかかりの角度の修繕などはプロによる調整が確実で安心です。より良い使い心地を求めて、メガネの調整はできる限りお店でしてもらいましょう。
また、メガネを長く使うためには定期的なメンテナンスも忘れずに。