メガネをかけると耳が痛い!対策方法やグッズを紹介

share
メガネをかけると耳が痛い!対策方法やグッズを紹介
メガネが耳に当たって痛い時は、メガネそのものやかけ方に原因があるケースが多いです。放置しておくと、頭痛や疲れ目に繋がることもあるので、早めに対処しましょう。メガネをかけても耳が痛くならない方法や便利グッズをご紹介します。

メガネをかけた時耳が痛くなる原因

メガネをかけたとき耳が痛い時は、主にテンプルのかけ方に原因があることが多いです。この場合起こる症状やテンプルの正しいかけ方をご紹介します。

テンプルの先端が正しくフィットしていない

メガネを耳にかける棒状の部品のことを「テンプル」といいます。このテンプルがうまくフィットしていないと、メガネが下がったり、メガネレンズが必要以上に傾いたりします。テンプルが耳を無理に引っ張って耳や鼻に負担がかかり、痛みを生じることも。

フィットしていないメガネをかけ続けると起こる症状

テンプルが合わないメガネを使っていると、目にも負担がかかり、疲れ目や視力の低下を招くことがあります。テンプルと同時にレンズの位置がずれて、疲れ目、つまり「眼精疲労」を引き起こすことも。目の乾燥、かすみや痛み、まぶたの痙攣などが続くようであれば眼科で診断を受けたり、着用しているメガネが合っているか確認してみましょう。目に負担がかかりすぎると、頭痛や肩こりを引き起こすこともあります。

初めは自分に合っているメガネでも、着用しているうちにゆがんでくることも。フェイスラインにフィットしていないメガネは、ずれやすく、その間裸眼で物を見ることになります。やがて疲れ目を招き、頭痛を引き起こしてしまうケースも。

メガネがフィットしているか自分でチェックする方法

メガネをかけると耳や鼻が痛くなる方は、テンプルが正常な位置にフィットしているかチェックしてみましょう。

まずしっかりとメガネをかけ、左右どちらかの耳を後ろから押さえます。この時、他の人にテンプルの位置がどのあたりにあるか見てもらいます。テンプルの先が耳の付け根に沿って曲っていれば正常です。耳より手前の部分で曲がっていれば、テンプルが耳を前方に引っ張り、耳の付け根や鼻に負担がかかります。逆に耳より奥でテンプルが曲がっていると、テンプルが常に耳に引っ掛かかるため、痛みを生じる場合があります。

メガネで耳が痛い時の対策

メガネで耳が痛くならないようにするには、まずはテンプルを調整することが大切。ただし、メガネは作りがデリケートなので扱いには注意が必要です。テンプルの先をカバーする便利グッズを使う方法もあります。

テンプルのずれを調整する

メガネのテンプルは、かけた時に耳のラインに沿っているのが理想です。耳の形は人によって異なるため、かけた時にテンプルを曲げる角度を調整する必要があります。コツは、テンプルの曲がる部分が耳の付け根の曲がる頂点にくるように合わせること。角度が合うとさらにフィット感が増します。角度の目安は下へ45度、内側へ30度。テンプルの曲線と耳のラインがフィットしているメガネは横から見ても分かります。テンプルは加熱すると曲がりやすくなるので、ドライヤーの温風を1分位当てて温めてから調整する方法もあります。

ただ、メガネには力をかけて良いところと、してはいけない部分があります。また、調整した際ずれを生じると焦点がずれて、目に負担をかけてしまうことも。自分で調整するのはなるべく控え、メガネ販売店に依頼する方が安全です。多くのメガネ販売店では、他店で購入したメガネでもメンテナンスを受け付けています。テンプルのずれが気になる時は一度相談してみましょう。

テンプルの先端にカバーやストッパーを装着する

テンプルが耳に当たって痛い時の対策法として、テンプルにカバーをつける方法もあります。シリコン製でテンプルに巻いてから加熱、収縮させるタイプや、テンプルに通すだけで簡単に取り付けられる製品もあります。常に清潔に保ちたいのなら、取り外ししやすいタイプがおすすめです。

このようなカバーを装着することで耳へのクッションとなり、耳の痛みが軽減される可能性があります。ほかの製品で有効なのが、テンプルの先端に装着してメガネのずれを防ぐ「ストッパー」です。
耳の形と相性がよいと、耳の後ろに優しくフィットし痛みを感じません。メガネがずれにくく非常に安定しやすいので、目の疲れが軽減する効果も期待できます。

100円均一でも販売されており、手軽に購入できるのがメリット。ただしゴム製の場合、耳周りの髪に引っ掛かることもあるので、そこが面倒だと感じる人も。

メガネを買い替える

テンプルの調節やグッズなどを用いても、耳や鼻の痛みに変化がない場合、今のメガネが自分に合っているか見直してみてはいかがでしょうか?快適に使えるメガネの条件は「よく見える」「よく掛かる」「よく似合う」の3つです。

「よく見える」とは、レンズの度数や種類、傾斜角・瞳孔間の距離などの正確さのこと。使い方や眼に合っているとメガネがずれず、耳や鼻も痛くなりにくく、「よく見える」状態となります。

「よく掛かる」は、メガネの大きさ、重量、支点・力点・作用点など力学的なバランスのことです。メガネが顔にフィットし、耳・鼻が痛くならないのがベストの状態となります。

「よく似合う」は、顔やファッション、全体の雰囲気にメガネがよく合っていることです。これも、メガネの選択・購入には大切なポイントですよね。

このうち、「よく見える」「よく掛かる」は、耳や鼻の痛みに大きくかかわる要素なので、「今のメガネがこの条件を満たしていないのでは」と思った時は、メガネ販売店での相談をおすすめします。
相談の上で「今のメガネでは調整が難しい」ということであれば、よりフィットするメガネに買い換えるのもひとつの方法です。プロに相談することで、テンプルの幅、レンズとの距離や鼻パッド・耳にかかる位置などをしっかりと調整してもらえます。

耳が痛くなりにくいメガネ&グッズ

それでも耳が痛い!と感じている人に向けて、耳が痛くなりにくいメガネやグッズを紹介します。

メガネがピタッと動かない「ピタリング」

お手持ちのメガネのズレを軽減したい方におすすめなのが「ピタリング」。使い方はご自身のメガネに取り付けるだけ!弱・中・強と三段階の調整が可能です。カラーは、クリア・ブラック・レッド・ブルーの4種類。500円(税抜)で調整できるため、コスパの高さも魅力的です。

メガネフレーム及びサングラス等のズレを軽減するための商品です。フレームへの取り付けは至って簡単!フレームの掛け外しもスムーズに行えます。仕事・勉強・釣り・ゴルフ及びその他スポーツなどのあらゆるシーンでご使用いただけます。

ピタリング(PITARING)

500

メガネフレーム及びサングラス等のズレを軽減するための商品です。フレームへの取り付けは至って簡単!フレームの掛け外しもスムーズに行えます。仕事・勉強・釣り・ゴルフ及びその他スポーツなどのあらゆるシーンでご使用いただけます。

メガネをしっかり固定「メガロック」

耳の後ろでしっかり眼鏡をロックする優れもの。シリコン製で程よく伸びるため、多くの眼鏡・サングラスに対応できます。携帯に便利なホルダー付きなのも嬉しいポイントです。

メガネのズレを防ぐ「メガネグリップ」

メガネのテンプル部分にかぶせて、ずり落ち防止をしてくれるシリコンチューブ。3倍も伸びるシリコンチューブで取り外しもしやすく、メガネをソフトにフィットさせます。伸びてフィットするのでデザインの形状を変えることなく使用できます。

自分にぴったりのメガネなら耳の痛みは解決する

お顔にフィットするメガネを選んだり、グッズを活用すればメガネによる耳の痛みは解消します。ぜひご自分にぴったりの方法や商品を見つけて、快適なメガネライフを過ごしてくださいね。