サングラスはフレームの形でイメージが変わる!種類や選び方のコツを解説

share
サングラスはフレームの形でイメージが変わる!種類や選び方のコツを解説
サングラスには、定番のウェリントン型から流行に左右されないティアドロップ型まで、さまざまな形があります。サングラスはフレームの形によってイメージが大きく異なるのも特徴です。自分の顔の形や特徴によっても見え方や選び方が変わるので、自分の顔をよく観察することも大切。本記事ではサングラスのフレームの形や周囲に与えるイメージ、選び方のコツなどを紹介します。

サングラスフレームの代表的な形

まずはサングラスの定番フレームとともに、それぞれのイメージをあわせて紹介します。レンズが丸や四角と異なるだけでなく、各フレームには名称があります。自分の好みの形を見つけましょう。

ウェリントン

サングラスに限らず、メガネのフレーム型としても定番のウェリントン。レンズを囲むリムが逆台形で、リムをつなぎ鼻にかけるブリッジ部分がリムの最上部とつながっているのが特徴です。時代や流行りに関係なく使えるのでサングラスビギナーが挑戦しやすく、いろいろなカラーを試したい人にもおすすめです。

ラウンド

その名の通り丸型のラウンドは、数年前から人気が急上昇しているフレームです。ファッションアイテムとして定番となり、伊達メガネやブルーライトカットメガネとして着用する人も。特徴はやはりその丸形の形。ブリッジが2つの輪をつなぐように中央についています。やさしく知的な印象を与えるフレームです。

スクエア

スクエア型のフレームは、ファッションやシーンを選ばずに使える万能フレームとして長年愛されています。形の特徴はリムが四角いことで、周囲にシャープな印象を与えます。

年齢や性別、顔のタイプを選ばず、比較的どんな顔の人でもチャレンジしやすいフレームの1つと言えるでしょう。ビジネスシーンにも合いやすいのも特徴です。

ティアドロップ

渋くてワイルドな印象のあるティアドロップ。その名の通り形状が涙の雫を思わせる形で、リムの上部分はスクエアに近く、下部部はラウンドに近い形をしています。

その形からティアドロップという名前が定着しましたが、もともとの名はアビエーター。パイロットのために設計され、アメリカ空軍の中で広まったサングラスです。そんな歴史的背景もあってか、ミリタリーなファッションと相性抜群。女性もメンズライクなコーデが好きな人におすすめです。

ボストン

丸みを帯びたデザインで、どんなアイテムやファッションとも合わせやすいボストン型のフレーム。
形状の特徴は、ラウンドと似た丸み。ラウンドが完全な丸形であるのに対し、ボストンは限りなく丸に近い逆三角形のような形をしています。また、リムの上下幅が広いことも特徴。優しい印象に仕上がります。

<顔型別>サングラスの形によって変わるイメージ

サングラスを選ぶ時に気になるのが、形と自分の顔のタイプがマッチするか。ポイントは「顔の形とフレームの形を合わせない」ことです。顔型別におすすめのサングラスの形と、周囲に与える印象について紹介します。

面長×ウェリントンはレトロな印象に

顔の縦幅が長めの面長タイプは、横幅があるウェリントンタイプのフレームがおすすめ。縦の印象が強くなりそうなところを、横の印象が強くなるウェリントンのフレームがバランスを整えてくれます。どこかレトロな印象に仕上げてくれて、おしゃれ度もアップ。ウェリントンの他にはボストンタイプもおすすめです。

丸顔×スクエアはシャープな印象に

丸顔タイプの人は、角のあるタイプのサングラスが好相性。スクエアタイプや、ウェリントンタイプのフレームならシャープな印象に仕上げられます。丸みのあるラウンドやボストンは、反対に顔の丸さを強調してしまうので要注意です。

四角顔×ラウンドは優しい印象に

顔の線が直線的で角張って見える四角顔タイプの人には、曲線のデザインが魅力のラウンドタイプがおすすめです。クールな印象に優しい印象をプラスし、知的で穏やかな印象に中和してくれます。角張っているスクエアタイプは避けたほうが無難。

三角顔×ボストンはやわらかい印象に

顎のラインがすっきりとしており、シャープな印象を与える三角顔タイプにも、丸みを帯びたサングラスフレームがマッチ。おすすめはボストン型です。大きいレンズよりも小さいレンズのほうが顔のバランスが取れて、やわらかく落ち着いた印象になります。他にも、横長な楕円形をしたオーバルタイプもおすすめです。

<顔の悩み別>サングラスの選び方

「サングラスをかけたいけど、自分の顔に似合うか心配」という人も多いのではないでしょうか。顔の特徴ゆえに、使っていて不便を感じることもあるかもしれません。続いては、顔の悩み別に似合うサングラスを紹介します。

鼻が低い

鼻が低いと、サングラスの鼻パッドがずり下がり、サングラスが似合わなくなる場合があります。日本を含むアジア人は鼻の根元の高さが低いため、どうしてもサングラスがずれやすいようです。

そんな悩みを解決するために、鼻が低い人はサングラスの鼻パッドが元から高いものや、鼻パッドを調節できるサングラスを選ぶと良いでしょう。ブリッジがアーチ形になっているサングラスがおすすめです。

顔が大きい

自分に似合うサングラスを選ぶ時、ポイントの1つとなるのが横幅です。フレームの幅はだいたい顔の幅と同じものを選びます。顔の幅よりフレームが小さいと顔が大きく見えてしまうためです。

顔が大きい人は、自ずとリムの幅が広いフレームタイプが似合います。特に、ウェリントンタイプやラウンドタイプがぴったり。顔の面積をカバーするために、横幅が大きいサングラスを選びましょう。

日本人に似合うサングラス選びが重要

日本を含めたアジア人は、鼻の高さや顔の大きさだけでなく、眉と目の間が広い点も特徴です。
そうしたアジア人の顔にもしっかりとなじむよう設計されたのが、「アジアンフィット」「ジャパンフィット」などの名がついた日本人向けのサングラスです。

鼻の根元が低い傾向にある日本人は、高めのノーズパッドのサングラスを選ぶのが1番のポイント。コンプレックスがある分、お店できちんとサイズ調整をしてもらい、自分の目や顔幅に適したサングラスを見つけましょう。

トレンドのサングラスの形とは

最後に、トレンドのサングラスの形を紹介します。"似合うかどうか"の感覚は、そのアイテムが流行しているかどうかにも左右されます。トレンドを押さえたサングラスで、おしゃれをより一層楽しみましょう。

キャットアイフレーム

猫目のように、両端がつり上がったデザインのキャットアイフレーム。一瞬で周囲の目を引くデザインは、サングラスをファッションの一部として取り入れられます。シンプルな服装のワンポイントアイテムとして取り入れるのも素敵。おしゃれな印象がぐっと強まります。

ラウンドフレーム

どこかレトロで可愛らしい印象のあるラウンドフレームは、数年前からブームになり、その傾向は2020年も続きそうです。ラウンドフレームのサングラスをかけるだけで、初心者でも簡単にこなれ感を出せて、おしゃれにまとめられるのが魅力の1つです。ピンクやイエローなどのカラーフレームも人気があります。

ライトカラーサングラス

レンズの色が薄い青やピンクのライトカラーサングラス。こちらもレトロチックな印象があり、かけるだけでその日のファッションをヴィンテージライクにしてくれます。特に、シンプルなコーデとの相性が抜群。遊び心あるファッションを楽しみたい人におすすめです。

イメージに合ったサングラスを手に入れよう

自分に似合うサングラスを見つけるには、自分の顔のタイプを知ることが大切です。サングラスのフレームタイプは種類が多い上、レンズの濃さでも印象が変わるため、実際に店頭で試してみるのがおすすめ。なりたいイメージや自分の顔のタイプを基に、お気に入りのサングラスを手に入れてくださいね。