「読書の秋」の由来や過ごし方とは?本を読む時にぴったりな読書グラス

share
「読書の秋」の由来や過ごし方とは?本を読む時にぴったりな読書グラス
「読書の秋」という言葉は、「秋は過ごしやすい気候で、ゆっくり読書ができる季節」という意味です。そんな「読書の秋」という慣習が定着したのは、漢詩や小説などが関係しているようです。本記事では読書の秋の由来や過ごし方を解説するとともに、秋に読みたいおすすめの本や、読書をする時に活用したい読書グラスを紹介します。

「読書の秋」の由来とは

秋になると必ず耳にする「読書の秋」という言葉。いつから、どのような理由で言われるようになったのでしょうか。その答えのヒントは、日本ではなく中国にありました。まずは「読書の秋」という言葉の由来を解説します。

中国の漢詩が起源

「読書の秋」の由来として多く語られるのが、古代中国の漢詩です。詠んだのは唐代の詩人として高名な韓愈(かんゆ)で、時代は8世紀頃とされます。問題の漢詩というのが「符読書城南詩」で、学問の大切さを伝えています。その中に以下のような一説が登場します。

「時秋積雨霽、新涼入郊墟。燈火稍可親、簡編可卷舒。」

これを日本語に置き換えると、「秋になり長雨があがって空も晴れ、涼しさが丘陵にも及んでいる。ようやく夜の灯に親しみ、書物を広げられる。」というような意味です。

この一説がきっかけで、涼しい秋の夜は読書に適しているという考えが浸透したと言われています。昔の人も、暑い夏が終わってゆっくり読書できる秋を心待ちにしていたのかもしれません。

日本では夏目漱石の小説がきっかけ

「読書の秋」の考えや習慣が日本に根付いたのは、有名作家・夏目漱石が1908年に発表した小説「三四郎」で件の詩を引用したことがきっかけとされています。

その後、日本は多くの戦争に突入しますが、戦後まもない1947年に「読書週間」が開始されます。読書の力で平和を築く目的があり、その期間は文化の日を中心とした10月27日から11月7日に固定されました。読書週間により「読書の秋」という言葉がより強く根付いたのです。

秋の気温も関係している

夏の暑さが過ぎ去って気温が低くなる秋は集中しやすい季節なので、ゆっくり読書をして過ごすのに適しています。人間の集中には気温や湿度が関係しており、さまざま研究報告を見ると22度前後の気温が集中に適しているようです。真夏日になることも多い8月が過ぎ涼しくなると、自然と集中しやすい環境が作られるのかもしれません。

読書の秋に読みたいおすすめの本

出典: https://unsplash.com/photos/-n_ZpsjsqHM

続いては、秋に読みたいおすすめの本を4冊紹介します。本を通して人生や家族、自分自身を見つめ直す時間になるはずです。秋の夜長に読書を楽しみましょう。

LIFE SHIFTE(ライフ・シフト)

イギリスの組織理論家である、リンダ・グラットンの著書「LIFE SHIFTE(ライフ・シフト)」は、資産を通して自分の生涯を考えられる本です。人生100年時代と言われる今をどう生き抜くか、そのアイディアが散りばめられています。

この本を読むと、ライフスタイルや変容を視野に入れ、どう生きていくかをじっくり考えられるはず。日本でも話題になった「老後2,000万円問題」にも触れているので、今直面している問題のヒントになるかもしれません。

鏡の法則

コロナ予防による自粛生活の中で、家族や友人との関係や自分の価値観に変化があった人も多いのではないでしょうか。付き合い方を変えなくてはいけないシチュエーションもあったでしょう。「鏡の法則」はそんな時にぴったりの本です。

目の前の世界は自分の心や過去を写した鏡とする、という考え方をいくつかのエピソードを交えながら紹介しているこちらの本は、多くの人が共感を寄せています。自分の行動を変えることが人を変えることにもつながる、そんな深いテーマですが、シンプルで読みやすく時間をかけずに気軽に読めます。

ミッドナイト・バス

家族について考えさせられる1冊。伊吹有喜の小説「ミッドナイト・バス」は、かつて離婚によってバラバラになった家族が、故郷の新潟を舞台にそれぞれの再生の道を模索する物語です。就職や結婚、子どもの独立とさまざまなライフイベントに沿って描かれるストーリーは、自身と重なる部分があるかもしれません。2018年には映画が公開されています。

流浪の月

凪良ゆうの「流浪の月」は、2020年本屋大賞で大賞を受賞した話題作。主人公の女性は幼い頃に誘拐された過去があり、周囲からの哀れみや善意に苦しめられて生きています。それは、世間が知る"真実"と彼女が知る"事実"が違うから。真実とは何か、善意とは何かを考えさせられる作品です。本を読む時間はもちろん、その後の大きな余韻まで楽しんでください。

読書の秋におすすめな過ごし方

出典: https://unsplash.com/photos/irDJy_7lkWk

読書タイムとあわせて楽しみたい、おすすめの過ごし方を紹介します。

バスタイムを満喫する

秋の夜長はゆっくりとお風呂に浸かって、バスタイムを満喫してはいかがでしょうか。半身浴をして、じっくりと汗をかきながら読書をするのもおすすめです。

バスタブにかけて使用するバストレイを用意すれば、本やタオル、飲み物を置いて居心地の良い空間を作り上げられます。ただし、脱水症状にならないよう水分の補給が大切。入浴前に1杯の水を飲んでから始めてください。

温かい飲み物を作る

気温が下がる秋の夜、温かい飲み物をお供にリラックスしながら読書を楽しみましょう。ホットワインなど温かいアルコールもおすすめ。普段はインスタントのドリンクで済ませている人も、材料を揃えて作るのも楽しさがあります。

コーヒーなら豆を挽くところから、紅茶なら茶葉を蒸らすところから。手作りの楽しみを知ると、飲み物だけでなくスイーツや料理にもこだわりが出て、より美味しいものを作りたくなるかもしれません。読書のお供を、好きな手作りの品で揃えていきましょう。

本を読む時にぴったりな読書グラス

本を読む時に1番使う部位といえば、目です。読書グラスは読書中に目が疲れる人におすすめのアイテム。メガネのアイガンの読書グラスを3つ紹介します。

眼鏡専門店の読書グラスGR50-UP

文字や画面を見ることによる疲れを軽減する、眼鏡専門店の読書グラス。使わない時には眼鏡を外さなくてもレンズを上に上げることができる便利な跳ね上げタイプです。必要な時にさっとレンズを下ろして使えます。

紫外線を99%カットするUV400のレンズを使用しているため、目に優しいところも嬉しいポイント。ブルーライトカットも標準装備です。

眼鏡専門店の読書グラスGR19-BK/DM

こちらは長時間使用しても疲れにくい、軽くてフィット感抜群の老眼鏡です。人気の高いボストン型の黒縁に弾性テンプルを組み合わせたおしゃれなフレームで、飽きが来ずに長く愛用できます。こちらも紫外線をカットするUV400のレンズと、ブルーライトカット機能が装備されています。

眼鏡専門店の読書グラスGR18-BK

鮮やかな青とスタイリッシュなデザインが魅力的なリーディンググラス。弾性プラスチックフレームにより優しいつけ心地を実現し、いつでもどこでもスマートに着用できます。ブルーライトカットとUVカットも標準装備。疲れ目を撃退して、ゆっくりと読書を楽しみましょう。

読書の秋は読書グラスで快適に過ごそう

秋は「読書の秋」という言葉通り、読書を楽しむのに最適な季節です。新たな知識や考え方を得るのはもちろん、読書自体に脳を刺激して集中力や記憶力を高め、ストレスを軽減する効果があるとされます。読書で目が疲れる時は、読書グラスを使用して快適に過ごしてくださいね。