「よく見えない」と感じたら。視力低下の原因と対策は?

share
「よく見えない」と感じたら。視力低下の原因と対策は?
視力低下を感じる人は、まず自身の生活習慣や環境を振り返ることが大切。もしかすると目の不調の原因がどこかに潜んでいるかもしれません。本記事では、視力が低下する仕組みや原因、対策を紹介します。目の不調を感じる人、メガネを作ろうかどうか迷っている人は、ぜひこの記事をチェックしてみてくださいね。

視力低下した?目の状態は?

まずは視力が低下しているとき、また目が見えにくいとき、目はどのような状態になっているのか見ていきましょう。目が「見えにくい状態」もすべて同じではありません。ここでは、視力低下を引き起こす可能性のある近視、遠視、老眼についても紹介します。

まずは目の仕組みを知ろう

目の仕組みを考える際はカメラを想像するとわかりやすいでしょう。人間の目でカメラのレンズに相当するのが水晶体です。

写真を撮るときは、レンズを前後に動かしてピントを合わせます。水晶体も、その厚みを増したり薄くしたりすることで、レンズと同様の働きを行います。水晶体から取り込まれた光のピントがぴったり網膜に合えば、それが見えるという状態なのです。

いわゆる目の良い人は、正視と呼ばれます。これはぼんやり遠くを見た場合、外から入った光のピントが網膜に合っている人のこと。ピントの位置が網膜より前にきたり後ろにきたりする人は、近視や遠視と言われる状態です。

見えにくい状態①近視

近視の人は、外から入った光のピントが、網膜よりも手前で像を結びます。そのため、近くは見えるものの遠くは見えにくいという状態になります。

角膜から網膜までの長さを「眼軸」と言います。強い近視の人はこの眼軸が長いケースが多いです。見たいものにピントが合わない原因の1つで、近視の度合いが強くなるほど、物を見る為に眼に近づけないと見えません。

見えにくい状態②遠視

遠視は逆に、水晶体から取り込んだ光のピントが、網膜よりも奥で像を結ぶ状態。正常な目の人に比べて、眼軸が短いケースが多いです。

遠視は遠くが見えると勘違いされやすいですが、実際には、近くも遠くも調節する力で補って
物を見ているために、常に目を酷使しなければなりません。

見えにくい状態③老眼(老視)

老眼とは、加齢から目の機能が低下した状態のこと。目のレンズである水晶体が硬くなり、厚くしたり薄くしたりといった調節ができなくなります。

年齢に関係する症状のため老眼と呼ばれますが、近年は若年層の間でも、老眼に似た症状を発症する人が増えています。これは「スマホ老眼」などと呼ばれており、年齢は関係ありません。

スマホのような小さい画面・映し出される小さな文字を見ることが、目を酷使することにつながり、スマホ老眼の原因となっています。

スマホ老眼はほとんどが一時的なものではありますが、繰り返すことによって重症化することもあるので注意が必要です。

いずれにせよ視力低下の原因は目の酷使によるもの。若くても目に負担をかけ続ければ、水晶体は硬化してしまいます。年齢にかかわらずピント調整機能がうまく働かなくなり、「見えにくい」と感じるようになるのです。
20~30代で老眼のような症状がある人は、目を酷使していないかどうか、自身の生活を振り返ってみましょう。

メガネの愛眼よりSMART FIT -STYLES- SF-8007Mの紹介。「壊れにくいメガネ。」ベータチタンの成形技術・結合技術・表面処理技術などが結集。長持ちするメガネをお求めの方にオススメ

SMART FIT -STYLES- SF-8007M -

¥25,300(税込 )

メガネの愛眼よりSMART FIT -STYLES- SF-8007Mの紹介。「壊れにくいメガネ。」ベータチタンの成形技術・結合技術・表面処理技術などが結集。長持ちするメガネをお求めの方にオススメ

視力低下の原因として考えられることは

一口に視力低下といっても、原因はさまざまです。ここでは、視力低下を引き起こすと考えられている原因を3つ紹介します。

加齢

40歳以上の人が視力低下を感じる場合は、先述した老眼になっているのかもしれません。これは目のピント調整機能の衰えからくるため、回復することはほぼありません。

症状としては、手元の小さな文字が読みにくくなる、近くから遠くを見るとピントが合うまでに時間がかかるなどがあります。老眼の補正には「老眼鏡」の使用が有益。40歳頃から症状を発症した人は、45歳頃から老眼鏡を必要とするケースが多いようです。

労働・生活環境

職業や生活環境によっても、視力の低下は起こります。

仕事で朝から晩までパソコンを見るなど、長時間近くの物を見続けていると、目の構造自体を変化させ近くを見やすい目になる原因に。それだけでなく、疲れ目からドライアイや近視などの症状も出やすくなります。

また、斜め方向からテレビ画面を見ることで眼球が歪んでしまったり、暗い場所での作業で目に負担をかけたりすることも視力低下の原因です。

病気

目になんらかの病気がある場合も、視力が低下します。例えば白内障や糖尿病網膜症などは、視力低下を伴う病気です。

白内障の症状は目のかすみや、ちょっとした光でも眩しく感じるなどの症状が出ます。夜間の運転で対向車のライトが異常に眩しいなど感じたら、専門医に相談した方がよいでしょう。

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症の1つで、糖尿病の慢性化が原因の病気です。網膜にある血管からの出血、異常な血管の生成により視力が低下し、場合によっては失明する危険性もあります。糖尿病を患っている人で目に異常がある場合は、早めに病院で診察を受けてください。

視力低下を防ぐための適切な対応策

視力低下を食い止めるには、早めの対応が重要です。ここでは、環境に起因する視力低下への対応策を紹介します。

生活環境・習慣の見直し

スマホやタブレットを寝る直前まで見続けてしまう、仕事で朝から晩までパソコンの前に座っているなど、目を酷使している人は、生活環境や習慣の見直しが必要です。

スマホやタブレットをよく使う人は、これらの機器をオフにする時間を設けます。さらに、デジタル機器のブルーライトカット機能を使ったり、ブルーライトカットメガネをかけたりするとなお効果的です。また、十分な明るさがある所で使用することも心がけましょう。

仕事でパソコンを長時間使用する人は、パソコンに向かう姿勢を正すこと、一定時間ごとに休憩を挟むことを意識します。休憩時に軽くストレッチをしたり目をつむったりするのもおすすめです。また、ドライアイの人は目薬などを使って、目の乾きを防いでください。

視力低下を防ぐには、目だけではなく体全体の健康に留意することも大切です。日頃あまり運動をしていない人は適度な運動を行い、体が凝り固まらないようにしてください。

加えて、休養が取れていない人はオフの時間はしっかり休み、きちんと睡眠時間を確保することが必要です。生活習慣が整えば体調もよくなりますし、体が復調すれば、目の状態も改善されやすくなります。

毛様体筋を緩める

水晶体のピント調節機能に関わるのが毛様体筋です。パソコンやスマホなど近くばかり見ている人は、この筋肉が凝り固まっていることが多々あります。視力低下を感じる人は、毛様体筋の凝りをほぐしてあげましょう。

毛様体筋をほぐす方法は、遠くを見る、目のマッサージをするなどが有益です。オフィスで時間があるときは、近くと遠くを交互に見るなどしてください。

また、パソコンやスマホを使う時は、1時間に10分ほどの休憩を挟んで、目を休ませてあげましょう。その際、血行を良くするために目を温めたり、マッサージしたりすると効果的です。

現代人の疲労と老化に、血流促進アイマスク「gruria(グルリア)」。免疫力アップ、ストレス軽減、不眠解消、疲労回復、疲れ目軽減。

gruria(グルリア)血流促進アイマスク|愛眼公式オンラインショップ

¥5,940 (税込 )

現代人の疲労と老化に、血流促進アイマスク「gruria(グルリア)」。免疫力アップ、ストレス軽減、不眠解消、疲労回復、疲れ目軽減。

目のマッサージを行う場合は、まず、眉毛の下のくぼみを10回ほど両親指でプッシュしてください。この時、内側から外側に向けて行うのがポイント。
次に、鼻の付け根をつまみ、下から上に押し上げます。それが終われば、両こめかみを10回ほどくるくるとプッシュしましょう。最後に下まぶたの周りを人差し指で優しく10回ほど押せば、マッサージ終了です。
マッサージのコツは、力を入れすぎないこと。心地よいと感じる程度の強さがベターです。

毛様体筋がほぐれれば、目のピント調節機能も回復しやすくなるでしょう。
一旦近視になると、基本的に自然治癒は望めません。視力低下を感じながらも放置すると、本格的に近視が進行するので、改善が見られない場合はメガネ等を使うことを検討しましょう。

一般的に、メガネが必要とされる裸眼視力は0.2以下。0.3~0.6の場合は様子を見ながらとなりますが、車の免許更新では両目0.7以上必要なので注意してください。

視力低下が改善されない場合は、まず視力測定を受けてみましょう。遅くまで営業しているメガネ店もあるので、会社帰りに足を運んでみてはいかがでしょうか。

改善が見られない場合はメガネ等で矯正を

物が見えづらくなるのは、眼軸の長さが正常よりも長くなったり短くなったりすることによるもの。それが一時的なものであれば、トレーニングや点眼などで改善されることもあるのですが、眼軸の長さだけでなく眼球そのものも変形してしまった場合は、視力の回復は期待できません。その際は、メガネやコンタクトなどでの矯正が必要になります。

一般的に矯正が必要とされている視力は0.3未満です。車の運転をする人は0.7以上が必要なので、その数字を目安にするのも良いでしょう。

視力低下したら検討したいアイガンおすすめの度入りメガネ

メガネのアイガンで扱っているメガネは種類が豊富。最後に、視力が低下した際におすすめのメガネを紹介します。

SMART FIT -STYLES- SF-8006M

軽量で、且つ弾力性・高耐性に優れた壊れにくいメガネです。耳掛け部分は太めのデザインなので、安定したかけ心地を実現しています。機能性もさることながら、落ち着いた雰囲気のある美しいチタンフレームのデザインが特徴です。

価格:¥25,300(税込)

POCOP ENERGY 1015

スポーティーな雰囲気のあるウェリントン型のメガネ。テンプルに超軽量超弾性耐熱樹脂を使用しており、しなやかなかけ心地です。普段使いだけでなく、スポーツなどにもポコプの機能性を発揮するオシャレを演出する【スポーティ過ぎないデザインメガネ】です。

カラー:マットメタリックブラック×マットブラック・マットネイビー×マットメタリックシルバー・マットブラック×マットメタリックブルー

価格:¥16,500(税込)

Cmps SuperLightTR90

ポップなデザインとクラシカルなデザインとが揃ったシリーズで、好みのデザインを選べます。弾性・軽量性に優れたナイロン系樹脂素材を採用しているため、軽くてかけ心地が抜群です。

鼻あて部分はアジアンフィットする設計。このアジアンフィットとは、別名ジャパンフィットとも言い、フレームの幅・ノーズパッドの高さ・フレームカーブがアジア人向けの作りになったメガネを指します。そのため、日本人の顔に合わせやすいです。

また、耳かけ部分にはワイヤーが入っているので、そこでもかけ心地を微調整できます。

価格:¥5,280(税込)

視力低下を感じたら早めの対応を

物がよく見えないのは、体に不要な緊張を強いている状態。また、デジタル機器に触れる機会の多い現代人は、なにかと目を酷使しがちです。時にはスマホやパソコンに触らない日を設けたり、目のマッサージをしたりなどして、目をいたわる必要があります。長く続くと、やがては頭痛や肩こり・吐き気などを引き起こすことがあります。視力低下を感じた場合は放置せず、早めに専門機関を受診し、必要があればメガネを作って矯正しましょう。