疲れ目に悩んでいるあなたに。自宅で手軽にできる改善・予防方法を紹介

share
疲れ目に悩んでいるあなたに。自宅で手軽にできる改善・予防方法を紹介
目の乾燥や痛みを引き起こすことがある目の疲れ。目の使い過ぎや老眼など、疲れ目の原因はさまざまです。疲れ目を放っておくと、目だけでなく体にまで悪影響が出る場合があります。本記事では、疲れ目の原因について知るとともに、疲れた目を回復させられる対処法や予防法などについて解説します。

疲れ目のしくみと主な症状

目頭を押さえる女性

疲れ目の原因を探る前に、まずは目の疲れが起こるメカニズムや、それによって引き起こされる症状を見ていきましょう。

疲れ目が起こるしくみ

私達は「水晶体」を調節することで物を見ています。「水晶体」とはカメラで言うところの「レンズ」。その上下にある「毛様体筋」という筋肉が、水晶体を引っ張ったり緩めたりすることでピントを合わせているのです。

ピントを合わせようと毛様体筋が働き続けると、緊張状態が長く続いてしまい、結果として疲れ目を引き起こしてしまいます。

疲れ目の症状

主な症状として挙げられるのは、目の重み・乾燥・痛み・かすみなどです。まぶたが痙攣したようにピクピク動いた、という経験がある人もいるはず。これも疲れ目の症状の1つです。

疲れ目の症状が重くなっていくと、目の症状だけでなく頭痛や肩こりといった他の症状までも引き起こしてしまいます。

また、ただの疲れ目、とそのままにしていると、ドライアイや眼精疲労などになってしまう場合も。これらは目が悲鳴を上げている状態なので、早めの対処が必要です。

疲れ目の主な原因

パソコンの前で目を押さえる女性

疲れ目が起こる具体的な原因はどこにあるのでしょうか。疲れ目対策をするためにも、まずは原因をしっかり突き止めることが大切です。

長時間にわたるパソコン・タブレットの使用

デスクワークが多い人や、スマホ・タブレットをよく使用する人は、疲れ目を引き起こしやすい傾向にあります。

パソコンなどの画面を見る際は、まばたきの回数が減りがち。そのため、目が乾きやすい状態になってしまい、それにより疲れを引き起こしてしまいます。

パソコン上の細かい文字を見続けることは、目のピントを合わせるために毛様体筋が常に働いている状態です。緊張状態が続くことによって目が疲れてしまいます。

このように、パソコンなどの使用によって目を酷使することを「VDT(Visual Display Terminal)ストレス」と言います。

度数が合っていないメガネ・コンタクトの使用

眼科での検診に長期間行っていないと、知らず知らずのうちに視力が変わっている場合も。視力が変化すると、当然使っているメガネやコンタクトも合わなくなるでしょう。違和感を感じながらもそのまま使用し続けていると、目に負担をかけてしまいます。

度数が合っていないと、毛様体筋が常にピントを合わせようと働くため、緊張状態が続いて疲れ目を引き起こすのです。

老眼

年齢を重ねると、距離感の異なる物を見る際にピントを合わせづらい、などの症状が徐々に出てきます。これが老眼で、だいたい40歳前後で症状に気づくケースが多いです。老眼の対処をしないで物を見続けることも、目の疲れにつながります。

疲れ目の改善方法

目の下をマッサージする女性

疲れ目が起きてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。疲れ目を改善するおすすめの方法を紹介します。

目の周辺をマッサージする

目の周りをマッサージすることによって疲れた筋肉がほぐれ、むくみや疲れの解消につながります。表情もすっきりとした印象に。

①両手の親指を使い、眉毛と目の間にあるくぼみ部分を外に向かって押します。(10回程度)
②鼻の付け根部分を指でつまんで、上へ押し上げてみましょう。(4回程度)
③こめかみ部分を指でくるくると押しながら回します。(10回程度)
④下まぶたの少し下の部分を指で優しく押しながら回します。(10回程度)

目薬を使う

ドラッグストアに行くとさまざまな種類の目薬が陳列されています。その中から、疲れ目用の目薬を選びましょう。

目薬をさしたら目を閉じるのがポイント。目薬そのものによって疲れ目が改善される場合もありますが、目を閉じることで光を見なくて済むので、目を休ませられます。

目のストレッチをする

目のストレッチは、緊張した毛様体筋をほぐすのに効果的です。

①眼球を回転させるようにすべての方向に動かします。(時計回り・反時計回りの計2回)
②8の字を描くように眼球を動かしましょう。(上下から各1回×5往復程度)
③目をグッと見開いてはギュッと閉じる、を繰り返します。(3回程度)

目を温める

目を温めるのもおすすめ。目の周りの血流が良くなることで目に必要な栄養素や酸素がしっかりと行き渡り、目の疲れが軽減されます。温め方は下記で具体的に紹介するので、参考にしてみてください。

疲れ目に有効なアイテムと予防法

アイマスクをする女性

目の疲れはできれば未然に防ぎたいところです。ここでは、疲れ目にならないための対策・予防法を紹介します。

蒸しタオルやホットアイマスクを使う

夜寝る前や目を酷使した後の休憩時間などに、温めたタオルやホットアイマスクを使うのもおすすめです。目を温めることによって、目の周りの血流が良くなるとともに筋肉もほぐれるので、疲れた目をリラックスさせられます。

蒸しタオルの作り方はとても簡単です。タオルを水で濡らして固く絞ったら、600Wの電子レンジで40秒ほど加熱するだけなので、誰でも手軽に作れるでしょう。

蒸しタオルをわざわざ作るのが手間に感じる場合は、市販のホットアイマスクなどの使用でもOK。とても手軽で、外出先でも使えるので便利です。

目に良いとされる食材を摂る

普段の食事に気を付けることもポイント。ブルーベリーが目に良い、ということはよく耳にしますが、それ以外にも目の健康を保つために良いとされる食材はいくつもあります。

食材の中でも、特にビタミンA・C・E・B群のものを意識的に摂るのがおすすめです。
ビタミンA群・C群・E群は老化防止と白内障予防に効果的で、ビタミンB群は目の疲れに有効です。

A群はレバー・ほうれん草など、C群はブロッコリー・オレンジ・ピーマンなど、E群はアーモンドなどにそれぞれ含まれ、ビタミンB群は、レバー・納豆・玄米などに含まれます。

定期的に目を休ませる

目を長時間酷使しないように心がけましょう。目をよく使う際、合間に目を休ませることが大切。1時間続けて目を使ったら15分程度休む、など適度に休憩を入れます。この休憩のタイミングで、上記で紹介した目のマッサージやストレッチなどをするのがおすすめです。

部屋の明るさを調整する

部屋の電気の明るさを微調整するのも、目の疲れを予防するポイントの1つです。状況に合わせて明るさを変えてみましょう。

読書や細かい作業などで手元を見る時には、部屋が暗すぎると疲れ目の原因になるため、部屋を明るめにします。その際、部分照明を上手に取り入れるのもおすすめです。

逆に、パソコンなどを使用する時は、普段よりも部屋を少しだけ暗めにすると目の疲れが軽減できます。この際、カーテンなどで外からの光を遮断し、外の光がパソコンの画面に映りこまないよう工夫することも必要です。

日ごろのケアと疲れ目対策で目を守ろう!

目の前でハートを作る女性

目の酷使や度数の合わないメガネなどの使用は目を疲れさせる原因に。目が疲れてしまった場合はマッサージやストレッチなどが効果的で、日ごろのケアでも目の疲れ自体を予防できます。予防と対策をしっかり行い、大切な目を守りましょう。