眼精疲労は全身に症状が出ることも!早めのセルフチェックで対策と解消法を知ろう

share
眼精疲労は全身に症状が出ることも!早めのセルフチェックで対策と解消法を知ろう
目の違和感など、不快な症状が出る眼精疲労。目の酷使が主な原因で、症状が重くなると目だけでなく体にまで影響が出るため、早めの対策が大切です。そこで本記事では、眼精疲労を緩和する方法・セルフチェック方法について解説するとともに、眼精疲労に役立つアイガンのアイテムも紹介します。

メガネのアイガンでは、メガネ以外にも眼精疲労の改善に効果が期待できるアイテムを取り扱っています。「グルリア」は目を酷使しがちな現代人にぴったりのアイマスク。ここでは、グルリアについて詳しく解説します。

セルフケアを続けても眼精疲労の症状が改善しなければ、迷わず眼科を受診してください。眼精疲労は、目の疲れや負担によるものだけでなく、目そのものの疾患が引き起こしている可能性もあります。原因を明らかにして、眼精疲労を治すための糸口を見つけましょう。

目に良い栄養素として挙げられる代表的な物が、アントシアニン・オメガ3脂肪酸。これらの栄養素が含まれた食材を摂ることもおすすめです。アントシアニンはブルーベリーの一種であるビルベリーなどに、オメガ3脂肪酸は魚に多く含まれており、その他、ルテイン・ビタミンA、B、C、Eなども目に良いと言われています。

現代人の疲労と老化に、血流促進アイマスク「gruria(グルリア)」。免疫力アップ、ストレス軽減、不眠解消、疲労回復、疲れ目軽減。

gruria(グルリア)血流促進アイマスク|愛眼公式オンラインショップ

¥5,940(税込)

現代人の疲労と老化に、血流促進アイマスク「gruria(グルリア)」。免疫力アップ、ストレス軽減、不眠解消、疲労回復、疲れ目軽減。

眼精疲労を緩和したり改善したりするには、早めのセルフチェックが大切です。以下で挙げる症状の中で、自分に当てはまるものがあるかどうかチェックしてみましょう。当てはまる項目が多ければ多いほど、目の疲れが疑われます。

パソコンやスマホなどを使う機会が多い現代人。そのため、目を酷使することによる眼精疲労に悩まされている人は少なくありません。まずは眼精疲労についてしっかり理解し、自分が当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。その上で、自分に合った対策を試してくださいね。

ただし、偏った食事は避けてください。バランスが取れた食事を心がけた上で、目に良いとされる食材を意識的に摂取すると良いでしょう。

・長時間、コンタクトレンズやメガネを使用している
・目の痛み・かすみ・乾き・赤みなどの違和感がある
・まぶたが痙攣する
・頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状がある
・1日10時間以上パソコンやスマホを見ている
・パソコン・スマホ画面を見ている時に眠気が生じる

ただし、上記の項目はあくまで目安にすぎません。眼精疲労が気になる場合、必ず眼科を受診して正確な診断をしてもらってくださいね。

グルリアは最新テクノロジー素材を採用したアイテムです。着けることで血流が良くなるだけでなく、新陳代謝のアップや活性酸素の除去が期待でき、疲労回復やリラックス効果につながります。その他、お肌のアンチエイジング効果も期待できるでしょう。

眼精疲労について理解し、対策を知ろう!

グルリアとは?

用途に合わせて自分好みの使い方ができる点もグルリアの魅力。昼寝の時に着けて目を休ませたり、仕事や勉強の合間や就寝前などに着けてリラックスしたりするのもおすすめです。

グルリアの使い方

グルリアの効果

グルリアは、目や目の周りの血行を促進するためのアイマスク。アイガンではWEB限定で販売されています。一般医療機器として認められているため、安心して使えるでしょう。幅広の設計のため、目元をしっかりと覆ってくれます。また、洗濯して繰り返し使用できるので、衛生的でコスパも良いです。

価格:¥5,940(税込)

眼精疲労対策におすすめの「グルリア」

⑤眼科を受診する

④食事を工夫する

目を酷使すると、目の血管が膨張して白目部分が充血します。冷たいタオルなどを目の上に置いて冷やせば、症状がやわらぐようです。また、目をリラックスさせたければ、温めるのがおすすめ。寝る前などに温めたタオルを目の上に乗せるだけでも、目の緊張がほぐれますよ。

③症状に応じて目を冷やす/温める

目の周りにあるツボを押す方法もあります。ツボがあるのは、目頭の内側・こめかみ・鼻の付け根部分です。押すと皮膚が少しへこむポイントがツボなので、そこを適度な力で押します。目や神経にダメージを与える可能性があるため、眼球自体を押さないように気を付けながら試してください。

目を動かして刺激を与えることでも、目の疲れをほぐすことができます。目を上下左右に順番に動かしたり、まばたきをしたり、目を強く閉じたりなどの体操がおすすめです。

まばたきの量が減ると、目の乾燥や疲れにつながるので、意識的にまばたきをするのも良いでしょう。まばたきをすることで目の周りの筋肉が伸ばされ、緊張がほぐれます。また、毛様体筋が緊張するのは、近くを見る時。遠くを見ることでその緊張を緩和できます。この際、ぼんやりと力を抜いて遠くを見るのがポイントです。

②目のストレッチ・体操・ツボ押しをする

眼精疲労の改善策としては、目を休ませるのが一番効果的です。例えば、パソコンやスマホを使用する際は、間に休憩を入れることが大切。1時間おきに10分くらいの休憩をはさむと良いでしょう。また、モニターの明るさを調整することでも、目の負担をやわらげられるかもしれません。

①目を休ませる

眼精疲労になっても、自分で症状を改善させたり緩和したりできることもあります。ここでは、眼精疲労に有効な対策を解説します。

眼精疲労の緩和・改善方法

セルフチェック方法

体に不調がある場合、目にも異常が出るケースがあるようです。肉体的・精神的なストレスが、自律神経に影響し、まばたきや涙の量が減ります。これが目の乾燥や疲労の原因となり、眼精疲労を起こすことがあるのです。

ドライアイの人は、涙量の少なさや涙の流れの悪さによって目が乾いてしまい、目が見えづらくなることがあるでしょう。このような状態で、無理して物を見ようとすると、毛様体筋に負担がかかり、目の疲れにつながります。

眼精疲労の原因③体調不良などのストレス

スマホ・パソコンを使用する際は、比較的目から近い所を見るため、毛様体筋が緊張状態になります。長時間にわたる作業などでこの緊張状態が続くと、目に負担がかかって眼精疲労の原因に。また、エアコンの風が目に当たることによる乾燥が原因となることもあります。自分の目に合わないメガネやコンタクトレンズの使用も、眼精疲労の原因になります。

眼精疲労の原因②環境

眼精疲労の原因①目の異常

眼精疲労は、主に目の酷使などによって引き起こされるものです。目の疲れや痛みなど目に症状が現れるのはもちろん、体に症状が出るケースも珍しくありません。例えば、物が見えにくいなどの理由から無理な体勢を取ると、肩が凝ってしまうことも。また、物を見ようとすることで目が緊張状態になり、それによって頭痛・倦怠感などの全身症状が出る場合もあるようです。

目の酷使などによって起こる眼精疲労

昨今、目の不調や眼精疲労を感じる人が増えています。まずは、眼精疲労による症状や起こる原因などをチェックしましょう。

眼精疲労とは