スマホ老眼の症状と予防に効果的な5つの方法を解説!

share
スマホ老眼の症状と予防に効果的な5つの方法を解説!
スマートフォンが普及するとともに、耳にすることが多くなってきたスマホ老眼。ふとしたときに目がかすみ「ひょっとしたら自分もスマホ老眼かも」なんて心配になる人もいるでしょう。そんな方のためにこの記事では、スマホ老眼の症状など基礎知識を紹介しつつ、その予防に最適な5つの方法について解説していきます。

スマホ老眼ってどんなもの?

スマホ老眼について聞いたことはあるけれど、どういった症状かよくわからないという人も多いのではないでしょうか。以下では、スマホ老眼の基礎的な知識について紹介していきます。

スマホ老眼の症状とは

スマホ老眼の主な症状には、以前よりも目が疲れやすいと感じたり、何かモノを見たときにピントがうまく合わず、近くのものや遠くのものが見えにくくなったりすることが挙げられます。具体的には、スマホ画面から目をそらし遠くを見つめたときに、すぐにピントが合わず一瞬ぼやけるなどで、このような症状があらわれるとスマホ老眼の可能性が高いかもしれません。

また、目を頻繁に酷使しこれらの症状を長引かせてしまうと、肩や首、頭などの痛みに連鎖する可能性もあるので注意が必要です。

スマホ老眼と老眼の違い

そもそもモノを見るときは、レンズの役割を果たす「水晶体」と、それにくっついている「毛様体筋」という部位が伸び縮みしてピントを合わせています。
しかし、老眼になるとこれらの部位が硬くなったり衰えたりして、ピント調整機能が減衰し手元に焦点が合いづらくなる症状があらわれます。

一方でスマホ老眼とは、目の酷使によりピント調整機能が低下し、手元や遠くにピントが合いづらくなる症状を指します。
スマホ老眼の症状の持続時間は老眼とは違い、ピントが合わない症状があらわれても、一日寝ると元どおりになっていることが多いのも特徴です。

スマホ老眼になる年齢

スマホ老眼は老眼とは違い、20代〜30代の比較的若い世代でもなり得ます。また、最近ではそれより若い10代のスマホ利用も増えてきているので、スマホ老眼になるか否かについては、年齢はあまり関係なく、どれだけスマホなどで目を酷使するかによると言えるでしょう。

スマホ老眼の原因について

スマホ老眼になる原因を知るには、その仕組みについて知ることも大切です。下記では、スマホ老眼になる原因について、仕組みの解説も交えて紹介します。

スマホ老眼の原因とは?

スマホ老眼は目の中にある「毛様体筋」の酷使が主な原因です。
では具体的にどういった行為が毛様体筋の酷使に繋がるのでしょうか。スマホ画面の長時間注視や、暗い場所でのスマホ利用がよくいわれる行為として挙げられます。さらに見逃しがちな行為として、「スマホ画面を素早く上下にスクロールしそれを目で追う行為」もあるので、スマホの操作方法にも注意が必要です。

スマホ老眼の原因はスマホ以外にもある

スマホは画面が小さく、特に目を酷使しやすいため名前に用いられていますが、スマホ以外にもスマホ老眼の原因はあります。
例えば、テレビやパソコン、タブレットなどがあり、これらは目に影響を与える可能のあるブルーライトを発する点でスマホと共通しています。

また、ブルーライトを発しない本や書類でも、長時間見続けるとスマホ老眼になる場合があるので、「読書の時間を決める」「間に休憩を挟む」など、気をつけつつ読むようにしましょう。

スマホ老眼の予防に効果的な5つの方法

スマホ老眼は正しい方法を知り実行すれば、予防も可能です。ここからは、スマホ老眼の予防に効果的な方法を5つ紹介していきます。

十分な睡眠をとる

スマホ老眼予防のために大切なことの一つが、十分な睡眠です。
老眼と違い、スマホ老眼の原因は目の酷使であるため、たとえスマホ老眼になったとしても睡眠を十分とると元の見え方に戻ります。そのため睡眠はスマホ老眼の予防だけでなく、症状の改善にも役立つといえるでしょう。

なお、十分な睡眠の基準はどれくらいなのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、それは人それぞれ異なります。ただ、日本人は6時間未満の睡眠だと睡眠不足を感じやすいといわれているので、基準がわからない場合は、6時間以上を目安にとるのがおすすめです。

スマホなど近くを長時間見すぎない

スマホ画面など近くを長時間見る行為を減らすのも、スマホ老眼の予防に効果的です。目に負担をかけないようにするには、1時間に1〜2回画面から目を離し遠くを見つめたり、30cm〜40cm以上画面から顔を離したりすると良いでしょう。

また、スマホのブルーライトも目に負担を与える可能性があります。スマホ画面にブルーライトカットシートを貼る、設定で画面の明るさを落とす、などは予防に効果的な方法の一つですので試してみましょう。

さらに、おすすめの方法は他にもあり、パソコンやスマホを使う作業を短い時間で区切ると長時間連続で画面を見なくてすむようになります。
例えば、20分作業したら5分休憩するというように、ルールを決めておくと目に負担をかけにくくなるとともに、集中力も維持できるのでおすすめです。

老眼鏡をかける

スマホ老眼は、ピント調整の役割を果たす毛様体筋への過度な負担により引き起こされるので、老眼鏡をかけてピント調整機能を補助するのもおすすめの方法です。毛様体筋への負担を軽減でき、スマホ老眼を予防できます。

老眼鏡を持っておらず、これから購入を考えているのであれば、目が疲れていない午前中に行くのがおすすめです。
目は起床後時間が経つごとに疲労が溜まり、目の機能もそれとともに下がるといわれています。そのため、午後以降の見え方に合わせて老眼鏡を作ると、過矯正になってしまう可能性があります。合わない老眼鏡はさまざまな目のトラブルのもとにもなるので、適切に作るようにしましょう。

目の周囲を定期的に温める

まぶたなど目の周囲を温めると、焦点を合わせる毛様体筋がほぐれ、スマホ老眼の予防につながります。
また水と脂でできている涙も、温めるとそれらがよく混ざり合い乾きにくくなるので、目の乾燥予防に役立ちます。

やり方は簡単で、市販されているホットアイマスクや、レンジで温めた蒸しタオルを5分〜10分ほど目を覆うようにのせるだけでOKです。

また、ホットアイマスクや蒸しタオルが準備できない場合は、擦り合わせて暖かくなった手で目を圧迫しないように温めるのも効果的です。ホットアイマスクや蒸しタオルほどではないものの、目のリフレッシュに役立つでしょう。

目に良い成分を摂る

目に良いとされている成分の摂取も、スマホ老眼を予防する上で重要です。
例えば、ルテインを含む食べ物を取り入れると、ブルーライトなど目に影響を与える光を吸収し、負担をかけにくくするといわれています。ルテインは緑黄色野菜に多く含まれており、ほうれん草は特に豊富なので、スマホ老眼予防にルテインをとり入れたい人へおすすめです。

また、目に良いとされている成分は他にもあり、アントシアニンには目の疲労によるかすみの症状を予防、緩和させる効果があるといわれています。アントシアニンは、ブルベリーやブドウ、夏野菜のナスなどに多く含まれており、食べ過ぎは注意が必要ですが、日々の食事に適量を取り入れていくとスマホ老眼の予防に役立つでしょう。

正しい知識をつけてスマホ老眼を予防しよう

スマホ老眼は、スマホなどを近距離で長時間使用し、毛様体筋に過度な負荷がかかることで引き起こされる症状です。スマートフォンを全く見ない生活は難しいですが、正しい知識をつけた上で早めに対策すれば予防することもできます。目のかすみが頻繁にあり「自分はもしかするとスマホ老眼かも」と心配になっていた人は、ぜひ今回紹介した5つの予防方法を実践してみてはいかかでしょうか?