老眼鏡の度数をチェック!自分で出来る測り方

share
老眼鏡の度数をチェック!自分で出来る測り方
40代から始まるといわれる老眼は、近くのものが見えづらくなります。自分はまだ若いからと老眼を放っておくと、今まで以上に眼を疲れさせ、かえって老眼が進むことが多いといわれています。自分に老眼の可能性があると気づいたら、適当に老眼鏡を選ぶのではなく、度数を測って眼の状態に合った一品を選びましょう。

老眼鏡の度数を自分でチェック

もしかして老眼かもしれないと気になったときは、まず度数を確認しましょう。見えにくい視力で無理に細かい文字を見続けると、疲れや肩こりの原因になることも。度数は簡単な方法でチェックできます。

人差し指の指紋で簡単に老眼チェック

自分の顔の前に人差し指の腹を向けて、少しずつ遠ざけます。その指紋がはっきりと見えるところが、ピントの合う距離となり「近点」と呼ばれているポイント。この近点が30センチ以上離れているのなら、老眼鏡が必要と言われています。

近点は、目のピントが一番近く合う距離のことで、老眼かどうかをチェックする大きな目安になります。また、遠くの距離がはっきり見える境目のポイントは「遠点」と呼ばれており、近点と遠点の間が視力で見ることができる領域。老眼は近点が遠くなることによりこの領域が狭くなる現象なので、文字を見る際は老眼鏡での矯正が必要となります。

老眼度数の簡単測定法

自分が老眼かどうか確認できたら、度数を簡単に測ってみましょう。
まずネットの「老眼度数側定表」をA4サイズで印刷します。この表を30センチの距離の裸眼で見て、文字のぼやけているところが現在の老眼度数となります。

老眼度数側定表は、あくまで簡易的な測定法なので、正確な視力度数が知りたいのなら眼科での検査が必要です。普段メガネを着用している人は、現在の視力も含めて老眼度数を眼科でチェックすることをおすすめします。

近視の人は、老眼鏡が必要ないと言われることもありますが、そんなことはありません。軽い老眼の場合、老眼鏡をかけない人も多いですが、知らないうちに眼に負担をかけていることも。ちょっとでも老眼の疑いを感じたら、眼を助けるつもりで老眼鏡の準備をおすすめします。

老眼鏡の目安度数

老眼鏡はご自分の視力を加味して選ぶのではなく、必ず試着することをおすすめします。

老眼鏡を試着してご自分の見たい位置でよく見えるものがベスト。試着しなかったことによって、見たい距離から近づけたり遠ざけたりしなければならない距離で見続けるのはストレスになります。

確実なのは医師の診断

自分で老眼の判断が難しい人は、左右の裸眼度数が大きく異なっている場合です。普段使っているメガネの左右のレンズ度数が大きく違う場合は、老眼鏡も微調整が必要なこともあります。

ほかにも、乱視や眼の病気がある人は、自分での老眼度数チェックが難しいことも。医師の診断で、自分の目の状態を正確に把握することをおすすめします。

老眼鏡の度数とは

自分の度数がわかったら、老眼の度数に関する注意点をチェックしておきましょう。老眼鏡が合っていない場合や買い替え時期など、視力が変化することもある老眼の度数についてご紹介します。

老眼鏡の度数が合っていない場合

老眼の度数が強いと、ピントが近いため、より目元に近い場所が見えやすくなります。しかし疲労感も伴うので長時間の目元作業には、正確な度数を把握することが必要です。

また、パソコンの画面などやや遠い場所を見る際は、弱めの度数が適することもあります。老眼鏡は、見る場所によって度数が変わってくるため、目的により適する老眼鏡を使うことがポイントです。

老眼鏡の買い替え頻度

老眼鏡の買い替え時期は、老眼度数が変化したときにおこないましょう。度数の変化は個人差もありますが、一般的には2~3年が目安とされています。今の老眼鏡で見えづらいと感じたら、老眼度数測定表や眼科での診断で正確な眼の状態をチェックしましょう。

また、眼鏡レンズの表面には傷防止や反射防止のためのコーティングがされています。このコーティングの効果が弱まるのが2年程度とされており、ちょうど老眼度数の変化の時期と一致しています。このため、2年おきに度数をチェックして新しい老眼鏡に変えることもおすすめです。

老眼鏡をかけると度数が悪化する?

老眼は加齢による自然現象であり、老眼鏡をかけてもかけなくても度は少しずつ進行していきます。老眼が進むとピントの合う距離が少しずつ遠くなっていくため、自分でも気づきやすいです。

進行しても無理して弱い度数の老眼鏡を利用していると、眼が疲労してしまうため、かえって老眼を進ませることになると言われています。

このため、適切な度数の老眼鏡で、眼にストレスを与えることなく楽に見ることが老眼の進行を遅くすることに繋がります。

ルーペと老眼鏡の違い

ルーペと老眼鏡は同じでは?と思う人もいますが、ルーペは単純に物を拡大するだけで、眼の調節機能にはなりません。老眼鏡は、水晶体のピント調整機能を補助して見たい距離での視力を矯正するもの。より自然に楽に手元を見ることができるので、用途によりルーペと使い分けましょう。

老眼鏡なら愛眼がおすすめ

メガネ専門店愛眼の老眼鏡をご紹介します。愛眼では長時間かけても心地よいフィット感が得られ、軽量で使いやすい老眼鏡が揃っています。自分の度数をチェックしたら、多くの老眼鏡から最適な一品を選びましょう。

リーディンググラス GR17-BR

読書やスマホ、パソコンやゲームにぴったりのリーディンググラス。日本人の顔にフィットするジャパンフィット仕様で、ブルーライトカット機能もあるため、長時間使用しても疲れにくいです。

スタイルに合わせて素材や色合いが選べて、丈夫な弾性プラスチックフレームと若々しいカラーリングが特徴。持ち運びにも便利で、スタイリッシュな印象にしてくれます。

リーディンググラス GR50-UP

手元以外は老眼鏡が必要なかったり、2枚のメガネを使い分ける必要がある人は、便利な跳ね上げ式がおすすめです。

お洒落なウェリントン型デザインは若々しい印象にしてくれます。紫外線を99%カットするUV400のレンズを使用しているため、日差しが強い屋外での使用にも適しています。また、ブルーライトカット機能もあり、眼の健康を総合的にサポートします。

初めての老眼鏡はまず度数をしっかりチェックして

日常で近くの文字が見えづらいと感じたら老眼の可能性があります。老眼鏡は最初に正しく度数を測ることがポイント。適当に度数を選ぶと、はっきり見えないため眉にしわを寄せる原因にもなります。
自分で度数のチェックもできますが、確実なのは医師の診断です。

近視の人はピントが合いづらいため、遠近両用めがねを使用して、眼に負担をかけることなく楽に文字を見るようにしましょう。