老眼の症状や検査内容について。老眼の矯正方法も紹介

share
老眼の症状や検査内容について。老眼の矯正方法も紹介
スマートフォンの小さな文字が見えにくかったり、本や新聞などの文字を少し眼から距離を取らないと見えにくい時はありませんか。これらの症状は、老眼が原因の可能性が。この記事では、老眼の症状や原因、老眼の検査方法、老眼の矯正方法などをご紹介します。

老眼の症状や原因

老眼の症状や老眼になる原因についてご紹介します。老眼の症状を把握し、症状を自覚したら早めに眼科を受診するようにしましょう。

老眼の症状とは

老眼は、加齢に伴って、誰にでも起こり得る目の症状です。老眼には、薄暗い場所で本や地図が読みにくい、新聞や本を読むときに、少し離さないと文字が見えにくい、スマートフォンなどの小さな文字が見えにくいなどの症状があります。

ですがこのような症状があったとしても、老眼とは一概には言えません。白内障など、ほかの目の病気の可能性もあるので、老眼のような症状を自覚したら、早めに眼科を受診するようにしましょう。

老眼の原因①:水晶体の硬化

老眼は、眼の水晶体が硬化することが原因で生じてしまいます。水晶体はカメラのレンズのような仕組みとなっており、ピントを合わせて世界を映し出す働きがあります。水晶体は20歳を過ぎた頃から、年齢を重ねるごとに柔軟性が低下していき、ピントを合わせる力が弱くなっていきます。40歳を過ぎると眼前30cmより近いものが見えにくくなってしまう方が多くなります。

この水晶体が灰色になると、白内障となります。白内障を見落とさないためにも、眼のピントが合わなくなってきたら、一度眼科を受診するようにしましょう。

老眼の原因②:毛様体筋の衰え

毛様体筋の衰えも老眼の原因です。毛様体筋とは、水晶体を支える眼の筋肉のことで、光が目に入ると収縮し、水晶体の厚みを変化させ、ピントを調整する働きがあります。毛様体筋は年齢と共に老化します。毛様体筋が老化して、収縮力が衰えると、水晶体の厚みを変化しにくくなり、ピントが調整できなくなります。

また毛様体筋には、水晶体を潤すために必要な房水を運ぶ役割もあります。房水を運ぶ働きが衰えると、水晶体が硬化し、老眼を引き起こしてしまいます。

老眼の原因③:虹彩の動きの鈍化

虹彩の働きが鈍化すると、老眼の症状が出てくることも。虹彩とは、瞳孔の周りにある筋肉のことで、瞳孔の大きさを調整する働きがあります。虹彩は若い時は大きく、加齢に伴って縮小していきます。虹彩が衰えると、瞳孔の大きさを調整できなくなるため、薄暗い場所で見えにくくなったり、色のコントラストが判別できなくなるといった老眼の症状が出てきます。

老眼の検査方法

老眼と思い当たる節があったら、まずは眼科へ行くようにしましょう。老眼と思っていたものが白内障だったというケースも。老眼の検査方法をご紹介します。

①視力測定

まずは視力測定から。老眼の症状であっても、視力測定は必要です。視力測定は、アルファベットの「C」に似た記号の検査表を一定の距離から見て、環の切れ目が識別できるかどうかを調べます。遠近両用の眼鏡やコンタクトを作る際も、視力測定の結果が必要になります。

②近見視力検査

老眼の症状があれば、近見視力検査を受けることが多いです。近見視力検査とは、30cmほどの距離から検査表を見たり、文字の並んだ視力検査表を片目ずつ見て、どの大きさまで見えるか調べる検査。肉眼で見た視力と矯正器具をつけて測定した視力、両方の視力測定を行います。

③眼圧測定

眼圧測定は、眼の病気を発見するために必要な検査です。眼圧とは、眼球の形を維持するために必要な眼の中の圧力のことで、眼の中を満たしている房水と呼ばれる液体の量によって変動します。眼圧が正常範囲内でない場合、緑内障や網膜剥離といった病気が疑われます。老眼とは直接関係なさそうな検査でも、医師の指示による検査はできるだけ受けるようにしましょう。

④細隙灯顕微鏡検査

細隙灯顕微鏡検査は、眼の中にキズがないか、またキズの程度を調べる検査です。フルオレセインと呼ばれる蛍光色素を使い、細隙灯顕微鏡を使って特殊な光を当て、眼球の状態を観察。眼にキズがあるとその部分が緑を帯びた蛍光色に染まり、キズの有無や程度を把握できます。

老眼の矯正方法

検査後医師の診察があり、「老眼」と診断されたら、医師や視能訓練士とよく相談し、自分のライフスタイルに合った矯正方法を選択していきましょう。老眼の矯正方法は、白内障であるかどうかも関わってきます。老眼の矯正方法についてご紹介していきます。

①老眼鏡

老眼鏡は、老眼で近くにピントがあわせづらくなった状態を補正するアイテム。眼距離は、人それぞれ違います。パソコンを多く使用する方は眼距離50cmが良く、読書には眼距離40cmが見えやすいと距離といわれています。老眼鏡はライフスタイルに合わせて選んでいきましょう。

老眼鏡は、医師から処方箋を発行してもらい、その処方箋を持って眼鏡店に行くと、自分に最適な老眼鏡を作ってもらうことができます。また遠近両用の眼鏡などもおすすめです。

②遠近両用コンタクトレンズ

最近の遠近両用コンタクトレンズは、遠近の二つの度数だけでなく、二つの度数の中間部分も自然に見える構造。「手元の度数」から「遠くの度数」への境目がないため、遠くも手元も見えやすく、しかも瞬時にピントが合うようになっています。

遠近両用のコンタクトレンズをつけ始めた頃は、ピントを合わせることに戸惑いを感じる人も多いですが、ほとんどの方が1週間くらいで使いこなせるようになっています。

③手術

老眼の進行具合によりますが、ミドルエイジレーシックという手術を行うこともできます。ミドルエイジレーシックは、近くも遠くも裸眼で十分に見えるようになる老眼の矯正手術です。進行の進みすぎた老眼には、適応できない場合もあります。手術のため、眼科医とよく相談してから決めるようにしましょう。

白内障の方①:単焦点眼内レンズ

白内障は、薬で治すことができないので、手術が必要になります。白内障の手術に使用するレンズは2種類あり、一般的には「単焦点眼内レンズ」が用いられています。単焦点眼内レンズの手術は、保険適用内です。単焦点眼内レンズは、名のとおり、近くか遠く、どちらか一点が見やすくなる手術です。つまり、近くを見るか、遠くを見るか、どちらかを選ばなければなりません。

「近くを見る」を選択した場合は、術後は一般的な眼鏡、「遠くを見る」を選択した場合は、術後老眼鏡が必要となります。

白内障の方②:多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、近くも遠くも見えるようになるレンズです。多焦点眼内レンズには、いくつかの種類があり、中間距離にピントを合わせることができるレンズも。

しかし機能の優れたレンズは、先進医療対象外であることが多いです。選択するレンズによっては、高額になる場合も。それぞれのレンズのメリット、デメリットをしっかりと把握して、医師とよく話し合い、後悔をしないようにしましょう。

老眼の自覚症状が出たらまずは検査を

本や新聞の文字が見えにくくなった時は、老眼の可能性があります。このような自覚症状が現れたら、まずは眼科を受診しましょう。眼科を受診しないと、白内障などの他の病気を見落とす危険性があります。老眼の矯正方法には、老眼鏡や遠近両用コンタクトレンズなどさまざまなので、自分に合った方法を選びましょう。