コンタクトレンズを外すコツは?正しい入れ方&外し方をご紹介

share
コンタクトレンズを外すコツは?正しい入れ方&外し方をご紹介
コンタクトレンズを外すとき、入れるときと同様にレンズを通して指が眼球に触れるので、恐怖心を感じる人もいるでしょう。そこで今回は、知っておきたいコンタクトレンズの正しい外し方と、簡単にコンタクトレンズを外すコツを紹介します。正しい入れ方を知り、コンタクトレンズを適切に扱って快適に過ごす参考にしてくださいね。

コンタクトレンズの正しい外し方

コンタクトレンズとケース

まずはコンタクトレンズの正しい外し方をチェックしましょう。コンタクト初心者は小さくて繊細なコンタクトレンズの取り扱いに緊張しがちですが、正しい外し方を知って実践を繰り返すと、スムーズに取り扱いできるようになります。

コンタクトレンズを外す前にやること

コンタクトレンズを外す前に、しっかりと手を洗います。これは、コンタクトレンズだけでなく目を守るために必要なプロセスです。
人の手は、思っているよりも皮脂や雑菌などで汚れているもの。それらを洗い流さずにコンタクトレンズを外そうとすると、コンタクトレンズや目に汚れが付着する可能性があります。汚れがついたままのコンタクトレンズを使用すると、視界不良だけでなく、アレルギーなど目の病気の原因となるケースも。
特にソフトコンタクトレンズは、汚れがつきやすく堆積しやすいレンズです。長く違和感なく使用するためにも、使用前の手洗いを念入りに行いましょう。

コンタクトレンズの正しい外し方<ソフト>

1.鏡の前で顎を引き、少し上目遣いで鏡を見る。
2.利き手の中指で下まぶたを引き下げる。
3.反対の手の人差し指で上まぶたを引き上げ、目を大きく開く。
4.利き手の人差し指でコンタクトレンズに触れ、外れやすくするために少し左右に動かす。
5.利き手の親指と人差し指の腹をくっつけ、Vの字を作る。
6.Vの字の状態でコンタクトレンズを優しくつまむ。
7.下側の白目まで引き下げる。上目にすると外しやすい。
8.コンタクトレンズを押し上げるようにして、外側に向かって外す。

片手で外すのが苦手な人は、利き手の反対の手の親指と人差し指でまぶたを上下に大きく開き、利き手でレンズを外しましょう。

コンタクトレンズの正しい外し方<ハード>

目を見開くまではソフトコンタクトレンズとほぼ同じですが、外し方が異なります。

1.目を大きく開け、人差し指で目尻を外側に引っ張る。
(右目のコンタクトレンズは右手で、左目のコンタクトレンズは左手で)
2.軽くまばたきをする。
3.まぶたに押し出される形でコンタクトレンズが外れる。
4.反対の手でコンタクトレンズをキャッチする。

ソフトコンタクトレンズは直接レンズに触れて外しますが、ハードコンタクトレンズはレンズに触れず、まぶたに引っかかるのを利用して外すのが特徴。外れたときに落として紛失や、排水溝に流れてしまうケースが多いので、タオルや洗い桶を置くなどしてレンズを紛失しないよう注意しましょう。

コンタクトレンズを簡単に外すコツ

コンタクトの脱着をする女性

正しい外し方を実践しているはずなのに、うまく外れなくて困っている方もいるかもしれません。少しのコツをおさえることで、コンタクトレンズが簡単に外れるようになります。

手を洗ったらしっかり拭く

コンタクトレンズを外す前に手を洗いますが、洗い終えたらしっかりと水気を拭き取りましょう。
濡れたままの手で外そうとすると、下まぶたを押さえている中指が滑ったり、レンズを左右に動かす際に人差し指が滑ったりと、スムーズに操作できません。
誤って指が眼球に触れると痛みを伴うため、タオルなどでしっかり手を拭きましょう。
さらに、水道水がレンズに触れると変色や変形の原因になることも。水道水に含まれる微生物がレンズに付着し、感染症などの恐れもあります。ソフトコンタクトレンズは水道水での洗浄や保存をしないようにしましょう。

少し上目遣いにする

ソフトコンタクトレンズの正しい外し方でも触れましたが、少し顎を引いて上目遣い気味だとコンタクトレンズを外しやすいです。
ソフトコンタクトレンズを外すときはレンズの下側をつまんで取り外しますが、上目遣いによってつままれるレンズ下部分が目の中央にある状態になり、最も広く周囲に何もない状態で外しやすくなります。
正面を向いて外そうとすると、つままれるレンズ下部分は目の下方にあり、下まぶたが邪魔で外しにくくなってしまいます。目線が正面から外れると指と黒目の距離が離れて感じ、恐怖感も薄れます。

レンズを黒目からずらす

コンタクトレンズは黒目が中心にくるよう真上に装着しています。その状態でコンタクトレンズの中央ラインをつまんで外そうとすると、黒目と指が近く恐怖感が増す上に、視界のほとんどが指になって取り外しにくいです。
少し上目遣いにすると上記の問題がいくらか解決されますが、つまむ前にレンズを黒目からずらすとさらに外しやすくなります。
レンズが外れやすいよう人差し指で左右にずらす際に、中央に戻すのではなく少し下にずらし、その状態でレンズの下方をつまんで外すと、指と黒目の距離がさらに遠くなり外しやすくなります。

コンタクトレンズを正しく扱おう

目薬をさす女性

毎日使う人も多いコンタクトレンズ。正しい取り扱いをして、快適に活用したいですね。
外し方だけでなく、正しい付け方を把握しておくことも大切。どうしてもコンタクトレンズが外れない場合の対処や、長い爪でもコンタクトレンズを上手に外す方法も紹介します。

コンタクトレンズの正しい付け方

正しい付け方が実践できていないと、装着時に違和感や使用に支障をきたすことも。正しい付け方をチェックしておきましょう。

1.外すときと同じで、しっかり手を洗い、タオルで水気をしっかりふき取る。
2.指の腹を使ってケースからコンタクトレンズを取り出す。
うまく取り出せない場合は、ひっくり返して保存液ごと出す。
3.ソフトコンタクトレンズの場合は裏表を確認。
指の腹に載せて横から見たとき、レンズの端が外に向いていたら反対。
4.人差し指の腹にのせる。
5.コンタクトレンズをのせた手の中指で下まぶたを、反対の手の人差し指で上まぶたを引っ張り、目を大きく開く。
6.優しくコンタクトレンズをつける。
7.数回まばたきをしてなじませる。

コンタクトレンズを外すときと同じで、装着時に上目遣いにし黒目より少し下にレンズを入れ、中央にずらすと付けやすいです。

コンタクトレンズが外れないときは

コンタクトレンズがうまく外れない理由の多くは、乾燥。レンズが眼球に張り付いたような状態になり、無理して外そうとすると目が引っ張られるような感覚になります。
乾燥しているときは、目薬をさして十分に潤いを与えると外れやすいです。目薬がない場合はまばたきをたくさんして涙で潤いを与えてください。
また、コンタクトレンズは就寝前に必ずとるようにしましょう。付けたまま眠ってしまい、起きてから外そうとするとなかなか外れなくなってしまいます。
目に潤い与えても外れない場合は、無理せず眼科へ相談しましょう。

長い爪でコンタクトレンズを外す場合

爪が長いと、コンタクトレンズを外すときに爪が眼球に刺さってしまうことも。目を傷つけてしまい、コンタクトレンズの使用そのものが難しくなる場合もあるので、できるだけ爪は短くしておきましょう。
しかし女性の中には長い爪でネイルアートを楽しんでいる人もいるでしょう。その場合は、指の先ではなく指の腹を上手に使って外します。

普通は親指と人差し指を揃えVの字を作ってレンズをつまみますが、顔に対して垂直ではなく水平に指の側面を当てるようにしてレンズをつまみ、外しましょう。目薬などで十分に潤いをもたせてからだと、さらに外しやすいです。

コンタクトレンズの外し方のコツを掴んで快適に過ごそう

コンタクトを持つ女性

初めてのコンタクトレンズ生活だと、コンタクトを外すのも一苦労ですよね。しかし、正しい外し方と簡単に外すコツを知っておけば、すんなりと外せるようになります。
コンタクトレンズに優しく触れる分には、目への刺激・痛みもほぼ起きません。正しい外し方を実践してもなかなかうまく外せない場合は、付け外し器具もあるため、そちらを利用するのもおすすめです。
正しい取り扱いをして、コンタクトレンズがある快適な生活を楽しみましょう。