【 初心者向け 】ソフト(使い捨て)コンタクトの裏表を見分ける方法。逆に付けるとどうなる?

share
【 初心者向け 】ソフト(使い捨て)コンタクトの裏表を見分ける方法。逆に付けるとどうなる?
ソフトコンタクトレンズは、フチの形状を見たり力を加え曲げたりすることで裏表を見分けることが可能です。裏表を逆に付けてしまうと、目に違和感を感じたり、視界がぼやけたりする原因となります。この記事では、おもにコンタクト初心者に向けてレンズの裏表の見分け方や、裏表に付けるとどのような影響があるのかを紹介します。

ソフトコンタクト(カラコン)の裏表

小さなお皿のような形をしているコンタクトには、表と裏があります(カラコンも同じく)。逆に装着すると違和感を感じる場合も。まずはコンタクトの裏表の見分け方について解説します。

コンタクトのフチを見る

指の腹に軽く乗せてフチの形状を確認すると、コンタクトの裏表を見分けられます。目に触れる方が表とされますが、表がきちんと内側にあればレンズのフチがきれいな丸い曲線を描きます。裏表が反対になっていると、フチだけが波打つように外側に反り、丸い曲線になりません。

数字を見る

すべてのコンタクトレンズではありませんが、裏表が分かりやすいよう数字などを印字しているコンタクトメーカーがあります。

例えば「123」などの数字が印字されており、レンズの裏表が正しければ左から「123」と読めますが、裏表が逆だと「321」の各数字自体が反転して見えます。自分が普段使用しているコンタクトに、裏表を見分けるためのマークや数字などの印が入っているか一度確認してみましょう。

カラコンの裏表の見方

カラコンは、色や柄の入ったレンズを使用しています。そのため柄の入っていない一般的なコンタクトとは、裏表の見分け方に違いがあります。ここからは柄が入っているカラコン特有の見分けについて紹介しましょう。

軽く力を加える

レンズを軽く折り曲げてみても、裏と表は見分けることが可能です。
コンタクトを二つ折りにするように軽く力を加えた時、内側へ巻き込むようにして自然に折り曲がれば裏表が正しい状態です。

反対に外側へと開くように反発するような場合は、裏表が間違っているかもしれません。確認する時は、レンズを爪などで傷つけないように注意しましょう。

コンタクトを裏表逆に付けるとどうなるのか

目に違和感を感じたら、コンタクトが表裏逆になっているかもしれません。コンタクトは裏表を確認してから装着するのが基本ですが、もし裏表を逆に付けて使用した場合にはどのような影響があるのでしょうか。不具合を放置すると目の病気につながるケースもあるため、しっかりチェックしておきましょう。

モノが見えにくくなる

裏表を間違った状態でコンタクトを使っていると、視界の見え方に影響します。コンタクトは黒目にかぶさる中心部分に度が入っていますが、反対に付けると見え方が著しく下がります。そのため多くの人は、裏表が逆になっていることにすぐ気づきます。

一方で、視力が優れない人は見え方の変化や裏表の逆に気づきにくい場合もあります。少しでも違和感を覚えたら、すぐにコンタクトを外して裏表を確認するのが望ましいでしょう。

目に違和感を感じる

コンタクトは目の角膜のカーブに合わせて作られています。目の角膜は黒目部分と白目部分のカーブが少し違い、黒目部分が少し前に出た形。コンタクトはこの形状に合わせた設計で、白目の部分にかかっているレンズが引き伸ばされることで黒目からズレないようになっています。

コンタクトを裏表が逆になったまま装着していると、角膜にうまくフィットせずレンズがズレやすくなり、目がゴロゴロするといった違和感が生じてしまいます。

目の病気の原因になる

目がゴロゴロするなどの違和感をそのままにしてコンタクトを付け続けていると、レンズが目を傷つけて炎症などを引き起こす場合があります。結果的に目の病気へとつながってしまう可能性もあるため、違和感を覚えて裏表が逆かもしれないと感じた場合は、すぐにコンタクトを外しましょう。

裏表を逆に付けた後の付け直し方

コンタクトの裏表を逆に装着してしまったら、焦らず正しい付け直し方で対処しましょう。

正しくコンタクトを外す

目に違和感を感じてコンタクトの裏表を間違えて装着したのではないかと思ったら、すぐに外します。正しいコンタクトの外し方を確認しておきましょう。

まず目を大きく開き、コンタクトを外したい目と同じ側の人差し指の腹を使って黒目から優しく下にずらします。その状態で、同じ手の親指と人差し指の腹でレンズの下部をつまんで取り外します。

人口涙液を使う

違和感を覚えた時に、コンタクトをすぐに外したくても乾燥して外しにくい場合があります。そうした時に便利なのが、レンズを付けたままでも使用できる目薬、点眼液です。人口涙液は、人の涙に近い成分で作られた点眼液でレンズを付けたまま点眼できます。涙に代わって目を潤し、レンズが外しやすくなります。

コンタクトを付け直す時の注意点

最後に、コンタクトを付け直す時の注意点について紹介します。裏表の間違いによる不快だけでなく、快適にコンタクトを使用するための対策にもなります。

コンタクトの使用期間を確認する

ソフト(使い捨て)のコンタクトは、1日、2週間、1ヵ月と使用期間が異なるさまざまなタイプがあります。この使用期間を誤って解釈している人がいるようです。

例えば使用期間1日を前提としたワンデータイプのコンタクトは、1日の間に何度も付け外しして良いわけではなく、一度外したら再使用できません。また、2ウィークタイプのコンタクトは、開封後2週間で使用を終了するアイテム。使用した日がトータルで14日に満たなくても、開封後2週間経過したら新しいコンタクトに交換しなくてはなりません。

指定の期間を経過して使用すると、汚れの付着や雑菌の繁殖の元となり目の病気へつながりかねませんので、使用期限をきちんと守りましょう。

適切なお手入れをする

コンタクトの汚れは、たとえ目にゴミが入るなどの外部からの汚れがなくても、涙から汚れが蓄積されます。涙に含まれるタンパク質や脂質がレンズについて溜まり、装着時の違和感やくもりの原因になるため、これらをしっかり除去することが大切です。

コンタクトを外した後だけでなく、付ける前の洗浄もしっかり行いましょう。コンタクト用の消毒液を使用し丁寧にこすり洗いします。なお、ソフトのコンタクトの洗浄やケアに水道水は使用できません。適切なケア用品を用いてお手入れをしましょう。

コンタクトの予備を持っておく

出先などでコンタクトの裏表を間違えて付けていることに気づいた場合、すぐに付け直すのが難しいこともあるでしょう。そのような場合に備え、コンタクトレンズの保存液とケースを常に持ち歩いておくと便利です。ワンデータイプのコンタクトを使用している人は、未使用のコンタクトを予備として持ち歩くのがおすすめ。コンタクトが急に外れてしまった場合などにも対応できます。

コンタクトを裏表逆に付けてしまった時はすぐに対処を

コンタクトの裏表を逆に付けてしまった場合は、早めの対処が大切です。コンタクトの使用期間によっては新しいものに付け替える必要があるため、予備を持っておくのがおすすめ。裏表を逆に装着すると違和感がありますが、もし付け直しても解決しないなど気になることがある場合はきちんと眼科で診てもらいましょう。裏表の見分け方をマスターし、適切な取り扱いで快適にコンタクトを使用してください。