ゴロゴロしてコンタクトがずれる原因は?予防と対処法を知って快適な着け心地に

share
ゴロゴロしてコンタクトがずれる原因は?予防と対処法を知って快適な着け心地に
コンタクトがずれる原因は乾燥が多いです。その他、装着方法の間違いや日々の取り扱い方がコンタクトのずれを引き起こす場合があります。本記事では、コンタクトがずれる原因や予防法、ずれてしまった時の対処法を紹介します。また、ずれたコンタクトが見つからない場合の対処法も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

コンタクトがずれる原因

コンタクトがずれてしまう主な原因は乾燥と言われていますが、そうした環境的要因の他、人為的な要因や目の病気などの身体的な要因の場合もあります。まずはコンタクトがずれる原因をチェックしましょう。

裏表逆に装着している

コンタクトには裏と表があります。指の腹に乗せて横から見た時に、フチがお椀のように丸みを帯びている状態が表です。

裏になっていると、コンタクトのフチが外側に反ったような形に見えます。裏のまま装着すると瞳にしっかりとフィットせず、コンタクトがずれる原因に。他にも、目がゴロゴロするなどの違和感にもつながるので正しい付け方を徹底しましょう。

目が乾燥している

コンタクトの使用では、瞳の潤い、つまり涙が大切な要素です。潤いがあることでコンタクトが瞳にやわらかくフィットしますが、乾燥しているとコンタクトは目に張り付いてしまいます。

さらに目の乾燥は、コンタクトとまぶたの摩擦を引き起こす恐れもあるので要注意。こちらもコンタクトのずれや目の違和感につながるため、乾燥の対策が大切です。

結膜炎になっている

コンタクトのずれには目の病気も関係している場合があります。なかでも多いのが結膜炎です。結膜炎は、まぶたの裏側と目をつないでいる半透明の「結膜」という膜が炎症を起こし、赤くなる病気です。

結膜炎になると、大量の目やにや涙が出ます。コンタクトを装着し続けることが難しい状態になり、結果的にコンタクトがずれやすくなってしまいます。結膜炎になったらコンタクトを付けるのをやめて、眼科を受診しましょう。

目にゴミが入っている

目の中にゴミが入ってゴロゴロとした違和感があったり、コンタクトに汚れが付着していたりする場合も、ずれやすさにつながります。

コンタクトが汚れたまま装着すると、先ほど紹介した結膜炎の原因にもなる可能性もあります。コンタクトの洗浄や保管など、日々のケアをきちんと行うことが大切です。

合わないベースカーブのコンタクトを使っている

コンタクトのカーブの付き方を数値化したものを“ベースカーブ”と呼びます。ベースカーブの表記はBCで、単位はミリです。数値が大きいほどカーブはゆるく、数値が小さくなるほどカーブはきつくなります。自分の目の形にマッチしていないベースカーブのコンタクトを付けると、ずれやすさや外れやすさを招きます。

コンタクトがずれるのを予防する方法

コンタクトがずれる原因ごとに、日頃からできる対策があります。コンタクトのずれによる不快を回避できる予防方法を紹介します。

正しいベースカーブを知る

まずは、コンタクトを選ぶ時にできる対策です。眼科で検査を受け、目の角膜の形状に合ったベースカーブを選びましょう。

どんなに良い商品でも、ベースカーブが自分に合っていなければ使用時の違和感につながってしまいます。目の病気などを予防するためにも、眼科での定期検診は欠かせません。

コンタクトを清潔に保つ

コンタクトに付着した汚れは、ごろつきなどの違和感や目の病気につながりかねません。コンタクトの適切な取り扱い方法やケアの仕方を実践し、ずれの原因となるゴミや汚れを取り除きましょう。

コンタクトに触れる前に、しっかりと手を洗うことは最も大切な工程の1つと言えます。また、専用の洗浄液や保存液を使用し、正しい洗浄・保管を心がけてくださいね。

コンタクトを正しく装着する

裏表に注意してコンタクトを正しく付けることが、何よりもずれの対策になります。さらに、裏表だけでなく左右にも気を付けましょう。ベースカーブについても、必ずしも左右が同じ数値(同じ目の形)とは限りません。

度数やベースカーブが異なる左右のコンタクトを間違えて装着すると、違和感につながりずれの原因となります。コンタクトを付ける時は、カーブの確認が必須。また、装着後は瞬きを数回して、コンタクトを目に馴染ませるのがおすすめです。

目の乾燥を防ぐ

冷暖房の使用や長時間のコンタクト装着など、目の乾燥を招く原因は身近に多くあります。例えば冷暖房を使用している時は、定期的に目薬をさすなどの対策がおすすめです。

また、コンタクトの使用が長時間になりすぎないよう注意し、時にはメガネを併用しましょう。簡単にできる乾燥の対策は、瞬きです。瞬きを多くすると涙が目の表面に移動して、目が潤いやすくなります。

コンタクトがずれた時の対処法

コンタクトがずれてしまった場合は、慌てず落ち着いて対処することが大切です。コンタクトのずれを上手に直す方法、対処法を紹介します。

目を上下左右に動かす

目を動かしているうちに、ずれたコンタクトが正しい位置に戻る場合があります。鏡を見ながら、ゆっくりと目を大きく動かしてみてください。コンタクトがずれている方向と逆の方向に目を動かすと直るケースもあります。焦らず、無理にレンズを動かすことはせずに対処しましょう。

目薬をさす

乾燥が原因でコンタクトがずれた時は、目薬が便利です。必ずコンタクトの上から点眼できる目薬を選んでください。また、ずれを感じてからではなく、コンタクトを付ける前にしっかり目を潤わせることも効果的です。そこでおすすめなのがコンタクト装着液。スムーズな装着と使用をサポートしてくれます。

コンタクトを外す

目にゴミが入ってごろごろしてコンタクトがずれる、または裏表を逆に付けてしまいコンタクトがずれる場合は、外してきれいに洗ってからもう1度装着するのがおすすめ。使用しているコンタクトが1dayタイプの場合は新しいレンズに変えましょう。

装着し直しても違和感がある場合は、無理な装着を続けず眼科を受診してください。乾燥が原因でコンタクトが目に張り付いている時は、無理に引っ張ってはいけません。目薬をさし、十分な潤いを与えてから外しましょう。

ずれたコンタクトが見つからない時は

確かに目にゴロゴロとした違和感があるのに、どうしてもコンタクトが見つからない、そんな経験をしたことがありませんか?また、少しずれたコンタクトを直すために目を動かしていたら見失ったというケースも。最後に、コンタクトが見つからない時の対処法を解説します。

落ち着いてコンタクトを探す

ずれたコンタクトが眼球のうしろ側までまわることは、目の構造上ありません。白目の部分やまぶたの裏側などにないか、鏡を見ながら落ち着いて探しましょう。

自分で見つけられない時は、他の人に見てもらうのもおすすめです。その場合はライトの下など明るい場所で見てもらうようにします。ペンライトなど、ピンポイントで照らすアイテムがあるとさらに見やすいですよ。

水中で瞬きする

水中で何度か瞬きをするうちに、自分では見えない場所に隠れていたコンタクトが外れる場合があります。洗面器やボールなどにたっぷりと水を張って、顔をつけて瞬きをします。

こちらの方法を行う時は、正しく装着できている方のコンタクトは外しておきましょう。両目にコンタクトが入った状態で行うとどちらも外れてしまい、左右がわからなくなる可能性があるためです。

眼科を受診する

自力で見つける方法をいろいろと試してもコンタクトが見つからないようなら、ただちに眼科を受診しましょう。もしかしたら既に外れているかもしれませんが、目の中に残っている場合も考えられるため、医師に確認してもらうのが懸命です。

ずれたコンタクトを戻そうと、必要以上に目をこすったりまぶたを押したりすると、目に傷をつける原因になるため避けましょう。

コンタクトがずれる原因と対処法を知って快適に使おう

コンタクトがずれる原因の多くは乾燥や装着方法の間違いで、環境や取り扱いに注意することで軽減できます。いざコンタクトがずれてしまったり、ずれたコンタクトが見つからなかったりという場合も、適切な対処法を知っていれば落ち着いて解決できます。不快感を生むコンタクトのずれを防止して、快適な生活を送ってくださいね。