お子さんが手遅れになる前に!3歳児までに視力検査を受ける重要性

share
お子さんが手遅れになる前に!3歳児までに視力検査を受ける重要性
一生ハッキリ見えないと言われている「弱視」の子ども。視力検査により、早期に発見できていたら救えたかもしれないことをご存知ですか。幼児には、3mの距離で行なう「遠見視力検査」は難しいのですが、30cmの距離で行なう「近見視力検査」 なら容易に、しかも短時間に正確にできます。子どもの視力について40年以上研究している桃山学院大学名誉教授の高橋ひとみ先生に、詳しいお話を伺いました。

Q:高橋名誉教授は3歳児の視力検査の重要性を広める活動をされていますが、そこに着目されたきっかけを教えてください。

「子どもの視力」の研究を40年以上続けてきました。視力不良による負担なく、すべての子どもが公平に学校教育を享受できる社会を目指して、研究を行なっています。

「学校教育を円滑に進める」ために、学校では健康診断が行われています。その項目に、視力検査があります。現行の視力検査は、「学校教育を円滑に進めるためには教室のどこから見ても黒板の文字が見える視力が必要」として、5mの距離で行なう遠見視力検査です。

しかしながら、「黒板の文字が見えても、教科書やノート、PC 画面の文字が見えない」子どもがいます。一般的に、「遠くが見えれば近くも見える」との思込みがありますが、「遠くを見る視力」と「近くを見る視力」は異なります。

ICT 教育の推進により、これまでの黒板中心の学習形態から、タブレット中心の学習形態に変化してきました。児童生徒、ひとりひとりにタブレットが配布され、タブレットを使った授業が行われるようになりました。ところが、タブレット画面の文字が判読できない子どもがいるのです。

学校教育を円滑に進めるためには、黒板の文字が判読できる「遠見視力」に加えて、教科書やPC画面の文字を判読できる「近見視力」が必要です。

そこで、「遠見視力検査のみでは見逃される」近見視力不良者の存在を明らかにするために、遠見視力検査と近見視力検査を実施し、その関連を検証してきました。しかしながら、学校で視力不良者を発見しても、「すでに手遅れの子ども」がいることが分かりました。「眼鏡をかけても矯正視力がでない弱視の子ども」です。三歳児健診や幼稚園・保育園で視力検査を受けてきた筈なのにです。

この検証結果を受けて、「手おくれの子ども」をださないために、3歳児の視力検査の実施率および受検率を上げる必要性を痛感しました。三歳児健診や幼稚園・保育園で視力検査を受け、眼の異常や疾病を発見し、3歳から治療を開始すれば、小学校入学までには良好な視力の改善が期待できます。視力不良による負担なく、義務教育を開始することができます。

3歳児の視力検査の重要性を多くの人に、特に、幼児をもつお母さんやお父さんに伝えたいと、講演やワークショップを開催しています。

Q:なぜ3歳児なのでしょうか?

図1

ヒトの視覚は「発達する時期」が限られています。これを、「視覚の感受性期」といいます。視覚は、3ヵ月~18ヵ月をピークに発達し、3歳頃には両眼視機能と眼球運動機能の発達が終ります(図1)。

図2

両眼視機能と眼球運動機能が正常な発達をすることにより、外界の光情報が「網膜上に像を結び」ます。光情報が「網膜上に焦点を結ぶ」と、網膜の視細胞が「光情報を電気信号」に変えます。そして、「電気信号を脳へ伝える」ために、すなわち、「眼の情報を脳へ伝える」ために、視神経の回路が形成されます。脳が「伝えられた情報」を認識して、「見える」のです(図2)。

視覚の感受性期に、「見る」ことに支障があると、視神経の回路は作られません。繰り返しますが、両眼視機能と眼球運動機能の発達は3歳頃には終わり、視神経の回路の形成も6歳頃には終わります。

したがって、感受性期(6歳頃)を過ぎてから、視力不良が見つかっても遅いのです。

感受性期を過ぎて視力不良が分かり、眼鏡をかけても、「眼の情報を脳へ伝える路ができていない」ので、脳は認識しません。すなわち見えません。眼鏡をかけても、「一生ハッキリ見えない」のです。これが一般的な弱視(医学的弱視)です。

視覚の感受性期に、視力検査を受けて、視力不良を見つけることが大切なのです。

視神経の回路についての説明

産まれた時は、視神経の回路はできていないのでハッキリ見えません。生後5日目くらいは、「明るさが分かる」程度の視力になります。その後、「見る」ことにより、視神経の回路が形成されていきます。

生後6ヶ月くらいになると、視神経の回路が増えるので、眼前50cmくらいの玩具が判別できるくらいの視力になります。そして、感受性期が終わる6歳頃には、視神経の回路は約100万本作られ、視力は1.0以上になります。

視覚の感受性期のピークは生後3ヵ月~18ヵ月ですが、自覚的視力検査が可能になるのが3歳頃です。

国は、「低年齢ほど弱視の治療効果は大きい」ことを考慮して、視力検査の適切な年齢を3歳児とし、平成2年から三歳児眼科健診に視力検査を導入しました。

繰り返しになりますが、3歳頃に眼の異常や疾病を発見し、治療を開始すれば、小学校入学までには良好な視力の改善が期待できます。入学時の視力不良者の頻度を下げることができます。視力不良による負担なく、義務教育を開始できます。

Q:早期発見できた場合、どういった治療が行われるのでしょうか?

視力検査により、視力不良が発見されると、事後措置として、眼科医療機関の受診が勧告されます。視力検査は「見えるか見えないか」の検査なので、「なぜ、見えないか」といった原因までは分かりません。視力不良の子どもは、「見えない」原因をみつけるために精密検査を受け、視力不良の原因を明らかにします。

その後、原因に合った治療により、「網膜上に焦点を結ぶ」=「ハッキリ見える」ようになります。感受性期に「網膜上に像を結ぶ」ことができるようになると、その時点から視神経の回路が作られていきます。視力の改善が期待できるので、弱視にならないですみます。

▼治療方法

治療方法ですが、屈折異常(遠視・乱視)の場合は、眼鏡装用により「網膜上に像を結ばせ」ます。不同視の場合は、視力の良い眼をアイパッチで隠して、視力不良の眼を使う訓練をします。斜視弱視の場合は、その原因や病態は複雑なため一元的にいえませんが、手術や眼鏡装用に加えて、弱視訓練が必要になります。

また、幼児に多い眼の病気(眼瞼の病気・角膜の病気・網膜の病気・水晶体の病気・眼球の病気など)の場合は、原因にあった治療(手術など)を行ないます。

これらの眼の異常や疾病が原因で、視力の発達が停止したり、遅延したりするために、「弱視の原因」になります。感受性期に発見し、治療するなら、弱視にならないですみます。

これまで、幼稚園や保育園の視力検査で発見した視力不良の原因は、やはり、遠視が最も多く、ついで乱視でした。先天白内障や先天緑内障なども発見しました。

目にケガをしたり、ものもらいができたとき、片眼に眼帯をすることがあります。視覚の感受性期に眼帯をすると、眼帯をつけた目は使わないために、視力が停止したり、遅延することがあります。そのまま、放置すると不同視弱視になることもあります。

眼科の治療では適切な対応をしていますが、家庭で眼帯を使用した場合は、片眼視力検査を受けましょう。

Q:医学的弱視の子どもはどういう見え方をしているのでしょうか? 親御さんが普段の生活で気付くことはできますか?

大人の視力不良と同じ症状です。原因により、「二重に見えたり、ボンヤリ見えたり」です。視力不良なので、「ハッキリ見えない」としか言いようがありません。

子どもは次第に見えるようになるため、はっきり見えていなくても、それが普通だと思っており、異常とは思わないので、自分から「はっきり見えない」とは言いません。 保護者が子どもの日常生活を観察し、異常に気づいてほしいと思います。

三歳児眼科健診のアンケートにチェックすべき項目があがっています。

チェック項目 予想される原因
頭を左右どちらかに傾ける、顔を左右どちらかに回す、あごを上(下)げる 眼球運動異常など
眼(視線)が内側に寄っている 内斜視
眼(視線)が外側に外れている 外斜視
目を細めて見る 屈折異常など
極端に近付いて見ようとする 屈折異常など
上目づかい(下目づかい)でものを見る 上下斜視など
まぶたの形(大きさ)に左右差がある 眼瞼下垂など
屋外に出ると非常にまぶしがる・嫌がる 水晶体・眼球異常など
瞳の中央(奥の方)が白く光る 先天白内障

「テレビや絵本を見ている」から大丈夫だと安心せず、思い当る項目があれば、三歳児健診を待つまでもなく、眼科を受診してください。

Q:視力検査キット「たべたのだあれ」を開発された背景や特徴について教えてください。

眼の異常や疾病は視力不良として現れるから、視力検査で発見できます。視覚の感受性期に視力不良を発見できたら、ほとんどの弱視は予防ないし治療が可能です。

そこで、早期発見・早期治療のために、三歳児健診や幼稚園・保育園では「3歳児から視力検査をする」ことが法律で規定されています。しかしながら、幼児の視力検査は「時間がかかる・労力がかかる・信憑性がない」などの理由により、実施率が低いのが実情です。

具体的には、三歳児健診の会場で視力検査を実施している自治体は全国で約3%しかありません。93.7%の自治体は一次視力検査を保護者任せにしています。家に視標を送り、「家で視力検査をやっておいてね。異常があれば健診会場で言ってね」ですましています。

また、3歳児の視力検査を実施している幼稚園は全国の約 12.9%、同じく保育園は12.8%しかありません。そのために、感受性期に視力検査を受ける機会がなくて、視力不良を見逃して弱視になる幼児が約2%います。

年間出生数が 100 万人弱なので、極端な言い方をするなら、毎年2万人の幼児が弱視になっている計算になります。

この2万人は、視覚の感受性期に視力検査を受ける機会が与えられ、視力不良を見逃されなければ、弱視にならないですむ子どもです。

三歳児健診や幼稚園・保育園で視力検査の実施率が低い原因として、幼児視力検査は「時間がかかり、正確でない」ことがあげられています。ランドルト環を使った視力検査でも、「短時間に、正確にできる」視力検査なら、健診会場や幼稚園・保育園でも 実施するだろうと考えました。試行錯誤の結果たどり着いたのが、「たべたのだあれ?」視力検査です。

具体的には、ランドルト環を「一口かじられたドーナツ」に見立てます。 ドーナツの上下左右に幼児が好きな動物を配します。「ドーナツのかじられた箇所」の最も近くにいる動物が、「ドーナツをかじった」というルールです。ドーナツは「かじられた箇所」を上下左右に変えながら、次第に小さくなり、ランドルト環に変わります。さらに、 ランドルト環は「切れ目」を上下左右に変えながら、次第に小さくなります。『児童生徒の健康 診断マニュアル』(学校保健安全法)に準じて、4方向(上下左右)のうち 3方向が正解なら「見えている」と判定します。

「たべたのだあれ?」視力検査なら、幼児はクイズ遊びの続きとして、楽しみながら検査を受けることができます。一方、検査者は国際視標のランドルト環(C)を使った視力検査を実施できます。幼児は必死になってクイズ遊びをするので、短時間で信憑性のある視力検査ができます。

①眼前30cmに視標を提示する近見視力検査である

3歳児の視力検査では、「遠くでも、近くでもよい」ので、「はっきり見えているか」を確認する検査に特化すべきです。「遠くでも近くでも、見えている」なら、視神経の回路が形成されています。ヒトは「近くから見える」ようになります。それなら、3歳児の視力検査は「近くが見えるか」の検査をするべきです。

眼前30cmに視標を提示することで、集中して視力検査ができます。 さらに、幼児に多い遠視は、「近くを見る」検査の方が発見しやすいのです。

小学校入学後に近視になっても、弱視にさえなっていなければ眼鏡装用により矯正視力はでます。幼児の視力検査は弱視にさせないための検査です。

②国際視標のランドルト環(C)を使う

幼児の視力検査では、幼児が分かりやすい「犬・鳥・魚・花」などの絵視標や基本図形を使うことがあります。これらの視標を使った検査は、「形を見分ける」形態覚の検査です。国際視標のランドルト環を使った検査は、「ランドルト環(C)の切れ目を見分ける」分離域の検査です。そのため、絵視標の検査では、視力不良を見逃がすことがあります。幼児の視力検査でも、国際視標のランドルト環を使うべきです。

「たべたのだあれ?」視力検査はランドルト環を使いますが、幼児が「ランドルト環の切れ目の答え方」に慣れるために、検査導入キットを開発しました。

③単一視標である

幼児の場合、「読み取り困難」という現象があります。大人の視力検査で使っている「1枚の紙に、大小のランドルト環が並んだ」視力表では、検査者の指し示す「1つのランドルト環のみを見る」ことはできません。周囲の視標も一緒に目に入ります。そのため、「たべたのだあれ?」視力検査の視標は、1枚の紙に1つの視標を描いた単一視標を使います。

実際このキットを使って1歳の子の視力検査もできました

1歳児〜3歳児が合同保育をしている保育園で「たべたのだあれ?」視力検査を行いました。この保育園では、視力検査の1週間前から、絵本「たべたのだあれ?」でクイズ遊びをしてもらいました。全園児が一緒に、クイズ遊びをするうちに、1歳児も 2歳児も、クイズ遊びのルールを理解したそうです(園長先生談)。

視力検査直前に、動画 Youtube「たべたのだあれ?」でクイズ遊びをしてから、全園児の「たべたのだあれ?」 視力検査を試みました。その結果、1歳児も 2歳児も、ランドルト環の視力検査ができました。

「自覚的視力検査が可能になるのが3歳頃」との根拠により、三歳児眼科健診に視力検査が導入されました。今回、「たべたのだあれ?」視力検査なら、1歳児でも自覚的視力検査が可能なことが検証できました。「低年齢ほど弱視の治療効果は大きい」ので、1歳児の視力検査が可能ならば、三歳児健診を待つことなく実施してほしいと考えます。「たべたのだあれ?」視力検査の普及により、弱視になる子どもが減少します。

Q:この事実を知った親御さんは必ず視力検査を行うと思いますが、 親御さんが視力検査キットを手に入れる方法はありますか?

はんだや近見視力検査「たべたのだあれ?」とフレーベル館「たべたのだあれ?」視力検査キットがあります(末尾参照)。

家庭での視力検査は、精度(照度・距離・片眼遮蔽)に限度があります。したがって、 視力検査は、三歳児健診・幼稚園や保育園で受けてください。もし、実施していなければ、我が子を弱視から守るために、「法律で規定されている」ことを根拠にして、視力検査実施を要請してください。我が子だけでなく、周囲の幼児のためにもなります。

家庭では、視力検査の導入キットを使って「たべたのだあれ?」クイズ遊びをして、ランドルト環に慣れておくのがよいと思います。幼児が、健診会場で視力検査を受ける時、ランドルト環の“切れ目”の答え方に困らないように、絵本やマグネット、YouTube動画『たべたのだあれ?』を開発しました。

動画「たべたのだあれ?」

出典: YouTube

動画は、YouTubeで無料配信しているので、誰でも、いつでも、好きな時にクイズ遊びができます。

マグネットは、白板や冷蔵庫に貼付して「たべたのだあれ?」クイズ遊びができます。老眼の検査にも使えるので、祖父母と孫でクイズ遊びを楽しみながら、視力の変化に気づくこともできます。

「たべたのだあれ?」視力検査キット(フレーベル館)や絵本「たべたのだれかな?」 (自由企画社)は、友達や兄弟や親子がクイズ遊びを楽しめます。これらでクイズ遊びをしておくと、幼児は楽しみながら、短時間に、正確な視力検査ができます。検査する側も、「短時間で正確な視力検査ができる」ので、実施を嫌がらなくなり、実施率アップにつながります。

たべたのだあれ? 子供やベビーの視力検査の練習が簡単にできちゃう♪ 楽しい 遊び 目 眼科 視力 おもちゃ。視力検査 幼児用 マグネットシート たべたのだあれ? 【監修:桃山学院大学 高橋ひとみ 先生】

幼児用視力検査シート:マグネット式

1,320

たべたのだあれ? 子供やベビーの視力検査の練習が簡単にできちゃう♪ 楽しい 遊び 目 眼科 視力 おもちゃ。視力検査 幼児用 マグネットシート たべたのだあれ? 【監修:桃山学院大学 高橋ひとみ 先生】

絵本:たべたのだれかな?

2,200

絵本+検査キット「たべたのだあれ?」

8,800

Q:最近、三歳児健診でフォトスクリーナー(Spot Vision Screener)が導入されていますが、これで屈折検査を受ければ視力検査を受けなくてもよいのですか?

三歳児健診での視力検査は「時間がかかり、信憑性がない」として、乳幼児用に開発されたフォトスクリーナーを採り入れ、視力検査を省く自治体があります。しかし、フォトスクリーナーは屈折検査機器です。

視覚の構成段階には、次の4つの段階があります(前述の図2参照)。

1:光学的段階(屈折性):外界の情報を目に取り込み網膜上に焦点を結ぶ
2:受容的段階(網膜性):光情報を網膜の視細胞が電気信号に変える
3:伝道的段階(視路性):視神経の回路を形成し、電気信号を脳へ伝える
4:知覚的段階(皮質性):脳が情報を認識する

フォトスクリーナーは屈折検査機器なので、1の光学的段階(屈折性)の異常を発見できますが、屈折異常を発見できても、2〜4の異常には対応できません。

一方、1〜4の構成段階において、どこに異常があっても視力不良として現れます。すなわち、視力検査は、1〜4のすべての異常に対応できます。視力検査の結果、視力不良の場合は眼科を受診し、精密検査を受けると、「1〜4 のどこに異常があるか」=「視力不良の原因」が判明します。

三歳児眼科健診に視力検査とフォトスクリーナーを併用するなら、より正確に屈折異常が検出できます。三歳児眼科健診において、視力検査が不可能な場合や視力検査による見落としを防ぐのにフォトスクリーナーの導入は有効です。

日本小児眼科学会では、三歳児眼科健診において視力検査とフォトスクリーナーの併用を推奨しています。

Q:この記事を読むお父さんやお母さんに向けてメッセージがあればお願いします。

我が子を弱視から守るために、「知ってほしい」言葉があります。



(湖崎克:日本小児眼科学会初代理事長)

「まだ文字も読めない 3歳児が視力検査を受けなくても、小学校入学前に視力検査を受ければ大丈夫!」と、思っていませんか?

視覚の発達にはタイムリミットがあり、6歳頃には終了します。

弱視の子どもをもつ親は、弱視を難病と誤解し「不幸にも弱視になった」と思っています。保護者を責めるつもりはありませんが、「弱視は難病ではなく、視覚の感受性期に視力不良を見逃した結果です」。

子どもは、「弱視になりたくないから、三歳児健診に連れて行って」とは言いません。
子どもは、「弱視になりたくないから、精密検査を受けさせて」とは言いません。

視力検査の結果が「要精密検査」でも、眼科を受診しない幼児が約3割もいます。

子どもの眼を守るのは親の責任です。

桃山学院大学法学部名誉教授:髙橋ひとみ氏

専門は健康教育学分野で、長年近見視力をテーマにした研究に取り組んでいる。絵本でランドルト環に慣れてから視力検査を行う「たべたのだあれ?」視力検査キットのアイディアが今後のスタンダードな幼児の視力検査法になるとの評価により経済産業大臣賞を受賞。
日本テレビ「世界一受けたい授業」でも紹介された。

すべての子どもが公平に義務教育を受けられるようにと、全国の幼稚園・保育園で幼児の視力検査を実施し、検証結果を日本学校保健学会、日本公衆衛生学会、日本健康教育学会、日本小児眼科学会などにおいて学会発表および論文発表を展開している。

メガネのアイガンでは「LOVE EYES WEEK」を開催中

成長期の子どもたちの視力低下は、勉強や運動をするうえで集中力や思考力、社会性や感情の発達にも大きな影響を与えます。この活動を通じて、子どもたちを含む全ての方々に、家族やご自身の視力変化に気づくきっかけを与え、定期的な眼科受診など早期の対応に繋げていただきたいと考え、2019年10月1日(火)~10月31日(木)まで、「LOVE EYES WEEK」キャンペーンを全国のメガネのアイガンを含む247店舗にて開催いたします。

この機会にご家族全員で視力測定をしてみませんか。