コンタクトレンズの度数はどこを見るべき?箱や容器に記載されている数値も解説

share
コンタクトレンズの度数はどこを見るべき?箱や容器に記載されている数値も解説
コンタクトレンズの度数とは、レンズの矯正力を意味する数値のことです。遠視・近視・乱視などの目の状態によって、コンタクトレンズの度数は異なります。本記事ではコンタクトレンズの度数や、箱や容器に記載されている数値の見方とあわせて、度数の合わないコンタクトレンズを使用した場合のトラブル例などを紹介します。

コンタクトレンズの度数とは

コンタクトレンズを購入する前に、度数が何を指しているのかを把握しておく必要があります。まずはコンタクトレンズの度数に関する概要や基本情報から紹介します。あわせて、視力と度数の関係性も押さえておきましょう。

度数とは

度数とは、レンズの矯正力を意味します。コンタクトレンズを買うと、箱や容器に例えば近視なら「-3.00」遠視なら「+3.00」の記号が書かれています。これがコンタクトレンズの度数を指します。

視力と度数の関係性

度数が矯正力を意味するのに対し、視力は目の見え方を数字として表したものです。裸眼の視力が悪ければコンタクトレンズの度数が強くなる傾向にありますが、2つは全くの別物です。

コンタクトレンズの度数を決める時は視力や目の状態の測定が必要ですが、その他に物の見え方やライフスタイルなどもあわせて考慮しなければいけません。そうすることで、より快適にコンタクトレンズを使用できます。

コンタクトレンズの度数上限

メガネのレンズが分厚くなるのは度数が強いことが理由。度数が強いほどメガネのレンズは厚くなります。コンタクトレンズにも同様のことが言えるのですが、コンタクトレンズは目に直接付けるものなので、厚さや度数にも限度があります。近視用の1dayタイプの場合、度数の上限は「-12.00」ほどが一般的です。

コンタクトレンズの度数の見方

コンタクトレンズの度数は記号と数値で表されますが、実は近視用・遠視用・乱視用・遠近両用などの種類によって表記の仕方が異なります。コンタクトレンズの箱や容器に記載されている度数や数値の見方を種類別に解説します。

近視用の度数の見方

コンタクトレンズには記号が2種類書かれており、「D」は度数、「BC」はベースカーブと呼ばれるカーブの大きさを表します。度数の「D」に関しては、メーカーによって表記が異なる場合もあるようです。

近視用の場合は、度数を「-」の数値で示し、数値がマイナスであればあるほど度数が強いことを意味します。目のカーブも個人差があり、「BC」の数値が大きければカーブが緩やかで、数値が小さければカーブが強いことを意味します。

遠視用の度数の見方

遠くの物が見えづらく感じるのが近視であるのに対し、近くの物が見えづらいのが遠視です。遠視用のコンタクトレンズの表記は近視用と同じで、「D」という度数と「BC」というベースカーブの数値が載っています。

ただし、度数に関しては、近視が「-」で表されていたのに対し、遠視は「+」で表されます。近視同様、「+」の数値が大きくなるほど度数が強いです。

乱視用の度数の見方

乱視が入っている人は、乱視用のコンタクトで矯正しなくてはいけません。乱視用タイプには、角膜と水晶体の歪みの程度を示す「乱視度数」が表記されています。「CYL」という記号で表されているので、必ず確認しましょう。

また、「AXIS」という乱視の方向軸を表した数値も記載されています。同じ乱視でも人によって見え方が異なるため、乱視の角度を調整しなくてはいけません。そこで必要になるのが「AXIS」なのです。

遠近両用の度数の見方

近視・老眼の両方が入っていて、遠くも近くも見えづらい場合は、遠近両用のコンタクトレンズを選ぶのがおすすめ。遠近両用のコンタクトレンズには、遠視用と近視用の度数の差を表した「ADD」という加入度数が記載されています。ADDを調整することで、近くの物が見えやすくなるのです。

しかし、近くの物の見えづらさに応じて調整するため、逆に遠くの物が見えにくくなる場合があります。見え方には個人差があるため、コンタクトレンズを作る時は眼科医に相談しましょう。

コンタクトレンズを購入する時のチェックポイント

自分に合ったコンタクトレンズを購入するためには、どのようなポイントに気を付ければ良いのでしょうか。失敗しないためにも、コンタクトレンズを購入する時のチェックポイントをしっかり押さえておきましょう。

サイズや使用期限の表示を確認する

コンタクトレンズの箱や容器には度数やカーブだけでなく、直径を表す「DIA」という数値が記載されている場合があります。「DIA」は、度数やカーブなどのように調整するものではありませんが、コンタクトレンズの種類によって固定のDIAが異なります。

自分でコンタクトレンズを注文する時に必要な情報なので、今自分が使っているサイズがどれくらいなのかも、しっかり把握しておきましょう。

また、コンタクトレンズの使用期間は「EXP」と表されます。特に、使い捨てタイプを使う際は「EXP」をしっかりとチェックし、使用期限は必ず守りましょう。もちろん、コンタクトレンズを購入する際は度数や「BC」の確認も必須です。

使い捨てか長期使用かを選ぶ

使い捨てタイプ・長期使用タイプのどちらが良いかは、基本的には眼科で相談します。毎日の丁寧なケアに自信が持てない人には、使い捨てタイプのコンタクトレンズが断然おすすめ。1dayタイプは1日使ったら捨てるので、面倒なケアはいっさい不要です。

1day・2week・1Month・長期使用タイプによって、値段やケアの仕方が異なります。使う期間が短い物ほど値段は高くなりますが、その分ケアは楽というメリットがあります。一方、使う期間が長い物は値段こそ安いですが、ケアをより丁寧にしなくてはいけません。

コンタクトレンズの度数に加えて価格やケア方法なども考慮した上で、どのタイプが自分に合っているのかを見きわめて購入しましょう。

度数の合わないコンタクトレンズのトラブル例

コンタクトレンズを選ぶ際は、自分の視力に合った度数を選ばなくてはいけません。万が一、度数が合わないレンズを付けてしまうと、目のトラブルを起こしてしまう可能性があります。最後に、度数の合わないコンタクトレンズのトラブル例を2つ紹介します。

目が疲れやすくなる

自分の視力に合った度数のコンタクトレンズを付けることで目がしっかりと矯正され、快適に物を見られるようになります。しかし、度数の合わないコンタクトレンズだと目を矯正しきれず、物がぼやけて見えるなどの違和感を覚えるため、無意識に自分の目でピントを合わせようとするのです。その行為が目にかなりの負担をかけることにつながり、結果的に目が疲れやすくなります。

めまいや頭痛が起こる

目の周りには「毛様体筋」という筋肉があります。度数が合っていないコンタクトレンズを使用し、自分でピントを合わせようとする時には、毛様体筋が常に緊張した状態になっています。この状態が目を疲れさせ、頭痛やめまいを引き起こしてしまうのです。

また、視力は年齢や生活習慣によっても変化していくものです。眼科でいくつかの検査を行うことで、今付けているコンタクトレンズが目に合っているかどうかが分かります。コンタクトレンズを快適に使用するためにも、定期的に目の検診を受けることが必要です。

自分の目に合った度数のコンタクトレンズを見つけよう

初めてコンタクトレンズを購入する際は、必ず眼科で検査を受け、目の状態をしっかりと調べてもらうことが大切。そうすることで、自分の目に合ったコンタクトレンズを選ぶことができます。また、自分で通販サイトで購入する場合は、度数・サイズ・使用期限などをよく確認しましょう。万が一コンタクトレンズが目に合わないと感じた場合は、すぐに使用をやめて眼科へ相談してください。