コンタクトレンズを通販で購入する流れと注意点。処方箋は必要?

share
コンタクトレンズを通販で購入する流れと注意点。処方箋は必要?
コンタクトレンズは店舗の他に通販でも購入できます。初めて買う時には病院での診察を経た上で、使用するコンタクトレンズや購入する店を選びましょう。コンタクトレンズは眼に装着するアイテムなので、通販購入のメリットや注意事項の把握が大切です。この記事では、通販でコンタクトレンズを購入する際の流れや選び方、通販で購入できる理由などを解説します。

コンタクトレンズがネット通販で買えるのはなぜ?

一般的に、コンタクトレンズは眼科での診察を受け、医師から処方箋を出してもらってから、コンタクトレンズショップで購入します。なぜ、コンタクトレンズをネット通販で購入できるのでしょうか。仕組みを紹介します。

コンタクトレンズの処方箋はコンタクトレンズ指示書や処方指示書

まず、コンタクトレンズは医薬品ではなく「高度管理医療機器」です。
そのため、薬をもらう際に出される処方箋(医薬品の処方を指示)ではなく、コンタクトレンズの規格や数量、装用方法などが記載されたコンタクトレンズ指示書や処方指示書が発行されます。

また、指示書や処方指示書の提出は法律上求められているものではありません。そのため、ネット通販では指示書や処方指示書がなくてもコンタクトレンズを購入できるのです。ただし、使用者がコンタクトレンズを安全に使用できるように、販売業者に対して「眼科医の処方・指示に基づく販売」が推奨されており、ネットショップでもコンタクトレンズ指示書や処方指示書を求める店もあるので購入のルールをよく確認しましょう。

ネット通販のほうが価格が安い理由

コンタクトレンズは、商品やショップによって違いはあるものの、店舗よりもネット通販のほうが、安価で購入しやすいです。
「どうして値段が変わるの?ネット通販は怪しいの?」と考える人もいるかもしれません。

ネット通販のほうが安い理由の1つが、物理的な店を構えていないこと。店舗を構えて営業するには、地代(家賃等)、人件費、その他水道光熱費などの経費がかかり、簡単に言えばその分が商品代に上乗せされます。ネット通販はその経費を削減し、価格競争ができるのです。店舗よりも安価なのは、コンタクトレンズそのものが粗悪品だからではありません。

ただし、安全でない店があるのも確かです。買う商品や買う場所には最大限注意しましょう。

パッケージにある「国内正規品」とは

ネット通販でコンタクトレンズを購入する前に知っておきたいのが、「国内正規品」の解釈についてです。ネット上の商品ページや商品パッケージに「国内正規品」と記されていることがあります。国内に流通するコンタクトレンズには、国内生産品と海外生産品がありますが、「国内正規品」=「国内生産品」ではありません。

国内正規品とは、厚生労働省の認可を得ているコンタクトレンズを言います。日本国内での販売を前提に作り、審査を通過した上で正規のルートで輸入され、日本語のパッケージで包装して販売されます。外国語のパッケージであれば、たとえ中身が同じでも国内正規品ではありません。また、正規ルートの輸入ではなく個人輸入である可能性が高いと言えます。これは、視力の補正を目的としないカラーコンタクトレンズも同じです。

通販でコンタクトレンズを購入するメリットと注意点

コンタクトレンズをネット通販で購入するメリットはなんでしょうか。通販を利用する上での注意点とあわせて紹介します。

通販でコンタクトレンズを買うメリット

メリットの1つ目は、店舗に行く必要がないことです。コンタクトレンズにかかわらず、家にいながらにして買い物できるのは、ネット通販の大きなメリットと言えます。既にコンタクトレンズを使用していて、同じ商品を購入するなら眼科での診察も省略できます。
また、コストカットもメリットです。継続的に使用するものだから、少しでも安いのはありがたいですよね。
定期購入のサービスを利用できる点もメリットです。買い忘れの防止になります。

購入時の注意点1・診察の重要性

ネット通販でコンタクトレンズを買う場合も、事前に医師の診察を受けるようにしましょう。眼科では目に異常がないかしっかり検査するだけでなく、コンタクトレンズを使用するのに問題がないかを確認し、コンタクトレンズ指示書や処方指示書を出します。
コンタクトレンズを買ってからも定期的な検診は必須です。各コンタクトレンズショップでは半年から年に1回の定期検診を推奨していますが、眼科受診の上で店頭で購入する場合は、そのサイクルが数ヶ月に一度訪れます。ネット通販だと診察の回数が減りがちになり、目の不調を看過してしまう可能性があることも注意すべき点です。

購入時の注意点2・ショップ選び

ショップ選びも大切なポイントです。悪質なショップがあるのも事実ですので、安さだけを重視してはいけません。特にカラコンは使用してから異常が起きた事例も散見されるので、慎重なショップ選びが求められます。商品情報だけでなく、ショップ情報や口コミもしっかり見ておきましょう。時には、ショップに電話やメールで直に質問を投げかけるなどして、信頼のおけるショップでコンタクトレンズを選んでください。

購入時の注意点3・買うタイミング

ネット通販は注文してから手元に届くまで時間がかかり、買った即日に使用できません。店舗であれば、在庫品は即日購入して使用できます。ネット通販でも早ければ当日や翌日に届く場合もありますが、在庫がなく海外から取り寄せなどのパターンになると、到着まで2週間以上かかる場合も。その期間を考慮して注文のタイミングを決めることが大切です。

ネット通販のコンタクトレンズ購入の流れ

店舗でコンタクトレンズを購入する時はスタッフが手続きを進めてくれますが、ネット通販で購入する時は自分で度数などを入力する必要があります。いざ購入する時に困らないように、ネット通販でコンタクトレンズを購入するまでの流れを見ていきましょう。

1.医師の診察を受ける

コンタクトレンズを購入する前に、医師の診察を受けましょう。コンタクトレンズ指示書や処方指示書を出してもらうことが望ましいです。
眼科では目の病気がないかなど目の状態を診るだけでなく、コンタクトレンズを装着する適正があるか、コンタクトレンズの度数やベースカーブなどを確認します。目やその周辺に異常があり、コンタクトレンズを使用できない場合もあるため、初めてのコンタクトレンズ購入前は、医師の診察が必須と考えてください。

2.ショップとコンタクトレンズを選ぶ

続いて、コンタクトレンズは何を使うか、どのショップで買うかを決めます。口コミや商品の公式サイトを参考にして、自分に合ったコンタクトレンズを選びましょう。
初めてコンタクトレンズを使う人は、医師のアドバイスを受けることが賢明です。眼科であれば、いくつか試して最もフィットするコンタクトレンズを選べます。

3.注文と支払い方法

コンタクトレンズの注文は、自身で度数を入れる必要があります。そのため、コンタクトレンズ指示書や処方指示書があると安心です。これまで使用していたものと同じものを買う場合も、パッケージ記載の度数を再チェックして間違わないように購入しましょう。度数を変えたいとき時などは、一度眼科で診察を受けることが望ましいです。支払い方法はクレジットカード支払いや銀行振込支払いなどがありますが、ショップによって異なるので都度しっかり確認しましょう。

4.つける前に商品をもう一度確認して

商品を注文すると、在庫があれば2~3日で到着することが多いようです。注文した商品で間違いないか、度数が合っているか、使用する前に再度チェックしてから使いましょう。適正でないものを使用し続けると、目の疲れや身体の不調につながってしまいます。

初めてのコンタクトレンズ選びのポイント

繰り返しになりますが、初めてコンタクトレンズを購入する際は、医師の診察を受けて眼の状態を把握し、適したコンタクトレンズを案内してもらうと良いでしょう。
コンタクトレンズを選ぶ前に知っておきたいポイントを紹介します。2回目以降もネット通販でコンタクトレンズを購入する時にも役立ちますよ。

ハードタイプとソフトタイプ

コンタクトレンズには、小さくて薄いガラスのような「ハードタイプ」と、ハードより大きく柔らかいゴムのような「ソフトタイプ」があります。
一般的に装着感が良いのは、装着時の違和感が少ないソフトタイプです。また、ワンデーや2ウィークなどの使い捨てタイプがあるのもソフトタイプの特徴と言えます。
しかし、実は目への負担が少ないのはハードタイプです。耐久性もハードタイプはソフトタイプに比べて優れています。ただ、力を入れると割れてしまうことがあるので要注意です。
ソフトタイプも力を入れると破れることがありますが、扱いやすいため、現状ではソフトタイプを選ぶ人が多い傾向にあります。

乱視の有無

近年は乱視の矯正が可能なコンタクトレンズも増え、ネット通販でも購入できます。
通常、乱視を矯正するのはハードレンズの方が適していると言われます。ハードもソフトも対応商品はありますが、乱視の種類によってはハードしかない場合も。
ただ、乱視を矯正するためにコンタクトレンズを選ぶ場合、チェックすべき項目が増えることは確かです。近視と乱視の両方を矯正するコンタクトレンズ選びも同様です。使用感に満足できないことも想定されるため、乱視がひどい場合は医師と相談して選んだほうが良いでしょう。

アイガンの通販で購入できるおすすめコンタクト3選

最後にメガネのアイガンの通販で購入できる、おすすめコンタクトを紹介します。

ロート製薬 2WEEK モイストアイ

ロート製薬 2WEEK モイストアイ乱視用

目薬の商品を幅広く展開するロート製薬のコンタクトレンズ、「モイストアイ」。2週間で交換するタイプです。
高い酸素透過性が特徴で、目の負担の軽減が期待できます。よりやわらかく涙になじみやすく、瞳へ優しいのもメリット。水平方向に厚みが均一なので厚みを感じにくく、乱視用もあります。

ルーナメイク

ルーナメイクは、1日使い捨てタイプのカラーコンタクトレンズです。クリアコンタクトレンズのスペックを維持しつつ、瞳の印象を変える5色展開のカラーコンタクトレンズ。高い含水率でなめらかなつけ心地と潤いが魅力です。さらに紫外線を約95%カットし、紫外線対策にもなります。

メリットや注意点を把握してコンタクトレンズの通販を利用しよう

直接目に触れて使う物だからこそ、コンタクトレンズ選びは慎重に行いたいですね。店頭に行く必要がなく比較的安く購入できるなど、通販での購入にはメリットが多くあります。安全のため事前に医師による診察を受け、注意点に配慮しながら自分の目の状態に合うレンズ、ショップを選びましょう。目の不調を感じた場合は無理して使い続けず、早めに医師の診察を受けてください。