眼鏡用くもり止めの種類と正しい使い方。くもる原因と対処法を知って快適に

share
眼鏡用くもり止めの種類と正しい使い方。くもる原因と対処法を知って快適に
眼鏡のくもりは結露や油分の付着によって起こるもの。レンズがくもると視界が悪くなり、快適に眼鏡をかけられません。レンズがくもる不快感を解消するためには、くもり止めを上手に活用するのがおすすめです。そこで本記事では、眼鏡用くもり止めの種類と特徴の他、正しい使い方について紹介します。

眼鏡がくもる主な原因と、くもり止めの原理

眼鏡は、油分や結露が原因でくもる他、レンズの状態によってもくもってしまいます。ここでは眼鏡くもる詳しい原因と、くもり止めの原理について見ていきましょう。

原因①油分

眼鏡がくもる原因の1つが「油分」。汗や、まつ毛の先に付いている油分や涙などがレンズに付いて汚れるケースや、料理中の油がレンズに飛んで汚れるケースなどが挙げられます。
また、眼鏡の着脱や位置を修正する際にレンズに触れて汚れることもあるでしょう。
このように、日常生活の中で何気なく行っていることの積み重ねが、眼鏡のレンズに油分を付着させる原因になっています。

原因②結露

空気中に含まれた水分は温度が高ければ多く、低ければ少なくなります。そのため、温度の低い所から温かい所へ移動すると、冷えた眼鏡が空気中に含まれた水分を含み切れなくなります。そうして余った水分がレンズ上で結露することで、眼鏡がくもってしまうのです。

マスクを付けると眼鏡がくもりますが、これも結露によるもの。マスクをした状態だと、顔とマスクの隙間から息がもれます。外気温が低いと、吐く息との温度差によって息に含まれる水分が水滴になり、それが結露することで眼鏡がくもるのです。

原因③レンズの状態

眼鏡のレンズの状態により、曇り度合いが左右されることも。皮脂や細かな汚れがあることで、クリーニングされているレンズより結露を招きやすくなります。

また、レンズを拭いているのになかなか落ちないくもりのような汚れは、レンズの表面に施されているコーティングが、時間とともに剥がれていることが原因です。レンズの表面のコーティングは薄いので、拭いているだけではコーティングが剥がれてきてしまいます。コーティングが原因の場合は、レンズの交換などが必要になるため、気が付いた時に眼鏡店で相談しましょう。

くもり止めの原理

くもりの原因となっている水滴は、表面積が小さいため蒸発しにくく、そのためくもりがなかなか取れません。しかし、水滴の表面積を広くすれば蒸発します。

水が水滴となるのは表面張力によるもの。つまり、表面張力を無くせば表面積が広くなります。そこで役に立つのが、洗剤などに含まれる界面活性剤です。界面活性剤は表面張力を無くす効果があり、眼鏡用くもり止めの主成分でもあります。

くもり止めをレンズに付けると、付着した水分の表面張力がなくなり、表面積が広くなります。すると、水分が蒸発しやすくなり、結果的にくもりが取れるという訳です。

眼鏡用くもり止めの種類と特徴

くもり止めには、クロス・ジェル・スプレーなど種類がいくつかあります。そこで、眼鏡用くもり止めの特徴を種類別に見ていきましょう。

クロスタイプ

クロスにくもり止めの成分が含まれているのがクロスタイプです。それでレンズを拭くことによって、くもり止めの成分をなじませられます。くもり止めの中では、比較的安い価格で手に入れられるでしょう。

小分けにされて複数枚入っている物であれば、出先での使用にも便利。また、1回で複数回使える物が多く、なかには数百回使える物や効果が長時間持続する物などもあるので、コスパが良い点も魅力です。

くり返し使える メガネのくもり止めクロス

メガネレンズを拭きあげるだけで、長時間曇り止めの効果が持続します。サングラス、ゴーグルなどにもご使用できます。

くり返し使える メガネのくもり止めクロス

418円(税込)

メガネレンズを拭きあげるだけで、長時間曇り止めの効果が持続します。サングラス、ゴーグルなどにもご使用できます。

ジェルタイプ

ジェルをレンズに付けてなじませるタイプ。ジェル状なのであまり飛び散りません。一度塗れば長時間効果が持続する物が多いので、眼鏡を長時間かける人には特におすすめです。

スプレータイプ

スプレーをレンズに吹きかけて拭き取るタイプです。レンズ全体にくもり止めを吹きかけられるので、ムラができにくいのが特徴です。中性タイプの物であれば、さまざまなレンズに使えます。ムース状で出てくる物であればレンズが傷つく心配もありません。

眼鏡用くもり止めの正しい使い方

くもり止めを正しく使うことは、快適に眼鏡をかけることにもつながります。ここでは、くもり止めの正しい使い方をチェックしていきましょう。

①眼鏡に付いた汚れを取る

くもり止めを使う前に、まずはレンズに付いた汚れやホコリなどを取り除く必要があります。汚れやホコリが付いたままだと、くもり止めを伸ばす際にレンズを傷つけてしまう可能性があるためです。

汚れを取る際は、眼鏡拭きを使うのがおすすめ。汚れを水で流す場合は、レンズに付いた水分を綺麗に拭き取るようにしましょう。水分が残っていると、くもり止めをレンズにうまく塗れない可能性があります。

②くもり止めを塗る

汚れが取れたら、くもり止めをレンズの表裏・左右の4ヵ所に塗ります。スプレータイプを使う場合はレンズ全体にムラなく吹きかけましょう。

この時、たくさんの量を付けないように注意。付ける量が多いと、綺麗に拭き取れないこともあります。ジェルタイプの場合は、1~2滴を目安に付けます。

くもり止めを付けたら、指でレンズ全体に伸ばしていきます。少しでも塗れていない部分があるとその部分がくもってしまうので、ムラができないよう注意することが大切です。

③少しの間乾かす

まんべんなく塗ったら、くもり止めが半乾きになるくらいまで乾かします。全く乾いていないと、くもり止めを綺麗に拭き取るのが難しくなります。一方で完全に乾かしてしまうと、逆に拭き取りにくくなってしまうので気を付けましょう。

④ティッシュで拭く

最後にティッシュを使って拭き上げます。眼鏡拭きを使ってしまうと汚れだけでなく、くもり止めの成分まで拭き取ってしまう可能性があり、効果がなくなることもあります。

拭き上げたらレンズに息を吹きかけて、レンズが曇らないかどうか確認してみましょう。もし、少しでも水滴が付くようであれば、もう1度くもり止めを塗って拭き上げます。

クロスタイプはクロスで拭くだけでOK

上記で紹介したやり方は、ジェル・スプレータイプの使い方です。クロスタイプのくもり止めはクロスでレンズを拭くだけなので、ジェル・スプレーほどの手間はかからずとても手軽。また、息を吹きかけながら拭けば、くもり止めの成分が付いた所とそうでない所がすぐに分かります。


クロスタイプを使う場合でも、ジェル・スプレータイプと同様、レンズが傷つくのを防ぐために、拭く前にレンズの汚れを落としましょう。

アイガンおすすめの眼鏡用くもり止め

メガネのアイガンには眼鏡用のくもり止めアイテムがいくつか揃っており、いずれもクロスタイプです。最後に、アイガンのおすすめ商品を紹介します。

くり返し使える メガネのくもり止めクロス

眼鏡のくもりが気になる時にサッと手軽に拭けるのが特徴です。くもり止めの成分でレンズがギトギトになってしまうことはありません。レンズのくもりだけでなく汚れも取ってくれるので一石二鳥。

約25回使用できるクロスが3枚入っているので、合計で約75回使用できてコスパも良いです。クロスで拭き取った後は、くもり止めの効果がしっかり持続します。

サイズ:115×75ミリ
値段:税込 ¥418

DEFO GUARD Ⅲ(強力くもり止めクロス)

眼鏡の汚れを拭き取った後にこちらのクロスで拭きあげるだけで、くもり止めの効果を実感できます。1回拭くだけで、くもり止めの効果は約12時間も持続。また、1枚で約300回の使用が可能なのでコスパが抜群です。

クロス自体がくもり止め成分で湿っているので、乾燥しないように必ずケースに入れて保管しましょう。

サイズ:15×18センチ
値段:税込 ¥990

くもり止めを正しく使って眼鏡生活を快適に

眼鏡は対策なしだと日常生活でくもりやすいですが、くもり止めを上手に使うことで、くもるストレスから解放されます。眼鏡を快適に、また長く使うためにも日々のレンズケアはとても大切。正しい使い方でくもりを防いで眼鏡生活を快適にしましょう。