ファッションに合わせておしゃれに見えるメガネを選ぼう!

share
ファッションに合わせておしゃれに見えるメガネを選ぼう!
真面目なイメージを持たれがちなメガネですが、最近はおしゃれなメガネが続々と登場しています。レンズの形やフレームの選び方、なりたい印象やファッションの傾向にあわせることで、オリジナリティ溢れるメガネを見つけられます。基本的なメガネの選び方を知って、ファッション感覚でおしゃれにメガネを選んでみて。

おしゃれに見えるメガネの選び方【基本】

日常的にメガネをつけるのなら、やはり顔の形にあったものが一番おしゃれ。
ですが自分の顔の形にあったメガネがどういうタイプか、わからない方も多いのでは?まずは基本的なメガネの選び方を知りましょう。

①フレームの縦サイズの選び方

メガネのフレームの縦幅は、眉~顎の3分の1くらいがちょうどいい長さです。面長の人はメガネのフレームが長いもの、小顔の人は短いものを選ぶと、バランスがよくなります。メガネが顔から浮いているような印象にならないために、このサイズ感をしっかり見極めましょう。

②フレームの横サイズの選び方

メガネのフレームの横幅(右レンズの目尻から左レンズの目尻まで)は、顔を真正面から見たときに顔幅より同じ~少し狭めのものがバランスよく見えます。長すぎると輪郭のバランスが崩れてしまい、短すぎると顔が浮腫んでパンパンのような印象に見えてしまいます。

③目の間隔に合わせたブリッジサイズを選ぶ

レンズとレンズの間、ブリッジのサイズ選びも、自分の顔にあったメガネ選びのために必要です。目の幅が狭い「求心顔」は狭いブリッジサイズを、目の幅が離れている「遠心顔」は広いブリッジサイズのものを選びます。鼻の高さや幅にフィットしているかも重要です。あまり窮屈だとフレームの跡が付いてしまいます。

④ブリッジの位置と鼻のバランス

ブリッジの位置がレンズに対してどの辺りについているかでも印象が変わります。鼻が大きめの人は、ブリッジがレンズに対して低めの位置についているものがおすすめ。また鼻が小さい方、鼻を高く大きく見せたい人は、ブリッジがアーチ型で高い位置にあるメガネを選びましょう。

おしゃれに見える眼鏡の選び方【フレームの形】

メガネのフレームの形には多くの種類があり、それぞれに特徴があります。顔の形によってフレームを選ぶとよりおしゃれになります。自分の顔やイメージに合わせてフレームの形を選んでみましょう。

オーバル型

タマゴ型の定番タイプの「オーバル型」は、四角顔やベース型など、少しエラが気になるという方に似合うフレームです。やわらかい、知的な雰囲気になるだけでなく、目元のくすみやクマもカバーできます。性別や世代を問わず、あらゆるシーンで使える万能タイプのメガネです。

ボストン型

「ボストン型」は、オーバル型よりも下の部分がやや深く、逆三角形に近い形になります。三角顔や面長の方に似合う形のフレームで、きつい印象を和らげたい方におすすめのです。男性はカジュアルで若々しく、女性は可愛らしい印象になります。クラシカルな印象にしたい人にもおすすめ。

スクエア型

「スクエア型」は、レンズの形が四角で横に長い形状です。顔の印象を引き締める効果があり、やや強めな印象に、男性はダンディーな雰囲気になります。丸顔など、少し顔の印象をきりっとさせたい方におすすめです。スクエア型はレンズ全体に縁があるタイプのフレーム「フルリム」が定番と思われがちですが、ナイロール(ハーフリム)やリムレス(縁なし)など種類も豊富です。

ウェリントン型

「ウェリントン型」は、ボストン型と同じくクラシカルな印象のメガネ。スクエアが若干逆台形型になり、ボストンに比べてやや角っぽくなっているのが見分け方です。ジョニー・デップがつけていたことで話題となり、人気が集まりました。丸みのある面長の顔に似合います。フレームやレンズの色でよりおしゃれにアレンジできます。

ラウンド型

「ラウンド型」はオーバル型よりも更に幅が深く、丸に近い形のフレームです。優しくやわらかく、やや個性的でユニークな印象を与えます。逆三角形や面長顔でパーツがシャープな方におすすめです。大きめフレームでも、細いフレームであれば自然に見えます。太めフレームや小さめフレームはレトロな印象になり、やや難易度が高いです。

おしゃれに見えるメガネの選び方【フレームの素材】

眼鏡のフレームの形を紹介しましたが、実はフレームの素材も様々な種類があります。顔のパーツのひとつになるメガネを、フレームの素材にもこだわって選べばおしゃれになります。

セルフレーム

フロントがアセテートなどのプラスチック素材でできているのが「セルフレーム」です。雰囲気のみならず、値段も比較的カジュアルで、手軽に作って取り入れられるのが特徴です。ちょっと高級志向だと昔ながらのセルロイド製のセルフレームもあり、カジュアルながらもきちんとした雰囲気にすることができます。

メタルフレーム

フロントが金属でできているものが「メタルフレーム」です。フレームの主張が少なく、シャープな印象なので、どの場面やコーディネートでも取り入れやすいのが特徴です。劣化や汚れか少ないというメリットもあります。最近はカラーコーティングも主流になり、ポイントでおしゃれにも取り入れられるようになりました。

コンビフレーム

プラスチックとメタルの組み合わせが「コンビフレーム」。やや個性的な印象になりますが、人気上昇中のフレームです。コーディネートのアクセントになるうえ、プラスチックとメタルの組み合わせによっても印象を変えられます。コレクターや複数個持ちにおすすめの一つです。

おしゃれに見えるメガネコーディネート【男性編】

おしゃれな人はコーディネートに合わせてメガネを選ぶ人も少なくありません。メガネの選び方次第で時にはクールに、時にはほっと趣のある雰囲気に彩ります。

ドレッシー×ウェリントン

旬のセットアップやスリーピーススーツには、ウェリントン型メガネがおすすめです。太目のフレームがより旬なイメージを強くします。ややブルーの色味のあるレンズの色も相性バッチリです。ビジネススタイルにはもちろん、ドレスコードがあるフォーマルシーンにもおすすめです。

カジュアル×ボストン

ブルゾンジャケットやデニムなどのラフなカジュアルスタイルには、太めフレームのボストンがおすすめ。丸いインパクトのある形状がハズしになっていておしゃれです。またフレームをべっ甲風にすれば、エスニック調のアクセサリーとも相性バッチリです。

ストリート×ラウンド

デニムジャケット、ニット、キャップなどのストリートなスタイルには、ラウンド型のメガネでハズすのがおしゃれです。細いメタルフレームを選べば、あまりハードすぎず、親しみやすい雰囲気をプラスできます。

おしゃれに見えるメガネコーディネート【女性編】

女性はメガネの選び方次第でより女性らしさを引き立てたり、かわいらしい印象にしてくれます。

きれいめ×ボストン

コートやスカートのきれいめコーディネートなら、ボストン型のメガネでフェミニン度をアップするのがおすすめ。太めフレームで上品ながらも真面目すぎない、少しこなれた印象になります。スカートやヒールなどの女性らしいアイテムにも合います。

カジュアル×ウェリントン

Tシャツやデニム、ブーツなどカジュアルなコーディネートには、大人っぽい印象のウェリントン型がおすすめです。しっかりメイクをすれば、太めフレーム&大きめレンズの一見難しそうなメガネもきれいに馴染みます。

シンプル×オーバル

パンツにカットソーといった大人シンプルなコーディネートは、メガネとの相性バッチリ。主張少な目のシンプルなオーバル型など、丸いフォルムのメガネはレディライクなイメージにぴったりです。ゆるく過ごしたい、ちょっとメイクは薄めにしたい、というときも、大きめメガネがカバーしてくれます。

メガネをおしゃれに取り入れて楽しもう

おしゃれに取り入れるのはハードルが高いと思われがちなメガネですが、メガネのフレームだけでもたくさんの種類があり、選び方次第で印象も変わります。自分の顔の形やファッションの傾向に合わせて、楽しくおしゃれにメガネを取り入れてみてくださいね。