正しい紫外線対策をして目を守ろう!肌以外の対策もしっかりと

share
正しい紫外線対策をして目を守ろう!肌以外の対策もしっかりと
「紫外線が肌や目に悪い」ことを知っていても、実際に紫外線の何がどのように悪いのかまではなかなかわからないものです。気になる紫外線が目や体に与える影響や、おすすめ紫外線対策メガネを紹介します。

紫外線が肌にもたらす影響とは?

紫外線対策に日焼け止めを塗っている人は多いですが、実際に紫外線が肌にどのような影響を与えるのか詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。まずはそんな紫外線が肌に与える様々な影響を詳しく紹介します。

肌のバリア機能の低下

肌の表面にある角質層は、肌の水分の蒸発を防ぐことでうるおいを蓄え、乾燥や外部からの刺激物などが内部に侵入するのを防ぐバリア機能を持っています。
しかし、紫外線を肌に浴びることにより、これらの保護層の働きを弱めてしまいます。バリア機能が低下すると肌の水分が蒸発しやすくなり、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルにつながることに。
そのため、紫外線をできるだけ防いで、バリア機能がしっかりと働く状態をキープすることが大切です。

肌の防御機能が過剰に反応してしまう

小麦色の肌には健康的なイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。しかし、肌の日焼けは本来肌の防御機能が働くことで起こる現象です。紫外線に肌がさらされると、紫外線を吸収して肌を保護するための色素「メラニン」が生成されます。その結果、小麦色の肌となり、それが過剰に反応してしまうと色素沈着などにもつながってしまいます。
メラニンは紫外線や様々な刺激などから肌を守ってくれるもののため、本来は大切なものです。しかし、過剰に作られたメラニンがシミの原因につながるため、できるだけ紫外線を浴びないことが大切です。

肌が衰える

紫外線をはじめとする太陽の光を肌に浴びると、体内にビタミンDが生成され健康維持に役立つと言われています。しかし、太陽の光を長時間浴びすぎてしまうと、同時に肌の「光老化」が起こります。光老化は年齢を重ねることで起こる老化とは違い、紫外線を浴びた量が多いほど、肌の色のくすみや張りの低下、しみ、しわなどにつながると言われています。
肌の下は「コラーゲン」や「エラスチン」と呼ばれる成分が張り巡らされ、肌に張りと弾力が保たれています。しかし、紫外線を長時間浴び続けると、コラーゲンやエラスチンが本来の機能を失ってしまい、肌が衰えてしまうのです。

細胞がダメージを受けてしまう

肌が紫外線にさらされると「フリーラジカル」が生成されます。フリーラジカルは、生きていくうえで必要なものですが、過剰に作られてしまうと健康な細胞を傷つけてしまいます。そのため、紫外線を肌に受けると瞬時に細胞がダメージを受けてしまい、たった数秒でもDNAを破壊してしまうと言われています。
夏の日差しが強い日に、ちょっと洗濯ものを干したり、出かけるために車まで移動するだけでも影響がないとは言えません。日差しの強い日にはできるだけ、紫外線対策をおこなう習慣をつけておきましょう。

紫外線が目にもたらす影響とは?

肌の紫外線対策をおこなっている方は多いですが、目への対策はできていますか?紫外線は肌だけでなく、目にも様々な影響をもたらします。

角膜炎や雪目などの症状を引き起こす

紫外線の影響と聞くと多くの人は肌への影響を考えますが、実は目も肌と同じように紫外線による様々な影響を受けています。例えば目に紫外線が入った場合、角膜が炎症を起こし目の痛みや充血などの症状が出ることも。これは「雪目(電気性眼炎)」と呼ばれる症状で、海水浴場やスキー場で強い太陽光線を浴びると、角膜の表面が傷ついてしまう目の病気です。一般的には、強い紫外線を受けてから6時間から10時間ほどで充血や違和感、痛みなどの症状が現れます。そのため、目に強い紫外線が入る恐れのある場所では、サングラスやゴーグルなどの対策が必要です。

白内障などの病気につながる恐れも

雪目などの状態からさらに強い紫外線を目に浴び続けると、ダメージが蓄積されて目の細胞を破壊してしまう恐れもあります。その結果「白内障」と言われる病気に繋がることも。白内障は、眼球の水晶体が白く濁って視力が低下する病気です。水晶体はカメラレンズのような働きを担っているもので、外からの光を集めて視点を合わせる働きを持っています。白内障になると、集めた光がうまく届かなくなってしまい、視力の低下だけでなく、視界がかすんだり、光を通常よりも眩しく感じてしまうなどの症状が出ます。

目から入る紫外線は肌にも影響する?

実は目から入る紫外線が影響を与えるのは目だけではありません。目から強い光が入ることで、脳が体内に紫外線が入ってきたと判断します。その結果、脳が肌にメラニン色素を出すように命令してしまい、肌に紫外線を浴びていないのに日焼けしてしまうことも。せっかく日焼け止めクリームなどで肌の紫外線対策をおこなっているのに、目から紫外線が入り肌トラブルに繋がることも考えられるのです。
しっかりとした紫外線対策をおこなうには、肌と目の両方の紫外線対策が必要だと言われています。

おすすめの紫外線対策用メガネ

肌は日焼け止めクリームなどで紫外線から守ることはできますが、目の場合はそうはいきません。そのため、紫外線対策用のメガネやサングラスの着用が必要です。
ここでは、メガネの愛眼の紫外線対策にぴったりのメガネを紹介します。

メガネの愛眼 UV420シリーズ

メガネの愛眼の「UV420シリーズ」は、紫外線カットに加え、ブルーライトや目の老化に影響を与えると言われている有害なHEV光線までを軽減してくれます。
通常紫外線カットとは400nm(ナノメーター)までの光線をカットするものを指しますが、UV420シリーズはそれ以上の機能を実現しています。

メガネの愛眼 UV420シリーズ サングラス

「UV420シリーズ」のサングラスバージョンです。機能性とファッション性の両方を兼ね備えたサングラスは、大きめのデザインにより、目元をより広く紫外線から守り、さらには小顔効果も期待できます。
薄色のカラーレンズを採用し、さらには鼻当てや耳掛けの調節も可能なため、長時間装着しても目の負担が少なく疲れにくいのも特徴。
様々なシーンに合わせた4種類×4色のデザインが用意されています。

メガネの愛眼 UV420シリーズ 美容メガネ

メガネの愛眼の「UV420シリーズ」の「美容メガネ」は、近赤外線をカットする新しいタイプのメガネレンズ。よくある紫外線カットのみのメガネだけでは、美しい肌を保つことができないというコンセプトから生まれました。
しみ、そばかす、しわやたるみなどのお肌のトラブルの原因となる赤外線は、紫外線よる肌深部に到達しやすく、光老化の促進につながると言われています。また、紫外線をカットした太陽光を約3時間肌に照射すると肌温度が上昇。その結果、肌を黒くするもとを異常に作り出してしまったり、しわのもととなる酵素が増える結果にも。
そのため、紫外線でなく、近赤外線をしっかりとカットすることが美容を守るための正しい太陽光対策だと言えます。

紫外線対策には専用のメガネも必須

紫外線が目に与える影響を考えると、日差しの強い日は日焼け止めクリームだけではなく、紫外線対策用のメガネも必須アイテムのひとつです。しっかりと正しい紫外線対策をおこなって、肌や目を紫外線から守りましょう。