失敗しない補聴器の選び方&お値段の理由

share
失敗しない補聴器の選び方&お値段の理由
病気や加齢などで難聴に悩む人にとって、補聴器は聞こえ方を改善する優れたアイテムです。ただ、補聴器は精密機器という特性上、お値段も高価。購入してから「失敗した!」と後悔するのは避けたいところです。補聴器を上手に利用し、充実ライフを過ごすために、購入前に知っておきたいことをご紹介します。

値段の検討よりもまずは…店舗へ相談を

補聴器は購入後も微調整を続けていくのが一般的

一般的に補聴器は購入後も繰り返し微調整しながらフィットさせていく機器。耳の形状や聞こえ方は人それぞれですし、すぐにピタリとハマることは稀です。補聴器を使い始めてからしっかり聞こえるようになるまで、およそ3ヵ月かかると言われています。通販購入は便利ですが、このような特性から補聴器に限ってはおすすめできません。

メガネのアイガンでは、「認定補聴器技能者」資格取得者が多数在籍しており、お客様にとって最適な補聴器選びをご提供します。補聴器の購入後も聴力の変化や使用環境に応じて何度でも微調整のサポートが受けられるのも安心ですよね。

知っておこう!「耳あな型」「耳かけ型」「ポケット型」

主流は3タイプ。自分の用途に合ったものを

補聴器は大きく分けて3つのタイプがあります。

・耳あな型
小型でスッポリと耳のあなに収まるので人目に付きづらく、ヒトが持つ耳の集音効果を活かした自然な聞こえ方が特徴です。 メガネやマスクの邪魔にもなりません。

・耳かけ型
耳あな型に比べると操作が簡単と言われています。文字通り耳にかけるタイプ。最近は小型化が進み、防水処理も標準となってきており、さらには充電式も出てきました。

・ポケット型
スイッチが大きく操作がしやすいのが特徴で、本体とイヤホンをコードでつないで使用します。器種によっては高性能を発揮するものもあります。

充電式「RIC型」が人気

また最近は耳かけ型を小型、軽量化させた「RIC型」が人気を博しています。 アクティブな活動を後押しするため、ほとんどの耳かけ型、RIC型は防水仕様になっていますし、寝ている間に充電をして、起きている間一日中使える充電式は特に人気です。

難聴を補うための基本的な性能がアップしているのはもちろん、使い勝手やデザインの部分でも、補聴器の選択肢は広がっています。

補聴器の値段は?ウン十万円でも適正?

補聴器の値段は性能によって違いがありますが、小型なほど高価な傾向があり、一般的には「耳あな型」を選ぶと1台20万円前後、両耳使用なら40万円程度の費用がかかると言われています。さらに高性能を選べば1台50万円以上、両耳なら100万円以上となるものもあります。補聴器と無縁の生活を送っている人には「高い」と感じるでしょう。

しかし、補聴器の中には音を拾うマイク、増幅させるアンプなど、まるで音楽スタジオを凝縮させたような精密機械がぎっしり詰まっています。スマートフォンなどの機器と同じように補聴器も各メーカーがしのぎを削ってより良いものを開発し、毎年のように新しいテクノロジーを搭載したモデルが発売されています。難聴に悩む人々の生活環境やニーズが多様化していることも開発スピードに拍車をかけ、現在の相場はやむを得ない状況です。

補聴器所有者の1台あたり購入価格は平均約15万円

社団法人の日本補聴器工業会が2018年に調べたデータによると、補聴器購入者の1台あたりの費用は平均15万円でした。両耳購入なら約30万円と推定されます。内訳は10万円以上20万円未満が最も多く48%。次いで20万円以上30万円未満と5万円以上10万円未満がともに17%と出ており、両耳購入ならやはり6ケタの費用はかかりそうです。

レンタルで試してみるのもアリ

お試しにかかる費用は2週間で数千円

補聴器が高価な事情を理解したとしても、おいそれと出せる値段ではないのは確か。納得して購入するためには、レンタルから始める手段もあります。

メガネのアイガンでは2週間のお試しで電池式「耳かけ型」と充電式の「耳かけ型」「耳あな型」は3,000円、電池式「オーダーメイド耳あな型」は6,000円のプランをご用意。期間中の調整は何度でも無料で受け付けています。まずはお試しから始めることも、しっかりフィットする補聴器と出会うためには効果的と言えそうです。

消費税はゼロ。難聴の程度によっては補助も

障害者手帳保持者は各自治体に問い合わせを

費用の補助について健康、生命保険は利きませんが、聴覚の身体障害者に認定されると、一定額の補助が出る場合もあります。制度は地域によって異なるので、各自治体に問い合わせてください。そして補聴器は薬機法で定められている管理医療機器で消費税は非課税。ただし、電池やクリーナーなど補聴器本体以外のものは課税されます。

また、2018年度から補聴器の購入費用は医療費控除の対象になりました。日本耳鼻咽頭科学会が認定した補聴器相談医の診察を受け、所定の書類を書いてもらってから購入する必要があります。補聴器相談医の名簿は日本耳鼻咽頭科学会のサイトに載っており、購入前は相談医の診断を受けることも合わせて推奨します。

補聴器購入者の89%は生活の質が向上

補聴器は値段が張るといっても、日本補聴器工業会の調査によると購入者の89%が「生活の質が向上した」と述べています。補助や控除など負担を減らせる可能性を事前に確認しておけば、いい補聴器選びの幅も広がるかもしれません。

補聴器の値段には理由がある

補聴器は不自由のない生活を送るために、体の一部として機能してくれる重要なパートナー。一人ひとりに合わせていく精密機械という特性から、高価とも思える値段にも理由があります。

安心して購入するためには、まずお試しレンタルからスタートする方法もあるので、利用者だけではなくサポートする家族もその価値と向き合い、知識を深めていくことが、「失敗しない補聴器選び」につながるはずです。