サングラスが似合わないのには理由がある!選び方のコツとは?

share
サングラスが似合わないのには理由がある!選び方のコツとは?
サングラスをかけたいけれど、どうも似合わないように感じたり、周囲から浮いているように感じたりすることはありませんか?この記事では、似合わないと感じる原因や、居心地の悪さの理由を探っていきます。加えて、上手なサングラスの選び方も紹介します。

サングラスが似合わないと感じる理由とは?

なんだか顔に馴染んでいないようで、苦手意識を持つ人も少なくないサングラス。似合わないと感じてしまう理由を探ってみましょう。

眉毛ががっつり見える

メガネやサングラスと眉毛との位置バランスについては、フレームの上のライン(トップライン)が眉毛にちょうど重なるか、眉毛がフレームからわずかに覗くくらいがベストといわれています。

しかし、多くの日本人の顔立ちでは眉毛と目との間隔が広めであるため、眉毛がトップライン上方にはみ出しがち。眉毛がフレームの上にはみ出ているからといって必ずしもおかしいということではありませんが、間延びして見えてしまうことがあります。

さらに、レンズがほぼ無色透明で、肌との境界線が曖昧な細めフレームのメガネに比べ、サングラスはレンズに色がついている分、肌との境目がくっきりと目立つので、眉毛の位置が目につきやすいという事情もあります。

コントラストが強すぎる

コントラスト(色の明暗)の差が広がれば、それだけ存在感が増すという理屈はサングラスにも当てはまります。

肌色にもよりますが、一般的に色が濃く暗いレンズほど肌色とのコントラストに差がでますので、その結果顔の上での主張が強くなり、存在感が際立つことに。色鮮やかな服装と同様で、存在感抜群のサングラスは南国のリゾート地にはお似合いですが、街中での日常生活においては悪目立ちしてしまう場合も少なからずあります。

旅先でサングラスをかけている時にはさほど気にならないのに、ちょっとそこまでの外出時にかけるとどうにもしっくりこないと感じるのであれば、レンズの色と肌色とのコントラストの差が強すぎる可能性が考えられるでしょう。

顔の輪郭とのバランスが取れていない

髪型には顔の輪郭ごとに似合う似合わないがあるといわれていますが、メガネやサングラスも同じです。さらに、一般的なメガネよりも主張するサングラスは、違和感も大きくなりがち。

丸みのある輪郭の顔には、そのソフトな印象を引き締める直線的なスクエアタイプや、フレームのトップラインやブリッジが真っ直ぐに近いデザインのサングラスが適しているといえるでしょう。

一方、ほっそりとした面長顔には、ウェリントンやティアドロップといった高さ(天地幅)のあるフレーム形状のサングラスがおすすめ。フレームのラインが輪郭に近い位置となりしっくりくる場合が多いです。

また、しっかりとした直線的な輪郭には、逆に曲線的なデザインのフレームや、フレームの存在感が薄めのハーフリム(レンズ半分のフレームがないデザイン)などのサングラスを選ぶことで、輪郭の印象とのバランスが取れます。

似合う・似合わないを分けるサングラス選びのポイントは?

先述したような似合わないと感じられてしまう理由を踏まえ、サングラス選びのポイントを確認しましょう。

フレームと眉毛の関係性に着目する

サングラスのフレームのトップラインと眉毛の位置バランスに着目しましょう。

できるだけ眉毛が覗かない形状のフレームか、覗くとしてもトップラインと眉毛のフォルム(角度)が概ね同じものを選ぶようにすると、違和感は軽減されます。

なお、トップラインと眉毛の位置関係を気にするあまり、レンズを上のほうに上げすぎた状態になっていることに気づかないというケースも見受けられます。レンズの中央部に目が収まるように装着し、その上で眉毛がどの辺りにきているかを確認しましょう。

特にレンズの色が濃いサングラスの場合、鏡で見ても自分の目がレンズのどの辺りにきているかがよく見えないこともあります。同行者や店員さんにチェックしてもらうか、スマートフォンで自撮りするなどといった方法で確認しましょう。

“真っ黒”以外のレンズにも目を向けてみる

サングラスといえば黒っぽいレンズというイメージが強いですが、レンズのUVカット性能はその色に比例するとは限りません。また、サングラスだからといって真っ黒なレンズでなければならないということはまったくありませんので、明るめのレンズカラーも選択肢に加えてみましょう。

実際、真っ黒やそれに近い色のレンズのサングラスはカジュアルでスポーティーな印象が強く、日常的には使いづらい場合も。淡いブラウンや明るいグレー、ファッション性の高いパープルやピンク、すっきりとして見えるブルーなどにも目を向けてみてください。

さらに、自分の肌色を引き立ててくれる色合いのものを選べば、装い全体が洗練されるという効果も期待できます。

顔つきとフレームとのコンビネーションに着目する

顔の輪郭に適したフレーム形状というだけでなく、顔つきとのコンビネーションを左右するその他の要素にも着目しましょう。

チェックしたい要素として、例えば次のようなものがあります。

・顔立ちの印象にあった素材(セルフレームか、メタルフレームか)
・鼻の高さや幅に合ったブリッジのタイプ(まっすぐかカーブしているか、太いか細いか)
・目の大きさに合ったフレームのサイズ

総合的に見て自分の顔つきと相性が良いと考えられるフレームをまず探して、そこにかけ心地や好みのデザインなどを加味しながら選んでいくというのも、スムーズなサングラス選びの方法の一つといえます。

満足度をより高めるサングラスの選び方とは?

ただ「浮いて見えない」というだけにとどまらず、満足度をさらに上げるサングラスの選び方とはどういったものなのでしょうか。

フレームとレンズを別々に選ぶことも選択肢に入れる

サングラスとして店頭に並んでいるものだけが選択肢であるとは限りません。

たとえば日頃メガネをかけている人で、自分によく似合うと感じているフレームがあるなら、そのフレームにUVカット機能付きのカラーレンズを組み合わせてサングラスにするというのも一つの方法です。
(カスタマイズの可否については店舗ごとに異なるので確認してください。)

レンズカラーごとの印象を知る

ひと口にサングラスといっても、代表的なブラック系の他にもさまざまなレンズカラーがあります。それぞれのカラーが与える印象やその特長を知ることで、サングラス選びの満足度はアップするでしょう。

【ブラウン系】
肌なじみのよさから人気の高いブラウン系。目元に陰影を与え、彫りを深く見せてくれる効果も。

【グレー系】
ブラウン系に近い陰影をもたらす効果と、よりシャープな印象を与える働きを持つグレー系。眩しさを抑える効果が高いカラーでもあります。

【グリーン系】
日本人に多い黒い瞳によく似合うのがグリーン系。知的な印象を与えるという見た目の効果だけでなく、目が疲れにくいという特長も。

【ブルー系】
涼しげでクールな印象を持ち、蒸し暑い夏にぴったりのブルー系。目元に透明感を与えてくれます。

【パープル系】
上品さを感じさせるパープル系。ピンクと調和するので、ピンクメイクがお好みの女性に特におすすめのカラーです。

アクセサリー視点で選んでみる

UVカットという機能性を持つツールであると同時に、ファッションアイテムでもあるサングラス。

女性であれば、メイクに時間をかけられない時のお助けアイテムや、ラフな格好をしたい日のアクセサリー代わりにもなりますので、ファッション感覚でサングラスを選ぶのもおすすめです。

男性であれば、キャップやネクタイを選ぶような視点でコーディネートに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

「似合わない」から「お気に入り」へ。サングラスをもっと身近に

常夏のリゾート地で使うアイテムといったイメージの強いサングラスですが、目を紫外線から守り、快適な視界を実現するという大切な役割を担っています。だからこそ、各種スポーツやアウトドア・アクティビティ、通勤などの日常生活にもぜひ取り入れたいアイテム。上手に選ぶコツを知り、サングラススタイルをもっと身近に楽しみましょう。