サングラスレンズはどう選ぶ?種類やカラーごとの特徴を解説!

share
サングラスレンズはどう選ぶ?種類やカラーごとの特徴を解説!
さまざまな種類やたくさんのカラーがあるサングラスレンズ。それぞれの特徴を知ると、自分に最適なレンズを見つけやすくなります。この記事では、サングラスレンズの主な種類やカラーごとに異なる特徴をわかりやすく解説。さらに、サングラスレンズの交換方法についても紹介します。

サングラスレンズの主な種類

車の運転中やスポーツをしている時などに、日差しによる眩しさを防ぐのがサングラスの基本的な役割。しかし、レンズにはさまざまな種類があり、選ぶレンズによって機能が少しずつ異なるのをご存じでしょうか?まずは、サングラスレンズの種類ごとに特徴や機能を紹介します。

調光レンズ

調光レンズは、太陽光に含まれる紫外線や可視光線に反応して、カラーの濃淡が変化。紫外線や可視光線の量が多くなるほどレンズのカラーは濃くなり、少なくなるほど薄くなるという性質を持っています。そのため、日差しが強い屋外ではレンズのカラーが濃くなり、眩しさを和らげます。一方、日差しが届きにくい屋内ではレンズのカラーが薄くなり、視界が明るく保たれます。

その他、温度の影響を受けやすいというのも調光レンズの性質。気温の高い夏はレンズのカラーが薄く、気温の低い冬はレンズのカラーが濃く発色します。

偏光レンズ

サングラスをかけていても、路面や水面などに光が反射して見えづらさを感じることがあるでしょう。そのような光の乱反射が気になる時に活躍するのが偏光レンズです。

レンズに偏光膜と呼ばれる特殊なフィルターを挟み込み、一定方向の光だけを通すのが偏光レンズの仕組み。偏った光が遮られるため、快適な視界を実現します。さらに、一般的なレンズに比べてガラスの映り込みが抑えられるというメリットもあるので、車の運転などに適しています。

ミラーレンズ

ミラーレンズは、その名のとおり、鏡のように目の前にあるものを映すレンズ。太陽光などのさまざまな光を反射させるので、他のレンズに比べて、目を保護する効果がより高いといえます。また、ベースとなるレンズカラーを濃くするほど、鏡としての効果を高めることができます。ただし、レンズの形やサングラスのデザインによっては、ミラー加工されていないレンズ裏から入り込んだ光が反射することもあるので注意が必要です。

機能性だけではなく、ファッション性の高さにも注目が集まるミラーレンズ。見た目のインパクトから、夏のビーチやキャンプで周りと差をつけたい人にもおすすめです。

UVカットレンズ

紫外線対策は、サングラをかける主な目的の一つでしょう。その機能に特化したのがUVカットレンズです。一般的に紫外線を防止する効果が低いとされるクリアカラーや薄いカラーでも、UVカットレンズならば目の保護に役立ちます。

とはいえ、一口にUVカットレンズといっても性能に違いがあります。購入の際には、UVカット率もしくはUV透過率をチェックすることが大切です。
UVカット率は紫外線をどれだけカットするのかを表したもので、数値が大きいほど性能が良いといえます。一方、UV透過率は紫外線がどれだけ透過するのかを表したものなので、数値が小さいほど性能が高くなります。

その他、紫外線について「UV400」や「UV420」と表記されているレンズもあります。これは、波長400mmまでの紫外線をカットする機能があることを示しており、UV400もあれば紫外線の約99%をカットできるといわれています。

サングラスレンズのカラーごとの違い

サングラスのレンズはカラーも豊富。多くの眼鏡店では、10~20色ほどカラー展開があるようです。そして、サングラスのレンズはカラーによって機能やかけた時の印象に違いが出るといわれています。ここからは、サングラスレンズのカラーごとの違いについて解説します。

グレー系のサングラスレンズ

グレー系のサングラスレンズは光を均一にカット。眩しさは抑えながら、自然な視界が叶います。サングラスをかけても見え方が大きく変わらないため、ジョギングやサイクリングなど、アクティブに体を動かすシーンにぴったりです。

薄いグレーならクールに、濃いグレーなら大人っぽく…と、カラーの濃淡によって雰囲気が変わるのも魅力です。

ブラウン系のサングラスレンズ

波長の短いブルー系の光を抑え、視界のコントラストを高める効果がある、ブラウン系のサングラスレンズ。クリアな視界が得られるので、動きの早い魚を追うフィッシングなど、一瞬の判断力を求められるシーンにおすすめです。また、曇天時のゴルフといった天気の悪い日のスポーツシーンにも役立ちます。

ブラウン系は肌なじみが良いので、初めてのサングラスとしても取り入れやすいでしょう。

ブルー系のサングラスレンズ

眩しさを強調するとされるイエロー・オレンジ系の光をカットするのが、ブルー系のサングラスレンズ。イエロー・オレンジ系の光は波長が長いため、ブルー系のサングラスレンズを選ぶとコントラストを下げる効果が期待できます。真夏の日差しを浴びながらのサイクリングや、対向車のヘッドライトが眩しく感じる夜間のドライブなど、光の強さが気になるシチュエーションで活躍します。

ブルー系はクールで涼しげな印象を与えるので、夏のサングラスとしてもおすすめです。

イエロー・オレンジ系のサングラスレンズ

イエロー・オレンジ系のサングラスレンズは、コントラストの高さが特徴。太陽光が届きにくい悪天候の日や室内、夜間であってもクリアな視界を確保できます。ただし、可視光線や紫外線を遮る役割があまりないカラーなので、高いUVカット効果のあるレンズを選ぶのがおすすめ。

日本人の肌色に近いカラーは、普段使いのサングラスとしても利用しやすいでしょう。

グリーン系のサングラスレンズ

ブルー系やレッド系の光を程よく抑え、自然な見え方を叶えるのが、グリーン系のサングラスレンズ。目が疲れにくく、キャンプや海といったアウトドアで使用しても、視界に違和感を感じません。

優しい印象を与えるカラーなので、あらゆるファッションに合わせやすいのもメリット。サングラスレンズのカラーに悩んだら、まずはグリーン系から検討してみてはいかがでしょうか。

サングラスのレンズを交換する方法

眼鏡店に相談するのが一番!

お手持ちのサングラスのレンズカラーや度数を変えたい場合は、眼鏡店へ相談するのが安心です。
(※もし、そのサングラスのスペアレンズをお持ちでも、自己流でやってしまうとフレームやレンズを破損してしまう危険性があります。)

カラーレンズに交換するための費用は、レンズ代+作業代で1万円~が相場。愛眼ならカラー、UVカット付、球面レンズで7,700円(税込)~交換が可能です。

目的に合ったサングラスレンズを選ぼう

サングラスレンズは種類によってそれぞれ特徴があります。また、レンズのカラーは見た目の印象やファッション性に影響するので、たくさんのレンズから自分にぴったりのものを選ぶのはなかなか難しいものです。サングラスのレンズ選びに悩んだ時は、ぜひ眼鏡屋さんへ足を運んでみてください。専門的な知識と客観的な判断から、最適なレンズを選んでもらえますよ。