コンタクトで充血する原因と対処法。目を休ませるための家用メガネも紹介

share
コンタクトで充血する原因と対処法。目を休ませるための家用メガネも紹介
コンタクトはとても便利なアイテムですが、付けることで充血してしまう人も。充血を防ぐためには、原因を突き止めた上で的確な対処法を取ることが大切です。そこで本記事では、コンタクトが充血する原因や対処法を解説するとともに、目を休ませたい時におすすめの、メガネのアイガンの商品を紹介します。

コンタクトで充血する原因

目の充血はさまざまな原因で引き起こされますが、コンタクトレンズの使用によって充血するケースもあります。まずは、コンタクトで充血する原因について解説します。

レンズの傷や汚れ

コンタクトを使用すると、肉眼では見えない汚れなどがレンズに付着します。そのため、正しいケアをしながら使用することが大切です。

ワンデータイプはケア不要のお手軽なコンタクトではありますが、それ以外のコンタクトは毎日のケアが不可欠。正しいケアをしないとレンズに汚れが溜まるだけでなく、知らない間に傷がついてしまうこともあります。

こうして付いた傷や汚れは、目にかゆみをもたらしたり傷が付いたりする原因になりかねません。そして、目の傷から細菌が入って炎症を起こすこともあります。

誤った使い方による酸素不足

コンタクトには適正な装着時間が設定されているもの。朝から夜遅くまでなど、規定の装着時間よりも長く付けていると、目が疲れるだけでなく十分な栄養や酸素が目に行き渡りません。

こうして酸素不足になった目が、酸素を取り込もうとすることで血管が拡張し、充血を引き起こしてしまうのです。充血以外にも、目がしょぼしょぼしたり角膜に傷が付いたりすることもあります。

目の乾燥

コンタクトは目の表面を覆うように付けるので、眼球表面の涙量が少なくなります。そのため、コンタクトを装着した目は裸眼よりも乾燥しやすいです。乾燥がひどいと異物感やかゆみ、充血を引き起こします。

自分の目に合わないコンタクトの使用

目のカーブの加減は人それぞれであるため、自分の目に合うベースカーブのコンタクトを選ぶことが大切です。

なかでもカラーコンタクトの場合は、「友人が使っているから」という理由で同じ物を使うケースもあるかもしれません。しかし、目のカーブの違いにより、友人には合っていても自分には合わないことがあるので注意が必要です。

特に、コンタクトのベースカーブの数値が自分の目よりも小さいと、充血を引き起こす他、異物感・圧迫感を感じることがあります。

コンタクトによる充血で考えられる病気

目の充血は病気によって引き起こされるケースもあります。ここでは、コンタクトが原因で起こるおそれのある目の病気について見ていきましょう。

ドライアイ

目を保護する役割を担っているのが涙です。そのため、涙不足は角膜を乾燥させドライアイを引き起こす原因になります。

ドライアイとは、涙の量・質のバランスが崩れることによって、目に必要な涙が行き渡らなくなる病気のこと。涙によって目が守られなくなるため、目に傷が付きやすくなってしまいます。

長時間にわたるコンタクトの装着は、涙量が減ったり不安定になったりするため、ドライアイを引き起こしやすいです。コンタクト使用者の増加とともに、ドライアイになる人が増加しています。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、まぶたの裏側・白目を覆う結膜が炎症を起こす病気です。白目の周辺・まぶたの裏側の充血が主な症状ですが、かゆみや異物感を伴うこともあります。

万が一病状が悪化してしまうと、視力が低下するおそれも。そのため症状がひどい場合は、コンタクトの使用を中止するなどの対策が必要になります。

角膜炎

角膜炎には、細菌性角膜炎と真菌性角膜炎の2種類があります。

細菌性角膜炎は、コンタクトレンズの使用によって傷ついた角膜に細菌が感染して、炎症が起きる病気。真菌性角膜炎は、コンタクトレンズの長時間の使用や、ケアが行き届いていないコンタクトレンズの使用によって引き起こされます。

いずれも、目の痛み・異物感・充血などの症状があり、片目のみに症状が出ることが多いです。

コンタクトで充血した時の対処法

コンタクトレンズの使用によって目が充血した場合、目を守るためにも正しい対処をすることが大切です。そこで、実践すべき対処法を紹介します。

コンタクトの使用方法を見直す

コンタクトの装着時間を守っているか、十分洗浄しているかなど、まずは誤ったコンタクトの使い方をしていないか見直してみることが大切です。

コンタクトには決められた装着時間があり、それを守るのが大前提。もし装着時間を守っていたとしても、目に違和感がある場合はすぐにコンタクトを外しましょう。

また、コンタクトの洗浄も必要不可欠です。コンタクトに付いた汚れをしっかり落とさなければ、コンタクトと一緒に汚れまで目に付着させることになってしまいます。ケア用品を使ってコンタクトを正しくケアして、きれいな状態を保ってください。

コンタクトを外して目を休ませる

コンタクトを付けているだけで目に負担をかけています。そのため、目が充血してきた場合は、コンタクトを取って目を休ませることも大切です。

コンタクトを外す際に気を付けたいのが、ワンデーコンタクトの取り扱い。1日に何度も付け外しできるものではないので、一度外したら必ずそのまま捨ててください。

目薬をさす

目薬をさすことは、疲れ目・乾燥による目の充血を防ぐのに効果的です。目薬を使う場合は、血管収縮剤が入っていないものがおすすめ。血管収縮剤には充血を一時的に抑える効果がありますが、使い続けることによって効果が薄れてしまう場合があるためです。

眼科を受診する

上記のような対策をしても効果が見られない場合は、迷わず眼科を受診してください。もちろん、充血したタイミングですぐに眼科に行っても良いです。

眼科に行って充血の原因を調べてもらうことで、正しい対処の仕方が分かります。自己判断で誤った対処法を取ると、症状がひどくなる場合があるので注意しましょう。

メガネのアイガンでおすすめ!かけ心地の良いメガネ3選

目の負担を減らすためにコンタクトの装着時間を減らすことも大切。そのために、家ではコンタクトを付けずメガネで過ごしてみるのも良いでしょう。最後にアイガンおすすめの家用メガネを紹介します。

続・ねころりん NE-2001 C-1KURO

かけたまま寝られるほど、衝撃に強くて壊れないメガネです。フレーム部分に、弾力性・復元性に優れた「熱可塑性エラストマー」という新素材を採用。そのため、万が一メガネを踏んでも、壊れず元通りになります。また、軽量フレームなので疲れにくいのも特徴です。

価格:¥10,780(税込)

POCOP P-301

軽さと弾力性に長けているメガネ。超軽量素材・スーパーエンジニアリングプラスチックを採用しており、軽くて安定感のあるかけ心地を実現しています。また、弾力性に優れているので、耳部分にかかる負担が少ないのも特徴です。

価格:¥13,200(税込)

スプリングラス SP-0001 BASICスクエア

スプリング素材の使用により、曲がっても元通りの形状になるメガネです。ねじれや広がりに強く、元の形状をキープ。また、抱込みテンプルがやさしいフィット感を実現しています。メガネのかけ外しが多い人、コンタクトレンズと併用する人に特におすすめです。

価格:¥13,200(税込)

コンタクトによる充血の対策とメガネの併用で目を守ろう

コンタクト使用時に目が充血する原因は、レンズの傷や汚れ・乾燥などさまざまで、それらに合わせた対処法を取ることが大切です。また目を休めるためにも、家ではメガネを使用することもおすすめ。メガネのアイガンには快適にかけられるメガネが多数揃っているので、ぜひ購入を検討してみてください。