夜と昼で視力が変わる?夜間視力を理解しよう。おすすめの夜用メガネも紹介

share
夜と昼で視力が変わる?夜間視力を理解しよう。おすすめの夜用メガネも紹介
信号など、昼間は普通に見えていたものが夜間になると見えにくくなることがあります。周囲の明るさは見え方に影響しており、特に暗い場所における、ものの見え方を数値化したものが夜間視力です。この記事では、昼間と夜間で視力が変化する仕組みや計測する方法、夜間視力を改善できるアイテムを紹介します。

夜間視力について知ろう

夜間の運転中に信号がはっきりと見えないなど、暗い場所で感じる見えにくさは夜間視力によるもの。人間の目のメカニズムや年齢が関係しているようです。夜間視力の定義やメカニズムなどを紹介します。

夜間視力とは

暗所でものが見えにくく感じたことはありませんか?その見え方の程度を夜間視力と呼びます。昼間の視力よりも低下するケースが一般的で、矯正視力1.0程度のメガネの場合は夜間視力が0.8程度になると言われています。
ただし、夜間視力の数値や通常の視力との差は人によって異なり、ほとんど変化しない人もいるようです。

夜間視力のメカニズム

なぜ暗い所だと視力が弱くなるのか、そこには人間の目の仕組みが関係しています。人間の目は、周りの明るさに反応して瞳孔の開き方を調整し、取り込む光の量を調節します。明るい場所では取り込む光の量を抑えるために瞳孔の開き方が小さく、反対に暗い場所では少しでも多く光を取り込むために瞳孔の開き方が大きいです。

瞳孔の開き方の差が影響を及ぼすのが、乱反射の発生度合い。人間の目は中心に黒目がありますが、その周辺(虹彩)からも光は取り込まれており、周辺から取り込んだ光の方が比較的乱反射しやすいとされます。そして、瞳孔の開き方が小さい明るい場所では乱反射が起きにくいですが、瞳孔の開き方が大きい暗い場所では乱反射が起きやすい状態になるのです。結果的に、暗い場所では視力が低下します。

夜間視力と年齢の関係

夜間視力は、運転者講習でよく聞かれる言葉です。夜間視力の検査は、現在高齢者の運転者講習で義務付けられています。講習では、ヘッドライトの早めの操作や、ライト照射エリア内で停止できる速度での走行などをすすめています。

視力低下の原因の1つが老化です。自動車安全運転センターの報告によれば、静止視力は75歳以上になると年齢による大きな差はありませんでした。しかし、夜間視力は80歳以上とそれより下の年齢とでは差があり、夜間視力と年齢に関係があることがわかります。

ちなみに、高齢者ドライバーの講習で行われる夜間視力の検査は、明所から暗所に移動した時に暗所でも見えるようになるまでの時間を計測する暗順応検査です。

夜盲症との違い

暗所で見えにくいという症状が共通しているのが、夜盲症(やもうしょう)です。夜間視力が人間に備わったシステムなのに対し、夜盲症は目の障害や病気に起因します。鳥目とも呼ばれます。暗所での見え方は、夜間視力よりも激しいです。

人間の目は、明るい場所から暗い場所に行くとすぐにはよく見えないものの、しばらくすると順応し周囲がしっかりと見えてくる暗順応という反応を起こします。夜盲症は、なんらかの障害によりこの暗順応が適切に動作せず暗い場所で見えない状態が続いてしまう病気です。現時点で有効な治療法はなく、普通のサングラスとは違う遮光メガネを使用して対策します。

暗所の見えにくさが異常だ、対策を実践しても効果がないと感じる場合は、ただちに医療機関を受診しましょう。

夜間視力の対策法

人間の目が、暗所でも光を取り込み視界を確保するために起こる瞳孔の変化。派生して起きる視力の低下が夜間視力です。詳細な検査は眼科で行います。ここでは、夜間視力の対策方法を紹介します。

対策①カラーレンズのメガネを使う

色のついたレンズを使うと、例えば夜間運転中の対向車のヘッドライトによる眩しさなどを軽減し、視界を確保する効果が期待できます。特に、イエロー系のカラーレンズが夜間の運転に向いています。車のヘッドライトがブルー系で、これをカットできるのがイエロー系だからという理由です。

カラーレンズを選ぶ時は濃度がポイント。10%、15%程度の薄い濃度のレンズが適しています。見た目にはほとんど透明に見え、普段使いもしやすい薄さです。濃度が25%以上になると、運転など活動するのに十分な光が取り込めず、暗くなってしまいます。

カラーレンズは、サングラスと違ってメガネと同じ形です。普段使いにおすすめで、度入りのアイテムであればかけ直す必要がありません。

対策②夜間用サングラスを使う

日差しを遮るための使用が多いサングラスですが、夜間の使用に適したものもあります。サングラスの特徴は、物理的に光を遮れるよう、目元まで覆うサイズの大きさやカーブがついている点。視界を広くカバーできるため、夜間運転や夜釣り、夜のランニングなど、より活動的なシーンにおすすめです。

サングラスは通常、カラーレンズよりも色が濃いものが多いですが、夜間用のサングラスを選ぶ時にもやはり濃度に注意が必要です。色が濃すぎると必要な光を取り込めずに、視界が暗くて危険な状態になります。濃度に加えて、偏光サングラスだと光の乱反射を防止できてより見えやすいでしょう。

夜間の視力低下をサポートする夜間用アイウェア

暗い場所や夜間で若干の低下が見られる視力。この夜間視力を補正するためにおすすめのアイテムが、夜間用アイウェアです。最後にメガネのアイガンで購入できる夜間用サングラスやカラーレンズを紹介します。度入りレンズにも変更できるので、視力が弱い人も快適に活用できるでしょう。

WITH DRIVE2 WD2-3002

昼夜兼用で使用できるサングラスです。レンズの濃度が薄く色味をあまり感じないので、普段使いにも適しています。光の取り込み度合いを示す可視光線透過率が84.7%と高く、雑光を取り除きつつ、暗い場所でもしっかりと必要な量の光を取り込みます。

さらにUVカット機能も備えており、目に有害とされる紫外線のカット率は99.9%。レンズには特殊遮光素材を用いており、十分な明るさの確保と眩しさ軽減の両方を叶えます。

WITH DRIVE NEO UV420

眩しさを最大限に軽減させてクリアな視界を目指したアイウェアです。ぎらぎらと眩しいイエローライト、ヘッドライトに多いブルーライト、さらに紫外線と高エネルギー可視光線の4光線をカットする高機能レンズを採用しています。

可視光線透過率が86.4%と高く暗い場所でも必要量の光を取り込めるので、夜間の運転にもしっかり対応できます。運転だけでなく夜釣りなどの屋外作業、PC作業などの屋内作業でも活躍するオールラウンダー。

WITH DRIVE2 WD2-2001

最後に紹介するのは跳ね上げタイプのサングラス。メガネユーザーもメガネの上に装着してすぐに使用できるオーバーサイズタイプです。サングラスが不要な時には片手でサングラスレンズをさっと上げ、簡単に切り替えできます。

可視光線透過率は81%で、夜間運転にも十分な透過率です。コントラストアップの効果を備え、くっきりとした見えやすさをサポートします。雨降りの日の夜など光が道路に反射して見えにくくなる時も、アスファルトやコンクリートの反射が抑えられて路面の視認性が高まります。

【内部リンク】夜間運転 サングラス

夜間視力を理解して便利なアイウェアで快適に過ごそう

人間の目には、物体をしっかりと視認するための機能が自然と備わっており、瞳孔の変化や暗順応もそれによって引き起こされます。夜間視力もその延長にあるもので、検査を受けて自身の夜間視力がどの程度か把握しておくことが夜間の運転などに役立つでしょう。自分に適した夜間用のアイウェアを選んで、暗いところでも快適なメガネ生活を送ってくださいね。