なぜメガネで目が小さくなるの?正しい選び方で新しい自分を発見しよう

share
なぜメガネで目が小さくなるの?正しい選び方で新しい自分を発見しよう
近視用のメガネをかけると目が小さく見えると言われているのをご存知ですか。この問題を解決するには、メガネのフレームが小さくレンズが薄いものを選ぶこと。ほかにも髪型やメイクで軽減する方法もあります。今回は、メガネをかけて目が小さく見えてしまう理由や、対処法、そしておすすめのメガネを紹介します。

近視用のメガネをかけると目が小さく見える理由

メガネをかけても目が小さく見えないようにするためには、目が小さく見える原因を知る必要があります。自身の目の状態(近視かどうか)や、現在使用しているメガネと照らし合わせながら確認してみましょう。

近視または強度近視

1つ目の原因が、視力です。目の屈折異常には近視・遠視・乱視があり、近視の場合は近くの物がはっきり見え、遠くの物がぼやけます。近視を矯正するのが凹レンズです。凹レンズは中央部分が最も薄く、外側にいくほど厚くなります。

近視には3つのレベル、弱度近視・中等度近視・強度近視があり、光の屈折度を数値に置き換えた屈折度数でレベル分けされます。屈折度数がより高い方が強度近視に分類され、レンズもその分厚くなってしまうのです。

光は厚い方(規底:きてい)から薄い方(稜:りょう)に引っ張られ収縮する特性があります。そのため、凹レンズ、特に厚いレンズの時に、目が小さく見えると考えられます。

メガネの度数

メガネの度数が強いほど目が小さく見えます。これも先ほど紹介した基底と稜、そして光の関係によるもの。光が基底から稜に引っ張られるように収縮する動きをプリズム効果と言いますが、近視度数が強いほどこの作用も大きくなります。視力0.1未満の近視が強い人が適切な度数のメガネをかけると、目が小さくなる可能性が高いです。

レンズの屈折率

レンズの屈折率はレンズの厚さを左右する大切なポイント。レンズ屈折率が高いほど、レンズは薄くなります。屈折率が低いと別の方法で光をより屈折させなければならなくなりますが、それがレンズのカーブ、基底と稜の差です。レンズ自体に高い屈折率があれば、基底と稜の差で屈折角度を調整する必要がなくなり、レンズは薄いもので済みます。

目が小さく見えないようにするには、メガネのレンズの屈折率が高く、薄くて軽いものを選ぶと良いでしょう。

目が小さく見えないメガネの選び方

目が小さく見える理由を踏まえた上で、目が小さく見えないメガネの特徴と、選び方を紹介します。ポイントはメガネのフレームとレンズ、そしてレンズと自分の瞳との距離です。

フレームが小さいメガネを選ぶ

上記のイラストをご覧ください。どちらも5つの水色の円の中にオレンジの円があります。オレンジの円は、左右どちらが大きく見えますか?右側のオレンジの円が大きく見えるのではないでしょうか。実は2つのオレンジの円は同じ大きさです。

この現象は「エビングハウス錯視」と言って、同じ大きさの円を大きい円と小さい円で囲んだ場合に、小さい円で囲まれた方が大きく見える錯覚です。これはメガネのフレームにも当てはまります。フレームが小さくて目の周りの余白が少ないものより、フレームが大きくて目の周りの余白が多いものの方が、錯覚によって目が小さく見えるのです。

レンズが薄いメガネを選ぶ

近視のレンズは凹レンズで中心が薄く外側が厚くなっています。場所による厚みの違いは、レンズが厚くなるほど大きくなります。厚みの差が大きいこと、すなわちレンズの分厚さが、目が小さく見せる原因に。このため、屈折率が高くて薄いレンズを選ぶと、目が小さくなるのを抑えられるのです。

瞳との距離が近いメガネを選ぶ

近視のメガネに使われる凹レンズは、レンズが最も薄い中央部分に光が集まり、像が収縮して見えてしまいます。これによって目が小さく見えますが、この収縮の度合いには、像、すなわち目との距離が関係します。

レンズから目が遠いほど目が小さく見えてしまいます。とは言え、レンズにまつげが常に触れることは使用中の違和感につながります。実際に店頭でフィッティングし、レンズと目の距離に注意して選びましょう。

メガネをかけて目が小さく見える時の対策

手持ちのメガネで、目が小さく見える悩みは解決できるのでしょうか。メガネで目が小さくなる対策を紹介します。

フィッティングをする

メガネのサイズやフレームが合っていないと、目が小さく見える可能性があります。サイズが大きくてテンプル(つるの部分)が緩くなっている、丁番が緩み開きやすくなっている場合は、しっかりと調整しましょう。

ノーズパッドの素材や位置も大切です。自分の鼻の位置や形にノーズパッドが合っていないとメガネがずり下がる原因となり、レンズと目の距離が開くのでより目が小さく見えてしまいます。
特に女性の場合、メイクやまつげエクステなどがレンズに近くなるのを嫌い、レンズを遠ざけているかもしれません。再度フィッティングし、適切な距離と位置を探しましょう。

メイクを工夫する

特に女性のための対策ですが、メガネの形に合わせたメイクで、目が小さく見えるのを軽減できます。
目が大きく見えるメイクと言えばアイメイクですが、アイメイクをただ濃くするのではなく、黒目の上の部分だけアイラインやアイシャドウを太めにすると、目が大きく見えます。

フレームの太さとメイクの関係性も重要で、太いフレームの場合はアイラインが太めで眉は薄め。反対に薄いフレームの場合はアイラインを細く引き、眉はしっかりと書くのが良いでしょう。

眉毛とメガネのバランスは、男女ともスマートにメガネをかけるための大切なポイントです。整った形をしつつ、フレームの形に合わせた眉毛が良いとされます。例えば鋭角の眉毛と丸メガネは相性が悪いので、眉毛の形もこれを機に見直してみてください。

髪型を変える

髪の毛のセットによっても、メガネをかけた時の目や顔全体の印象が変わります。まず前髪は、メガネをかけている上に重めの前髪だと、顔を覆うものが増えて暗い印象に。メガネのフレームにかからない程度の短めな前髪がおすすめ。

男性であれば全体のスタイルも短髪で、センター分けやオールバックなど、おでこを出したスタイルがおすすめです。女性も同じく、髪の長さにかかわらずおでこを出した髪型や、眉より上の前髪がスマートなメガネスタイルになりやすいです。

近視の人におすすめのメガネ

実際にどのようなフレームやレンズのメガネが、目を小さく見せずにおしゃれ見えるのでしょうか。最後にメガネの愛眼からおすすめメガネを紹介します。

SMART FIT 6004M クラシックデザイン

クラシカルなデザインと高度な技術をかけあわせたメガネ。フレームに使用されているベータチタンは航空宇宙産業にも使用されている素材で、耐久性とかけ心地の両方をアップします。
フレーム内にイタリア発祥のアセテートリムを組み込んだウィンザーリムは、特にスモールサイズで強度近視レンズの厚さを目立たせません。このフレームに薄型レンズがセットで販売されています。

SMART FIT -STYLES- SF-8003M

こちらのメガネも、フレームにベータチタンを用いた安心強度のメガネ。フレーム幅はそのままに、レンズが軽く薄く仕上がるよう設計されたスリムレンズデザインで、近視の人の目が小さく見える現象を目立ちにくくさせます。下方も見やすい傾斜角があるメガネなので、デスクワークや読書などのシーンでの使用も快適です。

世界最高屈折プラスチックレンズ

レンズをより薄くする開発も進み、メガネの愛眼では従来商品より約50%も薄く仕上げられる、屈折率の高い両面非球面レンズも提供しています。
画像のように、装用した際のフェイスラインがより自然に。
お気に入りのフレームがあるのであれば、レンズのみ買い換えるのも選択肢のひとつです。

目が小さくなりにくいメガネで毎日を楽しく

目が小さくなりにくいメガネの選び方を取り入れると、自分に似合うメガネと出会えるはず。新しいメガネで、毎日をより楽しく過ごしてくださいね。