【花粉対策】花粉メガネの効果とは?正しい選び方で目の辛さを軽減しよう

share
【花粉対策】花粉メガネの効果とは?正しい選び方で目の辛さを軽減しよう
毎年時期がくると、鼻水や目のかゆみなどのつらい症状を引き起こす花粉症。対策はいくつかありますが、なかでも目を覆うことで花粉の侵入をブロックし症状を抑えられる、花粉メガネがおすすめです。この記事では花粉メガネの効果や選び方、おすすめの商品とともに、花粉症対策も紹介します。

花粉メガネとは

花粉の吸収を抑えて花粉症の症状を軽減する方法には、マスクの着用や薬の服用などさまざまな方法がありますが、花粉メガネの使用も効果的な対策の1つです。まずは、その特徴と期待できる効果、普通のメガネとの違いを紹介します。

花粉メガネの特徴と効果

花粉メガネは、目から体内への花粉侵入を軽減することが目的のメガネ。顔のカーブにフィットするよう、メガネフレームにフードがついている形状が多いです。最近では、フード部分を取り外して普通のメガネとして使用できるタイプも登場しています。さらに、曇り止め加工が施されたアイテムが豊富です。

花粉症対策における目の保護は、一定の効果をもたらすようです。目に入る花粉量は、メガネ着用により3分の1に、ゴーグル着用により10分の1まで減少するとされています。さまざまな企業で効果の検証が行われており、花粉メガネの着用により最大で98%吸収が抑えられた、という報告もあります。

普通のメガネとの違い

最も異なる部分は形状です。フード付きの花粉メガネは正面から見ると違いがわかりにくいですが、横から見るとフードがしっかりと見えます。フェイスラインに沿って湾曲したスポーツメガネのようなデザインもあり、普通のメガネとは明らかに違うデザインです。

普通のメガネも花粉対策にはなります。例えば、コンタクトユーザーが伊達メガネやサングラスを使用して花粉の吸収量を減らすのも、有効な花粉症対策です。

ただ、花粉メガネで最大で98%前後吸収を抑えられるところ、普通のメガネは60〜70%程度の吸収抑制なので効果は劣ります。

花粉メガネの選び方

花粉の侵入を抑える効果が期待できる花粉メガネですが、その効果をしっかりと出すためには選び方が重要です。花粉メガネを選ぶポイントと、おすすめのアイテムを紹介します。

形で選ぶ

花粉メガネは、フレームにフードがついたゴーグルタイプか、レンズがカーブしていて視野が広いスポーツタイプの2種類が基本です。花粉が入り込む量を抑えるため、できるだけ目元を覆えるような、隙間の少ないものを選ぶのがポイント。フード部分が取り外せて普段使いできるなど、おしゃれなデザインは生活に取り入れやすいでしょう。

搭載する機能で選ぶ

花粉のカット率だけでなく、紫外線カット率や曇り止めなどの加工もチェックしましょう。花粉対策ではマスクとメガネの同時使用が多いため、曇ってしまうと視野が不明瞭になってしまいます。さらに、付着した花粉を洗い流せるような水洗いOKの素材がベストです。

使い心地で選ぶ

花粉メガネは普通のメガネよりも自分の顔に近く、接触する面が多くなっています。顔の形にフィットしていないと使用時の不快感や見えづらさにつながるので、フィッティングしてからの購入が重要。実際にかけてみると、かけ心地や隙間なども確認できます。

花粉メガネでよくある悩み

隙間や曇りなど、花粉メガネを使っている人の中には悩みを抱えている人も多いはず。ここからは、花粉メガネを使用している最中に発生しがちなトラブルや不安について、解決法を紹介します。

隙間があっても大丈夫?

隙間が少ない方が好ましいですが、水泳のゴーグルのようなメガネを常に装着するのは現実的ではありません。先述したように、普段使いのメガネでも花粉をある程度カットできるので、隙間があっても花粉対策にはなります。

とはいえ、隙間の少ない方が花粉カット率が向上するのは事実。より効果を求めるなら隙間の少ないメガネを選びましょう。

花粉メガネが曇ってしまう

マスクとのダブル使いが想定される花粉メガネは、曇り止め加工を施したアイテムが豊富です。マスクをするとメガネが曇る原因は、マスクと顔(鼻)の間にできる隙間から呼気が漏れるため。どうしても曇ってしまう場合は、曇り止めクロスや曇り止めスプレーなどの便利アイテムを使用すると良いでしょう。

さらに、マスク側でも対策が可能です。鼻にフィットするパットがあらかじめマスクについていて、呼気の漏れを防ぐマスクがあります。自分で鼻とマスクの間にティッシュを挟むのも効果があるようです。

普段のメガネの上に花粉メガネをかけたい

オーバーグラスの花粉メガネであれば、普段使いしているメガネの上にかけられます。ゴーグルタイプの大きなものから、普段のメガネより一回り程度サイズアップしたスマートなデザインまで、ラインアップも豊富です。

サングラスもあるので、屋外での使用などに対応できます。ただし、オーバーグラスはサイズの大きさは否めないので、気になる人は度付き花粉メガネを検討しましょう。

メガネのアイガンおすすめの花粉メガネ

メガネのアイガンでは、しっかりと花粉をガードしながら普段使いもできるスマートな花粉メガネを選べます。おすすめメガネを2つ紹介します。

花粉グラス(度なし)

アイガンの花粉グラスは、花粉カット率が最大で99%。さらにUVカットと曇り止め加工が装備されています。ブラウン、レッド、ブラックの3色展開で、普段使いしやすいデザインが魅力。

サイズはMとLの2種類があるので、小学生などの子どもでも使用できます。度なしのみの商品で、¥2,200(税込)とお手ごろ価格も魅力。

抗菌ガードグラスプラスEX(度入りに変更可能)

抗菌仕様のガードグラスプラスEXは、独自の立体構造フードがしっかりと花粉をガードします。花粉だけでなく飛沫や紫外線、さらにはブルーライトなども防いでくれます。

フードは簡単に取り外せるので、シーンに合わせて使用可能です。知的な印象のウェリントン、カジュアルな印象のボストンタイプから選べ、さらにカラーもそれぞれ3色展開しているため、好みのデザインが見つかるはず。

花粉メガネと一緒にしたい花粉症対策

花粉メガネの装着によって、目からの花粉の侵入を軽減できますが、そもそもの生活環境内の花粉量を減らすことも大切です。最後に、花粉メガネの使用とともにライフサイクルに取り入れたい花粉対策を紹介します。

こまめに床掃除を

室内に入り込んだ花粉を放置しないよう、フローリングワイパーなどでこまめに床掃除を行いましょう。花粉は夜間など、人や物の動きがない時間帯に床にたまるので、朝起きたら掃除をするのがおすすめです。ウェットタイプのシートを使うとより花粉を吸着できます。

就寝前に空気清浄機をON

室内の花粉を除去し、きれいな空気を保つために空気清浄機を使用する人も多いですが、日中だけでなく就寝中も空気清浄機を稼働させることをおすすめします。

人は、寝起きでまだしっかりと体が目覚めていない時は自律神経のバランスが整っていません。そのため、花粉への反応もより強くなることも。この現象はモーニングアタックと呼びます。夜間に空気清浄機を稼働させることにより、症状の発生が抑えられるでしょう。あわせて、加湿器もつけておくのがおすすめ。就寝前の対策でさわやかな朝を迎えてくださいね。

裸の眼を守ろう

眼は直接空気に触れるため、正に裸の状態。花粉の時期は特にケアが欠かせません。帰宅したら目や目の周辺を洗いましょう。

また、ドライアイへの対策も大切です。ドライアイで目の潤いが不足していると、涙によって花粉を洗い流すことができなくなってしまいます。目薬などを効果的に使用し、目の潤いをキープするようにしてください。

花粉メガネをつけて快適に生活しよう

花粉症の症状は、仕事や家事に支障をきたすほど重症になる場合もあります。花粉メガネを使用して花粉をカットし、目のかゆみや痛みなどの症状を減らしましょう。思わず目をかいてしまったり、瞼が腫れるなどの悩みや負担もきっと減るはずです。その他の花粉対策も参考に、花粉に負けないメガネライフを楽しんでくださいね。