アフターケア

  1. 補聴器を買う【アフターケア】

補聴器は「聞こえ」とともに変化するパートナー

補聴器は購入した後に、心地よく聞こえるようになるまでに少し時間がかかります。今まで聞こえていなかったいろいろな音が聞こえてくるので、最初は違和感を覚えますが、だんだんと慣れていくものです。
個人差はありますが、およそ1ヶ月〜3ヶ月程度で補聴器を通して聞こえる音になれると言われています。
ただ、若い頃と同じように聞こえるのは補聴器を装用しても難しいですが、快適な聞こえのためにも早めの装用がオススメです。
補聴器は「聞こえ」とともに変化するあなただけのパートナーです。定期的に調整することで快適に使う事が出来ます。

長く快適に使い続ける為に必要なこと

  1. 毎日、補聴器のお手入れを行いましょう。

    補聴器は、耳に装着する器具ですので、耳あかや汗など汚れが付着しがちですので、
    長く使用するためには日ごろのお手入れが大切です。

  2. 気心知れたお店で定期的にケアしましょう。

    定期的に、購入された販売店で点検やクリーニングをされると、長持ちにつながります。

故障かな?と思ったらまずチェック!

電池を確認
●電池を交換してみましょう。電池切れかもしれません。
●電池の向きを確認しましょう。
補聴器本体を確認
●耳アカが詰まっていないかチェックしましょう。
詰まっていた場合、ティッシュなどの柔らかいもので優しく拭きとります。

愛眼でのアフターケアについて

補聴器の調整

補聴器は買っておしまいという商品ではありません。むしろ、それからが大切です。
愛眼では、補聴器を提供しているのではなく、「よりよい聞こえ」を提供しています。
特にお渡し直後は、自宅や職場など実際に使用する環境での音と店頭での音が異なるので、様々な問題が出てきます。上手に使えるまで、丁寧にフォローをして、微調整を何度でも繰り返します。

補聴器の点検・掃除

補聴器をより長くより快適にご使用いただくには、お客様の日ごろのメンテナンスも重要ですが、定期的な店舗での点検・掃除も重要です。お気軽にご依頼ください。

【保証について】

メーカーや製品によって、1~3年の保証期間があります。詳しくは店頭にておたずねください。

※メーカーによって異なりますが、補聴器の補修部品は、その補聴器が製造中止、もしくは販売終了になってから概ね5~7年保有しています。